Amazonのカートボックスの獲得とは?獲得率向上の為のポイントやメリットについて解説

Amazonのカートボックスの獲得とは?

カートボックスの獲得とは、同じ商品を異なる店舗が販売する際に、商品ページ内で競合する状況において、その商品のデフォルト販売者になることを指します。つまり、カートボックスを獲得することで、ユーザーが商品を購入する際に通常は一度カートに入れた商品が、他の競合店舗によって差し替えられることなく購入が成立します。これにより、カート獲得店舗は優位な立場にあり、同じ商品を扱う他店舗と比べてユーザーの購買意欲を高めることができるのです。

カートが取れている状態

Amazon商品ページ上の「カートに入れる」ボタンを含むエリアで、最初に出品者様の店舗名が表示されている状態を指します。

カートが取れていない場合

Amazonのビジネスモデルでは、1商品につき1商品ページの構成となるため、既に販売されている商品を出品する場合は、該当の商品ページへ「相乗り」する形となります。

そして、カートを獲得できていない出品者の商品が購入されるには「新品(○○)件の出品」や「こちらからもご購入いただけます」をクリックする必要があるため、必然的に購入率は下がってしまいます。

カートボックス獲得率を上げるための必要な条件

大口出品登録

カートボックス獲得の基本条件は「大口出品登録」です。月額4,900円と販売手数料が必要ですが、一括出品ツールや注文管理レポート、多様な決済方法、独自送料の設定、お届け日時指定などが提供されます。これが大口出品の魅力です。

注文不良率

低評価率やAmazonマーケットプレイス保証申請率、チャージバック率の低さは、顧客満足度と信頼性を示す重要な指標です。これらの率が高いと、ユーザーからの評価が低下し、信頼を失う可能性があります。従って、高品質な商品とサービス提供を通じて、これらの率を低く保つことがカートボックス獲得に向けた努力の一環となります。

キャンセル率

キャンセル率が高いと、販売者としての信頼性が損なわれ、アカウントの利用停止の可能性があります。Amazonは顧客体験を重視しており、注文後のキャンセルは避けるべきです。キャンセル率は2.5%を超えるとアカウントに対する制限がかかることもあるため、確実な取引を心掛けることが重要です。

キャンセル指定された7日間の注文に対し、出品者都合でキャンセルされた注文の割合を表したもの、が定義となります。

出荷遅延率

出荷遅延はユーザーの評価に大きな影響を及ぼします。注文後の迅速な出荷とお届けが顧客満足度を高め、カートボックス獲得に貢献します。外部倉庫(FBA)の活用や迅速な出荷体制の整備は、出荷遅延率を低く保つために重要です。AmazonはFBAの利用を推奨し、迅速な対応を支援しています。

注文数が一定数ある

Amazonでは、運営の安定性だけでなく、注文数の多さがカートボックス獲得に影響を与えます。ユーザーは多くの注文がある店舗に信頼を寄せ、購買意欲を高める傾向があります。そのため、注文数を増やすことはカートボックス獲得の鍵となります。信頼性の高い出品と適切なマーケティング戦略によって注文数を増加させることが重要です。

競合より求めやすい価格

ユーザーは低価格を求める傾向があり、競合店舗よりも低価格で商品を提供することは効果的です。Amazonの「価格設定ダッシュボード」を活用して、競合店舗の価格を確認し、適切な価格設定を行うことがカートボックス獲得につながります。以下の図では一番安い価格の出品者がカートを獲得していることが分かります。

より早くお届けできるオプションや配送料無料を提供

ユーザーは迅速な配送と送料無料のサービスに価値を見出します。FBAやマケプレプライムなどの利用で、迅速なお届けや送料無料を提供することが可能です。これにより、ユーザーの購買意欲を高め、カートボックス獲得の可能性を向上させることができます。

在庫を切らさない

在庫不足はカート獲得だけでなく、ランキングやSEOにも影響を及ぼす重要な要素です。ユーザーが在庫切れの商品を見つけた際、購買意欲が低下し、信頼性が損なわれる可能性があります。Amazonの「出品コーチ」機能を通じて在庫情報をリアルタイムに把握し、適切なタイミングで在庫を補充することが大切です。

Amazonでカートボックスを獲得するメリット

ファーストビューの目立つところに表示される

カート獲得店舗は、商品ページのファーストビューに優先的に表示されるため、ユーザーの目に留まる確率が高まります。ファーストビューは商品を見た際に最初に表示される部分であり、ユーザーの注意を引く重要なエリアです。この表示優位性を活かし、ユーザーの興味を引きつける魅力的な商品情報や画像を用意することで、ユーザーのクリック率と購買率を向上させることができます。ファーストビュー表示は、カートボックス獲得店舗の売上拡大に大きく寄与します。

Amazonスポンサープロダクト広告が利用できる

カート獲得店舗は、Amazonスポンサープロダクト広告の利用が可能です。これはAmazon内での商品広告であり、カート獲得店舗はその特典を享受できます。広告活動を通じて、特定のキーワードやカテゴリで広告を表示し、ユーザーの注目を集めることができます。広告を通じて商品の知名度を高め、クリック数やコンバージョン率を向上させることで、売上の拡大を図ることができます。カート獲得店舗は、スポンサープロダクト広告を有効活用して競争力を高めましょう。

まとめ

Amazonにおいてカートボックスを獲得することは、成功の鍵となる重要な戦略です。競争が激しい中で差別化を図り、ユーザーの購買意欲を高めるためには、多くの要素が組み合わさる必要があります。

商品のデフォルト販売者となることである「カートボックス獲得」は、ユーザーの注目を引くための一手段であり、一つの店舗が市場を支配する可能性もある重要なポイントです。また、注文数の増加や顧客満足度の向上、低評価率やキャンセル率の抑制、迅速な出荷と送料無料の提供、競合を下回る価格設定、Amazonスポンサープロダクト広告の活用などが、カートボックス獲得への道を切り拓くための鍵となります。

Amazonの変動する環境で成功を収めるためには、これらの要素を適切に組み合わせ、常に改善と最適化を図りながら、カートボックス獲得の戦略を進化させていくことが不可欠です。ユーザーの期待に応え、競合を引き離すために、戦略的なアプローチと注意深い運営が求められます。

よくある質問

Q: カートボックス獲得のために最も重要な要因は何ですか?

A:カートボックス獲得には注文数の増加と顧客満足度の向上が欠かせません。注文数を増やすことでユーザーの信頼を得て、低評価率やキャンセル率の低さを維持することがカギです。また、迅速な出荷と適切な価格設定も重要です。

Q:カートボックスを獲得するために在庫管理はどれくらい重要ですか?

A:在庫管理は非常に重要です。在庫不足はカート獲得だけでなく、ランキングやSEOにも影響を及ぼす可能性があります。Amazonの「出品コーチ」機能を活用し、リアルタイムな在庫情報を把握して適切なタイミングで補充しましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/01】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|5選

ページトップへ