【今すぐチェック】Amazonカートボックスの活用法と売上アップの具体策!他モールとの違いも解説

Amazonカートボックスとは

Amazonのビジネスモデル

Yahooショッピングや楽天市場などはECモール上に出店する形式で商品を販売するのに対しAmazonは商品を出品して販売する形式となってます。Amazonでは1商品につき1商品ページの構成となり、同一商品を出品する場合は該当の商品ページに複数の出品者が在庫を付けて出品する形態です。

Amazonカートボックスの獲得とは

Amazonで商品ページのファーストビューに表示されるのは1ショップのみです。多くのユーザーはAmazonで商品を購入する際にファーストビューの「カートに入れる」をクリックして購入するため主にファーストビューに表示されるショップの商品が購入されることとなります。このように商品ページのファーストビューに自社ショップの出品者名が表示されることを「カートボックスの獲得」と表現します。

Amazonカートボックス獲得状況の確認方法

セラーセントラルからの確認方法

カートボックスの獲得状況を以下の方法で確認することができます。

  1. セラーセントラルにログインする
  2. ビジネスレポートを開く
  3. おすすめ商品(ショッピングカートボックス)の割合が「100%」の表示であればカートボックスを獲得している状態です。

商品ページからの確認方法

出品している商品ページのファーストビューの「販売元」に自社ショップの出品者名が表示されていればカートボックスを獲得している状態です。

Amazonカートボックス獲得の条件

販売価格の安さ

Amazonで複数の出品者が同じ商品を出品している場合、最安値の出品者がカートボックスを獲得している傾向にあります。カートボックスを獲得できていない場合は販売価格を見直してみてください。

配送の早さ

購入者が注文してから自宅に商品が届くまでの時間が短いほど、カートボックスに表示される可能性が高くなります。そのため、FBAを利用することが重要となります。

出品者評価の高さ

Amazonが定義しているカートボックス獲得の判定基準には注文不良率、キャンセル率、出荷遅延率が指標として使用されています。セラーセントラルからアカウントの健全性を定期的に確認し、出品者評価に影響している課題を改善することが重要です。

在庫数の多さ

カートボックスを獲得していても在庫切れや在庫が少ない場合は他の出品者に自動的に切り替わる仕組みとなっています。セール時期はもちろんのこと在庫管理を徹底することが重要です。

Amazonカート獲得のために必要な4つのポイント

競争力のある価格を設定する

競争力のある価格を設定することは、顧客の購買意欲を高めるために重要な要素です。そのためには、同業他社の価格や市場動向を把握し、自社の商品価格を見直すことが必要です。また、価格設定の際には、利益率やマージンを考慮しつつ、商品の特徴や付加価値を明確にすることも大切です。

より早くお届けできるオプションや配送料無料を提供する

顧客が商品を購入する際には、配送にかかる時間や送料も重要な要素の一つです。そのため、より早くお届けできるオプションや、配送料無料などのサービスを提供することで、顧客にとって魅力的なオファーを提供することができます。また、顧客が注文した商品が届くまでの過程で、綿密なコミュニケーションを取り、顧客満足度を高めることも大切です。

優れたカスタマーサービスを提供する

商品を購入する際には、万が一のトラブルが起こる可能性があります。その際には、迅速な対応や適切な解決策を提供することが求められます。そのためには、優れたカスタマーサービスを提供することが必要です。例えば、電話やメール、SNSなどの様々なチャネルを用いて、顧客からの問い合わせに素早く対応することが重要です。

在庫を切らさない

顧客が商品を購入する際には、在庫があることが前提条件です。そのため、常に在庫状況を把握し、在庫切れを防ぐための対策を講じることが必要です。例えば、需要の予測や在庫管理システムの導入、リードタイムの短縮などを行うことで、在庫切れを未然に防ぐことができます。また、在庫切れが発生した場合には、迅速な対応と適切な情報提供を行うことが重要です。

Amazonカートボックス獲得の具体策

販売価格を最安値に合わせる

販売価格の安さがカートボックス獲得の重要なポイントであるため、カートボックスを獲得できていない商品については他の出品者の最安値に価格を合わせることをおすすめします。

FBAを利用する

FBAを利用して商品の注文を処理することで店舗のパフォーマンスを上げることが重要です。自社配送に課題を感じている場合はFBAの導入をおすすめします。

新商品を出品する際の販売戦略も以下の記事で紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

まとめ

Amazonのカートボックスを獲得するとは商品ページのファーストビューに自社ショップの出品名が表示されることを指し、カートボックスの獲得によって多くの売上を期待できます。獲得条件を理解した上で定期的にアカウントの健全性をチェックし日々ショップのパフォーマンスを向上していきましょう。

よくある質問

Q1. Amazonカートボックスとは何ですか?他のカートとどう違いますか?

A1. Amazonカートボックスとは、Amazonのショッピングカート機能のことです。商品を購入する際に、カートに商品を追加し、一括で支払いを行うことができます。他のECモールのカート機能との違いは、AmazonカートボックスはAmazonアカウントに直接紐づいており、支払いや配送先の登録情報が自動的に反映される点です。また、Amazonカートボックスは、Amazonで販売されている商品に限定されるため、ユーザーがAmazonの商品を購入しやすい環境が整っています。

Q2. Amazonカートボックスを活用した売上アップの具体策はありますか?

A2. Amazonカートボックスを活用して売上アップを図るためには、以下のような具体策があります。 カートボックスの使い勝手を向上させるため、カート内の商品の表示を工夫する。 購入手続きの際にクーポンコードを提示し、ユーザーの購買意欲を高める。 カート内に表示された商品と関連性がある商品を紹介することで、ユーザーの購買意欲を刺激する。

Q3. Amazonカートボックスでの売上アップにおいて、他のモールとの差別化ポイントは何ですか?

A3. Amazonカートボックスでの売上アップにおいて、他のモールとの差別化ポイントは、Amazonが持つ膨大なユーザーデータを活用したマーケティング戦略が挙げられます。例えば、Amazonは過去の購買履歴から顧客の好みを分析し、それに合わせた商品やキャンペーンを提案することができます。また、AmazonはPrime会員向けに特典を提供するなど、ユーザーにとってのメリットを積極的に提供することができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ