【Amazon】カートを取る仕組みを解説!

出品者にとってのカートとは

Amazonでは複数の販売者が同じ商品を出品する事がある

Amazonには複数の出品者が同じ商品詳細ページを出品をすることになります。このため、出品者同士で競争が激化し、カスタマーは価格や配送スピードなどを比較しながら商品を選ぶことができます。

カートを取る=カスタマーから見てデフォルト設定で選ばれる出品者

カスタマーが商品をカートに入れる際に、デフォルト設定で選ばれる出品者になることを「カートを取る」と言います。カートボックスを取ることで、出品者としての露出を高め、売上の拡大が期待できます。

カートを取った場合のメリット

売上拡大につながる

カートを取ることで、出品者の商品がカスタマーにより選ばれやすくなり、売上拡大につながります。

スポンサープロダクト広告が表示できる

カートを取った出品者は、スポンサープロダクト広告を利用することができます。スポンサープロダクト広告は、商品の露出を高めるための効果的な広告手段の一つです。

カート取得に重要なこと

販売価格が安い

カスタマーは商品を選ぶ際に価格を比較することが多いため、カートを取得するためには競合他社と比較して販売価格が安いことが重要です。

在庫状況を維持している

カートを取得するためには、商品の在庫状況を維持しておくことが大切です。在庫切れや入荷未定の商品はカスタマーに選ばれず、カートを取得するチャンスを逃してしまう可能性があります。

配送スピードが早い

カスタマーにとって、商品の配送スピードも重要な選択基準の一つです。迅速かつ確実に商品を届けることで、カスタマーの満足度が高まり、カートを取得しやすくなります。

まとめ

カートを取得するためには、販売価格を競争力のある水準に設定し、在庫状況を管理し、配送スピードを迅速にすることが重要です。これらの要素を最適化することで、カスタマーから選ばれる出品者となり、売上を拡大することができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ