【2023年最新】コスメ関連ECストアの解説

コスメEC市場の現状

コスメEC市場は、大手化粧品メーカーがほぼ独占するレッドオーシャン市場となっています。しかし、最近ではD2Cブランドが少しずつシェアを集めてきており、新たな市場を切り開いています。また、クチコミを見たいという需要が高まってきており、少量購入して試してみる人も増えてきています。更に、サブスク形態の購入が増えてきており、市場の変化が見られます。

大手化粧メーカーがほぼ独占しているレッドオーシャン

コスメEC市場は、大手化粧品メーカーが市場を支配する状況が続いています。こうした状況が続く中で、新規参入するには高い販売力と広告費が必要になります。そのため、市場参入のハードルが高くなっており、競合が少ないレッドオーシャン市場となっています。

D2Cブランドが少しずつシェアを集めてきている

最近では、D2CブランドがコスメEC市場に参入し、少しずつシェアを集めてきています。D2Cブランドは、顧客に直接商品を提供することで、コストを削減することができます。また、商品の品質や価格帯にもこだわっており、新しい市場を切り開いています。

クチコミを見たいとうニーズが高まってきている

消費者の中で、コスメ製品のクチコミを見たいというニーズが高まってきています。コスメECサイトでは、商品ページにクチコミ欄を設けていることが多く、消費者が製品を評価することができます。消費者は、自分に合った製品を見つけるために、積極的にクチコミを参考にする傾向があります。

少量購入し試してみる人が増えてきた

近年、コスメ市場において少量購入し試してみる人が増えてきています。これは、大手メーカー以外のD2Cブランドが台頭したことや、SNSなどで情報が拡散されることが原因の一つです。また、コスメの個人差が大きく、自分に合うかどうかを試してから購入したいというニーズも高まってきています。この傾向を踏まえ、今後は試しやすい少量の商品展開やサンプル配布など、低価格で手軽に購入できる仕組みの整備が求められています。

サブスク形態の購入が増えてきている

コスメ市場においては、サブスク形態の購入が増えてきています。この背景には、定期的に欲しい商品を届けてもらえることや、自分に合った商品を提供してもらえることが挙げられます。特に、スキンケア製品やメイクアップ製品などの定期的な使い捨てが必要な商品は、サブスク形態の購入が適しています。今後は、コスメ市場でもサブスクリプションの普及が進み、より多くの消費者に選ばれるようなサービスの提供が求められています。

今後伸ばしていくために必要なこと

AIとの連携

AI技術を活用し、顧客の嗜好に合わせた商品の提案や、購買履歴を元にしたパーソナライズされたマーケティングが可能になります。また、AIによる在庫管理や配送管理によって、より効率的な運営ができるようになります。AI技術を活用したサービスの提供により、顧客満足度の向上やコスト削減が期待できます。

ライブコマースの利用

ライブコマースは、オンライン上で商品を販売するための新しい手法です。商品についての質問や疑問点にリアルタイムで答えることができ、商品の魅力を伝えることができます。ライブコマースは、商品の説明だけでなく、その商品に関連する情報やトピックスを伝えることもできます。商品の印象を深め、購買意欲を高めることができます。

デジタルカウンセリングサービス

デジタルカウンセリングサービスは、オンライン上で化粧品やスキンケアに関する相談やアドバイスを提供するサービスです。専門家によるカウンセリングができ、顧客にとって最適な商品やケア方法を提案することができます。デジタルカウンセリングサービスは、時間や場所を問わず利用できるため、顧客にとって利便性が高いというメリットがあります。

まとめ

コスメEC市場は大手メーカーが独占しているレッドオーシャンとなっていますが、D2Cブランドが少しずつシェアを集めてきています。クチコミを見たいというニーズが高まり、少量購入し試してみる人が増えてきています。また、サブスク形態の購入も増加しています。今後、AIとの連携、ライブコマースの利用、デジタルカウンセリングサービスの提供が求められます。

よくある質問

Q: コスメEC市場でD2Cブランドとは何ですか?

A: D2Cブランドとは、直接消費者に商品を提供するブランドのことです。ECサイトを通じて商品を販売することが多く、メーカーとの取引を介さずに商品を提供することができます。

Q: コスメEC市場でサブスク形態の購入とは何ですか?

A: サブスク形態の購入とは、定期的に商品を届けてもらう形式のことです。化粧品やスキンケア商品では、定期的に使うものが多いため、この形式が選ばれることがあります。定期的に商品を受け取ることができ、手間が省けるというメリットがあります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ