Amazonでの注文キャンセルについて解説します

Amazonでの注文キャンセルとは

アマゾンでの注文キャンセルは、購入者が注文を取り消す行為を指します。購入者が注文手続きを完了し、商品を購入した後で、様々な理由により注文をキャンセルしたい場合があります。この際、アマゾンの出品者は適切なプロセスを経て、注文キャンセルを受け入れ、処理する必要があります。購入者の要望に応じ、注文キャンセルがスムーズに行われることが重要です。注文キャンセルの際には、正確なキャンセル理由を選択し、アカウントの健全性を保つためにも慎重な対応が求められます。注文キャンセルに関する詳細な情報と手順を理解し、アマゾン出品者としてスムーズかつ適切な注文キャンセル処理が行えるようになることが、アカウントの成功につながります。

参考:セラーセントラルヘルプ

Amazonでのアカウントの健全性を維持するためには

アカウントの健全性を維持するためには、セラーセントラルの「パフォーマンス」 > 「アカウント健全性」で出品者評価や出荷遅延などの複数の指標を定期的に確認することが不可欠です。これらの指標を通じて、アカウントのパフォーマンスを評価し、必要な調整や改善を行うことが重要です。アマゾンビジネスにおいてアカウントの健全性を維持することは、成功への第一歩です。出品者は定期的にアカウントのパフォーマンスをモニタリングし、問題が発生した場合には適切な対策を講じるべきです。

出荷前キャンセル率を下げる

「出荷前キャンセル率」とは、特定期間内に出荷前にキャンセルされた注文の割合を示す指標です。この比率が高くなると、アカウントのパフォーマンスが低下し、アマゾンビジネスに不利な影響を及ぼす可能性があります。出荷前キャンセル率の目標値は2.5%以下であり、この目標を達成することが重要です。

高い出荷前キャンセル率は、出品者が注文処理や在庫管理に問題があることを示す兆候となり、顧客満足度にも影響を及ぼします。したがって、出荷前キャンセル率を低く保つことはアカウントの健全性を維持し、成功を収めるための鍵と言えます。出品者はこの指標に敏感に注意を払い、適切な対策を講じることが必要です。

出荷前キャンセル率を低く保つために、出品者は注文の処理速度を向上させたり、在庫管理を最適化したりする必要があります。また、顧客からの問い合わせに迅速に対応し、商品の品質と正確性を確保することも重要です。出荷前キャンセル率の改善に取り組むことは、アマゾンビジネスでの成功を確保するために欠かせない戦略の一部です。。

購入者都合のキャンセルなのに出荷前キャンセル率が悪化する場合も

購入者都合によるキャンセルが発生しているにもかかわらず、出荷前キャンセル率が悪化する事例があることには注意が必要です。この状況は、注文キャンセルの仕組みによるものです。

購入者が注文をキャンセルする場合、出品者はキャンセル理由として「購入者都合のキャンセル」を選択することが一般的です。しかし、ここで問題が発生します。アマゾンのシステム上、購入者から直接キャンセル依頼がない場合でも、出品者が電話などの方法で購入者の要望に応じてキャンセル処理を行うと、これは出品者によるキャンセルとして扱われてしまいます。

このため、購入者都合のキャンセルが発生した場合、購入者からの明示的なキャンセル依頼を受けてキャンセル処理を行うことが、出荷前キャンセル率を悪化させないためのポイントとなります。アマゾンのシステムとの連携を考慮しつつ、適切な手順を踏むことが重要です。

「出荷前キャンセル率」を悪化させない注文キャンセルの方法

「出荷前キャンセル率」を悪化させないためには、キャンセルの方法に慎重に取り組む必要があります。購入者からのキャンセル依頼に対応する場合、キャンセル理由を正確に選択することが肝要です。

購入者からのキャンセル依頼がある際、キャンセル理由は「購入者都合のキャンセル」という選択肢が一般的です。しかし、注意が必要なのは、この理由を選択する場合でも、購入者からのキャンセル依頼が明確にある場合と、出品者が自発的にキャンセルを行う場合とで区別される点です。

購入者からの明示的なキャンセル依頼がある場合は、キャンセル処理を行っても「出荷前キャンセル率」に悪影響を及ぼしません。しかし、出品者が自発的にキャンセルを行い、購入者からの依頼がない場合、これは出品者によるキャンセルとみなされ、率の悪化につながります。

したがって、購入者からの明確な依頼がない場合には、キャンセル処理を慎重に行い、率の悪化を防ぐために正確なキャンセル理由を選択することが重要です。出品者はこのポイントを意識し、アマゾンのシステムとの調和を保ちながらキャンセル手続きを行うべきです。

参考:セラーセントラルヘルプ

Amazonでの注文キャンセルのパターン

出荷前のキャンセル

この状況では、商品をまだ出荷しておらず、出荷通知も送信していない段階で購入者がキャンセルを希望している場合です。以下は対応方法です。

注文を確認する

注文管理画面から該当の注文番号を見つけましょう。注文内容を確認し、キャンセルの要望が正当であることを確認します。

注文をキャンセルする

注文管理画面で、「注文キャンセル」のボタンをクリックしましょう。キャンセル理由を選択し、該当の注文をキャンセルします。

通知を送信する

注文がキャンセルされた後、購入者のアカウントに自動的に更新が行われ、注文がキャンセルされたことを通知するEメールが購入者宛に送信されます。

これらのステップに従うことで、円滑な注文キャンセルプロセスを確立し、購入者とのコミュニケーションを維持することができます。

出荷通知前のキャンセル

この状況は、出荷通知を送信する前に、商品の引き渡しは既に完了している場合に発生します。以下は対応方法です:

商品の回収

ます、急いで配送業者から該当商品を回収しましょう。各配送業者によって異なりますが、回収するタイミングによっては送料を取られずに済むことがあります。

注文をキャンセルする

出荷通知は送信していない状況なので、注文管理画面から該当の注文をキャンセルします。これにより、購入者に商品代金が請求されることは防げます。

通知を送信する

注文がキャンセルされた後、購入者のアカウントに自動的に更新が行われ、注文がキャンセルされたことを通知するEメールが購入者宛に送信されます。

これらのステップに従うことで、商品の回収と注文のキャンセルを円滑に進め、購入者とのコミュニケーションを維持できます。

出荷済みのキャンセル

この状況では、商品が既に発送され、出荷通知も送信されているため、注文のキャンセルはできません。代わりに、返品(返金)の手続きが必要です。以下は対応方法です

購入者に連絡する

購入者に商品がすでに発送済みである旨を説明しましょう。その後、商品の回収または返品手続きと返金処理の詳細を伝えます。

返品(返金)の手続き

購入者が商品を受け取った後、返品手続きを開始します。商品の状態を確認し、返品が受け入れられるかどうかを判断します。適切な返金手続きを行い、購入者に払い戻しを提供します。

これらのステップに従うことで、購入者と円滑なコミュニケーションを保ち、商品の返品と返金手続きを円滑に進めることができます。商品の品質とサービスの信頼性を維持するために、適切な対応が必要です。

参考:セラーセントラルヘルプ

Amazonでの注文キャンセルについてのまとめ

アカウントの健全性を保つためには、「出荷前キャンセル率」の管理が不可欠です。この率が高いと、アカウントのパフォーマンスが低下し、アマゾンビジネスに不利な影響を及ぼす可能性があります。そのため、アカウント健全性を理解し、適切な手順で注文キャンセルを処理することが重要です。

「出荷前キャンセル率」は、特定期間内に出荷前にキャンセルされた注文の割合を示す指標で、目標値は2.5%以下です。高い出荷前キャンセル率は、出品者の注文処理や在庫管理に問題があることを示し、顧客満足度にも悪影響を及ぼします。

購入者都合によるキャンセルが発生しても、出荷前キャンセル率が悪化する場合があります。これは、注文キャンセルの仕組みに起因しています。購入者からのキャンセル依頼に対応する場合、キャンセル理由を正確に選択することが必要です。購入者からの明確な依頼がない場合には、慎重にキャンセル処理を行い、率の悪化を防ぐために正確なキャンセル理由を選択することが重要です。

注文キャンセルには大きく3つのパターンが存在し、それぞれ異なる対応が必要です。出荷前、出荷通知前、出荷済みの場合、それぞれのパターンに適切に対応することで、アカウントの健全性を維持し、成功を収めるための基本を守ることができます。アカウントのパフォーマンス向上と顧客満足度の向上を目指し、出荷前キャンセル率を適切に管理しましょう。

Amazonでの注文キャンセルについてのよくある質問

Q1: 出品者として、注文キャンセルをどのように管理すればよいですか?

A1: 出品者として、注文キャンセルを管理するためには、セラーセントラルから注文キャンセルを管理してください。

Q2: 注文キャンセルが発生した場合、出品者にはどのような影響がありますか?

A2: 注文キャンセルが発生した場合、出品者には売上の減少やキャンセル率の上昇によるアカウント健全性の低下のリスクがあります。

Q3: 注文キャンセルを防ぐために、出品者としてできることはありますか?

A3:商品の説明や画像を正確に記載することで、購入者が商品を誤って注文することを防ぐことができます。また、商品の納期を正確に表示することで、購入者が納期を把握し、キャンセルを防ぐことができます。さらに、カスタマーサービスへの対応を迅速かつ丁寧に行うことで、購入者の不満を解消し、キャンセルを防ぐことができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ