Amazon FBAを利用するメリット・デメリットについて解説します

AmazonFBAとは

Amazon Fulfilled by Amazon(FBA)は、自社商品をAmazonの専用倉庫に送り、商品の保管から注文処理、配送、返品に関するカスタマーサービスまでをAmazonが代行するサービスです。出品者は商品をAmazonの倉庫に送り、それ以降の業務はAmazonが担当します。出品者はFBA手数料を支払いますが、その費用対効果から多くの販売事業者がFBAを利用しています。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

AmazonFBAを利用するメリット

保管・注文処理・出荷・配送・返品など、全てAmazonが対応

FBA(Fulfillment by Amazon)の最初のメリットは、商品の保管から注文処理、出荷、配送、返品など、ほぼ全ての業務がAmazonによって代行されることです。出品者は商品をAmazonの倉庫に送り込むだけで、その後の手続きや業務はAmazonが行います。このサービスにより、出品者は発送業務にかかる時間や労力を大幅に削減できます。

商品の保管についても、Amazonの専用倉庫で24時間365日稼働しており、商品は確実に保管され、注文が入ると迅速に出荷が行われます。これにより、出品者は在庫管理や倉庫運営にかかるストレスを軽減し、より効率的にビジネスを運営できます。

また、カスタマーサービスや返品処理もAmazonが担当するため、顧客対応にかかる負担も軽減され、出品者は本業に専念できます。このように、FBAは出品者にとって負担を軽減し、Amazon出品をスムーズかつ効果的に行うための優れたサービスです。

 24時間365日稼働、休日中の配送も対応

FBA(Fulfillment by Amazon)の次なるメリットは、FBA倉庫が24時間365日稼働しており、休日でも注文が入れば即座に迅速な配送が行われることです。この特徴は、出品者にとって非常に重要です。

出品者出荷では通常、休日や夜間に受注があっても発送ができないため、販売機会を逃すことがあります。しかし、FBAを利用することで、いつ注文が入ってもスムーズに配送が行われるため、販売機会の損失を最小限に抑えることができます。

特に休日やイベントシーズンなどでは需要が高まり、出荷の迅速さが競争力を高める要因となります。FBAはこのような点で出品者にとって頼りになるパートナーであり、売上の増加に大いに貢献します。この柔軟性と迅速な対応力は、FBAの魅力の一つであり、出品者の成功に寄与します。

Amazon発送で転換率向上

FBA(Fulfillment by Amazon)を利用した商品の利点の一つは、商品ページにおける「Amazon.co.jp が発送します。」という表示です。この表示はユーザーにとって非常に重要で、数々のメリットをもたらします。

この表示があることで、ユーザーは購買時に安心感を抱きます。なぜなら、Amazonが発送を担当するため、配送の信頼性が高く、商品の迅速な到着が期待できるからです。また、FBAはAmazonの専用倉庫で商品を保管し、品質管理を行うため、商品のコンディションも信頼性が高まります。

ユーザーはスピーディーな配送と信頼性のあるサービスを求める傾向があり、FBAの「Amazon.co.jp が発送します。」という表示は、それらの期待に応えるものです。結果として、転換率が向上し、ユーザーは購買決定をしやすくなります。特に急ぎの場合や信頼性が重要な商品では、この表示が購買意欲を高め、売上に大きな影響を与えるでしょう。 FBAは出品者にとって、商品の信頼性を高め、販売機会を拡大する手段として非常に価値があることが示されています。

 Primeマークの表示で転換率向上

FBA(Fulfillment by Amazon)を利用した商品には「primeマーク」が表示されます。このマークは、Amazonプライム会員向けの特典が適用されることを示し、購買率を向上させる要因の一つです。

プライム会員は、配送料無料やお急ぎ便、お届け日時指定便などの特典を享受できます。そして、FBA商品にはこれらの特典が適用され、プライム会員にとって非常に魅力的な選択肢となります。特に、お急ぎの商品や日時指定が必要な商品において、プライム会員はプライムマークのついたFBA商品を選びやすく、その結果、転換率が向上します。

また、商品ページや検索結果一覧ページなどで「primeマーク」が目立つため、ユーザーにとっても一目でプライム対応商品であることが分かりやすいです。これにより、プライム会員向けの特典を提供することで、FBA出品者は競争力を高め、売上を伸ばすことができます。

プライム会員の数は年々増加しており、その認知度も高まっています。そのため、FBAを利用することで「primeマーク」の表示を得ることは、出品者にとって非常に有益であり、転換率向上に貢献する重要な要素といえます。

カート獲得率アップ

FBA(Fulfillment by Amazon)を利用することで、カート獲得率が向上する可能性があります。カート獲得率とは、複数の出品者が同一の商品ページに出品している場合に、Amazonがユーザーにとって最適な出品者を自動的に選んで「カートに入れる」ボタンのトップに表示させる割合を指します。

FBA出品者は、出品者出荷の出品者に比べて、カート獲得率が高いことがあります。これは、FBAが高い配送信頼性を提供し、商品のコンディションが一定であるため、ユーザーにとって選択肢の中で最も信頼性のある出品者として選ばれるからです。

例えば、同じ商品ページにFBA出品者と出品者出荷の出品者がいて、価格が同じである場合、カート獲得率が高いのはFBA出品者です。このように、FBAを利用することでカート獲得率が向上し、ユーザーに選ばれやすくなります。

ただし、カート獲得にはAmazonが明示的に開示していない多くの条件が影響します。したがって、FBAの導入は必ずしもカート獲得率の向上を保証するものではありませんが、一般的には信頼性が高まり、カート獲得率向上の効果が期待できると言えます。 FBAは出品者にとってカート獲得率の向上をサポートし、販売機会を拡大する手段の一つとして重要です。

FBAマルチチャネルサービスが利用できる

FBA(Fulfillment by Amazon)を利用する出品者には、FBAマルチチャネルサービスの利用が提供されています。このサービスを利用することで、Amazon以外の販路でもFBA倉庫からの出荷が可能になります。

通常、FBAはAmazonの販売プラットフォームでの出荷をサポートするためのサービスですが、FBAマルチチャネルサービスを活用することで、自社のウェブサイト、楽天、Yahoo!ショッピングなどの異なる販売チャネルで商品を販売する際にもFBAの効率的な倉庫管理と出荷を利用できます。

これは、出品者にとって非常に便利なオプションで、異なるプラットフォームでの販売をシームレスに行うことができます。FBAの信頼性と効率性をそのままに、複数の販売チャネルでの展開が可能となり、出品者の事業を拡大する手助けとなります。

ただし、FBAマルチチャネルサービスはオプションのため、利用する際には追加の手数料が発生することに留意する必要があります。それにもかかわらず、異なる販売チャネルでの出荷を容易にし、効率的な在庫管理を維持する点で、FBAマルチチャネルサービスは出品者にとって大きな利点をもたらします。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

AmazonFBAを利用するデメリット

手数料がかかる

FBA(Fulfillment by Amazon)を利用する際には、出品者に手数料が発生します。これにはいくつかの種類があり、商品の性質や取り扱いによって異なります。主な手数料には以下のものがあります:

  • 配送代行手数料:商品の出荷、梱包、配送に関する手数料で、商品のサイズや重量によって変動します。大きな商品ほど手数料が高くなります。
  • 在庫保管手数料:Amazonの専用倉庫で商品を保管するための手数料で、毎月発生します。商品の保管期間が長ければ長いほど手数料も増加します。
  • 購入者返品手数料:商品が返品された際にかかる手数料で、商品のカテゴリーやサイズによって異なります。

商品所有権の放棄手数料、長期在庫保管手数料など、その他の手数料も存在します。

また、FBAのもう一つのデメリットは、出品者が倉庫に送った商品の状態を確認できない点です。商品をAmazonの専用倉庫に送ると、出品者は商品のコンディションを確認する機会を失います。商品のデリケートな素材や特殊な保管条件が必要な場合、この点は注意が必要です。商品の状態を確認するためには、手元に商品を戻す手続きを行う必要があり、この際には返送手数料や再度FBA納品の送料が出品者負担となります。

倉庫に送った商品は確認できない

FBA(Fulfillment by Amazon)を利用する際の一つのデメリットは、FBA倉庫に送った商品が出品者によって確認できない点です。出品者は商品の状態やコンディションを直接確認することができず、これは特にデリケートな素材や特殊な保管条件が必要な商品にとって重要な問題となります。

商品のコンディションに左右される商品については、FBAを利用する前に手元に戻す手続きが必要です。この手続きでは、商品の状態を確認し、必要に応じて再パッケージやクリーニングを行うことが求められます。また、再度FBAに商品を納品する際には、その送料や手数料が出品者に負担されることも考慮しなければなりません。

したがって、FBAを検討する際には、商品の性質やコンディションに注意を払い、FBA倉庫での保管が適切であるかどうかを検討することが重要です。特に商品の品質や状態がビジネスに大きな影響を及ぼす場合、慎重に判断する必要があります。

その他の費用・手間

FBA(Fulfillment by Amazon)を利用する際には、その他にもいくつかの費用と手間が発生します。これらは出品者にとって考慮すべきポイントです。

  • 倉庫への送料: FBA倉庫に商品を送るためには、商品のサイズや重量に応じた送料が必要です。出品者はこれらの送料を負担する必要があります。
  • 商品ラベルの貼り付け: FBAでは商品に専用のラベルを貼り付ける必要があります。このラベルには商品の識別情報が含まれ、Amazonの倉庫で正確な管理が行われるための重要な要素です。商品ごとにラベルを印刷し、貼り付ける作業が必要であり、これにかかる手間や用紙、インクのコストも考慮する必要があります。

これらの費用や手間は、FBAを利用する際に発生する追加の経費となります。出品者はこれらを事前に計画に組み込み、ビジネス戦略に適切に組み込むことが重要です。また、特に大量の商品をFBAで管理する場合は、これらの要因がコスト面で影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

AmazonFBAについてのまとめ

FBAはAmazon出品の方法の一つであり、メリットとデメリットを理解して活用すべきです。商品の特性に応じてFBAを採用するかどうかを検討し、最適な戦略を見つけることが成功の鍵となります。FBAはAmazon出品者にとって大きな支援手段であり、効果的に活用することで売上拡大が実現できるでしょう。最終的に、FBAを活用する際には戦略的なアプローチが重要です。

AmazonFBAについてよくある質問

Q1:AmazonFBAとはどのようなサービスですか?

A1:AmazonFBAとは、Amazonが提供するフルフィルメントサービスです。AmazonFBAを利用すると、出品者は商品をAmazonの倉庫に保管し、Amazonが商品の梱包、発送、返品対応などを代行します。

Q2:AmazonFBAを利用するメリットは何ですか?

A2:AmazonFBAを利用するメリットは、以下のとおりです。

  • 出品者の負担軽減
  • 出荷スピードの向上
  • カスタマーサービスの向上

Q3:AmazonFBAを利用するデメリットは何ですか?

A3:AmazonFBAを利用するデメリットは、以下のとおりです。

  • 出品手数料の増加
  • 商品の管理が複雑になる

Q4:AmazonFBAを利用するにはどうすればよいですか?

A4:AmazonFBAを利用するには、Amazonのウェブサイトから申請することができます。申請には、以下の条件を満たす必要があります。

  • 出品者登録をしていること
  • 販売する商品がAmazonの販売規約を遵守していること
CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ