【2023最新】ECサイトで単品通販をやった方が良い理由

自社ECサイトで単品通販をするメリット

取得可能データが多いため、詳細な分析ができる

自社ECサイトでは、顧客がどの商品に興味を持ち、どのような行動をとるかなど、詳細なデータを収集できます。これにより、顧客のニーズを把握し、商品やサービスの改善点を見つけることができます。例えば、「Google Analytics」を使うことで、サイトの閲覧履歴、コンバージョン率など、様々なデータを収集できます。

特別な顧客を獲得できる

自社ECサイトでは、特定のニッチ市場をターゲットにしたり、熱心なファンを獲得したりすることができます。特定の製品やブランドに興味を持っている人々は、自社ECサイトを訪れる可能性が高くなります。また、自社ECサイトでは、独自のマーケティング戦略を採用することができ、効果的に販促を行うことができます。

モールでは獲得できない顧客名簿を自社ECでは獲得できる

自社ECサイトでは、顧客名簿を獲得することができます。これは、将来的なマーケティング戦略のために非常に重要な情報となります。顧客名簿を収集することで、メールマガジンやダイレクトメールなど、個別のマーケティング手法を用いることができます。また、自社ECサイトでの購入履歴などのデータから、リピート購入を促すための戦略を練ることもできます。

ブランドイメージを直接顧客に付けることができる

自社ECサイトで商品を販売することで、ブランドのコンセプトや価値観を商品ページやトップページに反映させることができます。顧客は、商品だけでなく、ブランド自体に興味を持ち、愛着を持ってくれるようになります。そのため、顧客との信頼関係を築くことができ、リピート率の向上につながります。

サイトデザインにこだわれる

自社ECサイトでは、自社ブランドのイメージに合ったサイトデザインを自由にカスタマイズすることができます。サイトデザインには、商品の魅力を引き出す写真や動画、アイキャッチなど、様々な工夫が必要です。自社ECサイトを設計することで、顧客に強い印象を与え、商品の価値を高めることができます。

利益率が高い

自社ECサイトでは、モールに比べて利益率が高い傾向があります。これは、自社ECサイトで販売することで、モールの手数料を支払う必要がなくなるためです。また、自社ECサイトでは、在庫管理や発送などのコストを削減することができます。これらの要因が重なり、自社ECサイトでの販売が、企業にとって非常に有益であることがわかります。

まとめ

自社ECサイトでの単品通販には、多くのメリットがあります。モールと違い、自社ECサイトでは詳細なデータ分析ができ、特別な顧客を獲得し、顧客名簿を獲得することができます。また、ブランドイメージを直接顧客に付けることができ、サイトデザインにもこだわれ、利益率も高いです。自社ECサイトでの単品通販は、企業にとって非常に有益な戦略です。

よくある質問

Q1:自社ECサイトを運営するには、どのような手続きが必要ですか?

A1:自社ECサイトを運営するには、まずはドメインの取得やホスティングサービスの契約など、基本的な設定が必要です。また、SSL証明書の導入や、決済方法の選定など、セキュリティ面や利便性面の設定も必要です。

Q2:自社ECサイトを運営するために必要な費用はどのくらいですか?

A2:自社ECサイトを運営するために必要な費用は、ドメインの取得費用やホスティングサービスの料金、SSL証明書の費用、決済手数料などがあります。また、サイトの設計や運営に必要な人件費もかかります。これらの費用は、運営するサイトの規模や機能によって異なります。

Q3:自社ECサイトでの販売には、どのような集客方法がありますか?

A3:自社ECサイトでの販売には、SEO対策やSNSを活用したマーケティング、メールマガジンの配信など、様々な集客方法があります。また、自社ECサイトと連携したブログやコンテンツを作成することで、アクセス数の増加や顧客の獲得につなげることもできます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ