フロントエンド商品・バックエンド商品の違いとは?

フロントエンド商品・バックエンド商品とは

概要

フロントエンド商品とは、「集客商品」で、バックエンド商品は「本命商品」です。買ってもらいやすい集客商品を一度買ってもらい、価値を感じてもらった後に、利幅の大きい本命商品を紹介し買ってもらう、というマーケティング手法です。有名な例としては、居酒屋のランチがフロントエンド商品で、夜の飲み会はバックエンド商品、という関係です。特にWebマーケティングでは、フロントエンド商品の購入の際に顧客情報が得られるため、バックエンド商品の告知がしやすいことから重要視されています。

フロントエンド・バックエンドの違い

フロントエンド

フロントエンド商品とは、比較的低価格で購入しやすい商品やサービスのことです。これらの商品は通常、顧客の獲得、ブランドの認知度向上、収益の確保を目的として設計されています。フロントエンド商品は、物理的な商品、デジタル商品、サービスのいずれでもあり、ソーシャルメディア、メールマーケティング、有料広告など、さまざまなチャネルを通じて販売されることが多いです。

バックエンド

バックエンド商品とは、高価で高い利益率を持つ商品やサービスのことです。バックエンド商品は、すでにフロントエンド商品やサービスを購入し、アップグレードや追加購入を検討している既存顧客向けに販売されるよう設計された商品です。バックエンド商品は、Eメールマーケティング、アップセル、クロスセルなどを通じて販売されることが多いです。

フロントエンド商品を設定するメリット・デメリット

メリット

新規顧客の獲得ができるフロントエンド商品は、幅広い顧客層が購入しやすい価格帯に設定されています。フロントエンド商品を提供することで、高価格帯の商品に興味を持つ新しい顧客を獲得することができます。

デメリット

フロントエンド商品は、高価格帯の商品と比較して低価格で利益率が低いことです。そのため、商品開発やマーケティングなどのコストをカバーすることが難しい場合があります。

まとめ

フロントエンド商品は、低価格の商品で顧客を引きつけ、収益を生み出すために設計されています。フロントエンド商品には、新しい顧客を獲得する、安定した収益を生み出す、ブランド知名度を構築する、入り口を容易にするなどのメリットがあります。一方、低い利益率、高い顧客獲得コスト、カニバリゼーション、低価値の認識などのデメリットもあります。ビジネスがフロントエンド商品を設定する際には、利点と欠点を慎重に検討し、その戦略がビジネスにとって適切かどうかを決定する必要があります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/03/21】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ