Amazonでの検索キーワードの活用について解説します

Amazonにおける検索キーワードとは

Amazonにおける検索キーワードは、商品検索に使用されるキーワードやフレーズのことを指します。これらのキーワードはAmazonの検索エンジンによって使用され、ユーザーが特定の商品を見つける際に役立ちます。

Amazonの出品者は、自分の商品に関連するキーワードを設定し、これらのキーワードを商品情報に関連付けます。ユーザーがAmazonで商品を検索する際に、検索バーにキーワードを入力すると、Amazonの検索エンジンはそれらのキーワードと一致する商品を表示します。

検索キーワードの適切な設定は非常に重要で、出品者は商品が特定の検索結果に表示されるために正確で関連性の高いキーワードを選択する必要があります。検索キーワードは、商品の説明、タイトル、ブランド、カテゴリなど、商品情報の異なる部分に設定できます。

出品者は競合他社との差別化や検索結果での露出を高めるために、注意深くキーワードを選定し、アップデートする必要があります。検索キーワードの選定には、ビッグワード(一般的なキーワード)、サジェストキーワード(Amazonの提案するキーワード)、および打ち間違いや仮名検索が予測できるキーワードなど、複数の要素を考慮する必要があります。

Amazonにおける検索キーワードの適切な選定は、商品の発見性と売上の向上に寄与する重要な要素の一つです。

Amazonにおける検索キーワードに入れるべきキーワード

Amazonの出品ページでは、商品に関連するキーワードを250バイトから500バイト程度(登録カテゴリによって異なる)設定できます。しかし、どのキーワードを設定すべきかを決定するのは初心者にとって難しいことかもしれません。

まず、キーワードを選ぶ際に押さえるべきポイントを見てみましょう。

ビッグワード

ビッグワードは、多くのユーザーが頻繁に検索する一般的なキーワードを指します。例えば、「イヤホン」や「コーヒー」などがその代表例です。これらのキーワードは商品に関連するものを設定することは重要で、多くの検索クエリがこれらのキーワードを含むため、商品の発見性を高める役割を果たします。

ただし、ビッグワードは多くの出品者によって使用され、競合が激しいため、高いブランド力や評判、多くのレビュー数などが必要とされます。新規出品者や小規模な出品者にとって、ビッグワードだけで上位表示を目指すことは難しいことがあります。

そのため、多くの出品者はビッグワードに加えて、サジェストキーワードや長尾キーワードなど他の戦略を組み合わせて利用し、特定のターゲットにアプローチします。サジェストキーワードのような戦略は、より特定のニーズを満たすために重要であり、競争の激しい環境で差別化を図る手段として広く活用されています。

サジェストキーワード

サジェストキーワードは、ビッグワードと一緒に検索される傾向が強いキーワードを指します。ビッグワード単体では検索結果が広範囲になり、ユーザーが求める特定の商品にたどり着くのが難しい場合、サジェストキーワードを活用することで検索結果を効果的に絞り込むことができます。Amazon出品者にとって、サジェストキーワードの設定は非常に重要であり、検索結果で商品を表示させるために欠かせない要素です。サジェストキーワードは、ユーザーの検索クエリに関連し、商品を特定のカテゴリやニーズに合致させるための貴重な手段となります。適切なサジェストキーワードの選定は、出品者にとって競争の中で優位性を保つために不可欠なステップです。ビッグワードとサジェストキーワードを組み合わせて使用することで、商品の発見性を高め、売上を伸ばすことが可能となります。

打ち間違いや仮名検索が予測できるワード

打ち間違いや仮名検索が予測できるワードは、商品が異なる呼び名で検索される可能性がある場合に非常に役立ちます。例えば、商品が「イヤホン」という名前で出品されている場合、一部のユーザーは誤って「イヤフォン」と入力するかもしれません。そのため、出品者は「イヤホン」と「イヤフォン」の両方をキーワードに設定することが賢明です。

これにより、ユーザーが正確なキーワードを入力しなくても、商品が検索結果に表示される可能性が高まります。特に日本語では仮名表記や漢字表記、ローマ字表記など、さまざまな方法で同じ商品を検索することがあります。したがって、多くのバリエーションをキーワードに含めることで、より多くの検索クエリに対応でき、商品の発見性を向上させることができます。

この戦略は、ユーザーが異なる言葉や表記方法を使用して商品を探すことが予想される場合に非常に効果的です。正確なキーワード設定は、商品のアクセス数を増やし、売上を伸ばすために重要な要素となります。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

サジェストキーワードの探し方

Amazon内で探す

サジェストキーワードを見つける方法は非常に簡単です。以下の手順に従って、サジェストキーワードを見つけることができます。

  • Amazonの検索ボックスに関連するキーワード(例: “イヤホン”)を入力します。
  • 検索ボックスに半角スペースを入力します。
  • すると、サジェストキーワードが表示されます。例えば、「イヤホン bluetooth」や「イヤホン ワイヤレス」などが表示されるでしょう。

これらのサジェストキーワードは、ユーザーがよく検索するキーワードです。この方法を繰り返し、サジェストキーワードを収集し、自身の商品の検索キーワードに設定することで、検索エンジンでの露出を高めることができます。季節やトレンドに応じて、サジェストキーワードを定期的に更新することも重要です。この戦略を活用することで、商品の可視性を向上させ、売上を伸ばすことができます。

検索エンジンの検索結果で表示されるサジェストキーワードを調べる

検索エンジン(例: Google)を活用してサジェストキーワードを見つける方法も効果的です。特定のキーワードを検索すると、検索結果の下部や入力フィールドに表示されるサジェストキーワードを確認できます。これらのサジェストキーワードは、ユーザーの過去の検索クエリや関連キーワードに基づいて自動生成されており、一般的に検索されるキーワードや関連性の高いフレーズを示しています。

この方法を活用することで、競合の激しいキーワードに代わる新たなキーワードアイデアを見つけることができます。また、ユーザーが実際に検索しているキーワードに基づいてサジェストキーワードを収集することで、より効果的なキーワード戦略を構築できます。検索エンジンのサジェストキーワードは、マーケティングやSEOの分野で幅広く活用され、競争の激しい市場で優れたキーワード戦略を展開する際に有用です。

キーワードツールを利用して、サジェストキーワードを調べる

キーワードツールは、特定のキーワードに関連するサジェストキーワードを提供する便利なツールです。これらのツールを使用することで、競合の激しいキーワードや検索の傾向を詳細に分析し、効果的なサジェストキーワードを見つけるのに大いに役立ちます。Amazonセラーやデジタルマーケターは、これらのキーワードツールを活用して、競争の激しい市場での戦略を構築する際に非常に重宝しています。

キーワードツールは、関連キーワードの提案や検索ボリューム、競合の強さなどのデータを提供し、出品者が最適なサジェストキーワードを選択する際の判断材料となります。これにより、商品の発見性を高め、ターゲットの顧客にリーチする助けとなり、競争の激しいオンライン市場での成功に貢献します。キーワードツールの利用は、戦略的なキーワード選定において欠かせない要素となっています。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazonにおける検索キーワードについてのまとめ

Amazonでの商品検索は、キーワードの適切な設定に大きく影響を受けます。検索結果で上位に表示されるためには、有効なキーワードの選定と設定が必要です。新たに検索キーワードを設定する方、アクセス数が伸び悩んでいる方、過去に設定したキーワードを見直す必要がある方など、検索キーワードを活用してセッション数を増やし、売上を伸ばすために是非試してみてください。 Amazonの競争が激化する中で、適切なキーワード設定は成功の鍵となります。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazonにおける検索キーワードについてよくある質問

Q1:Amazonの検索キーワードとはどのようなものですか?

A1:Amazonの検索キーワードとは、Amazonで商品を検索する際に使用する言葉です。検索キーワードは、商品名、商品の特徴、商品の用途など、さまざまな言葉で構成されます。

Q2:Amazonの検索キーワードはどのように使われますか?

A2:Amazonの検索キーワードは、Amazonの検索エンジンによって、商品の検索結果を絞り込むために使用されます。検索キーワードに一致する商品が検索結果の上位に表示されます。

Q3: Amazonの検索キーワードを選ぶ際には、どのようなことに注意すればよいですか?

A3:Amazonの検索キーワードを選ぶ際には、顧客が実際に検索する可能性が高く、競合他社の商品と差別化でき、商品の特徴や用途を的確に表すキーワードを選びましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ