Amazon衛生マスク出品について解説します

Amazonにおける衛生用マスクの出品制限について

Amazon.co.jpでは、衛生マスクの出品を制限することとなりました。これは、衛生マスクを営利目的で転売する行為を禁止する法令が施行されたためです。この法令に基づき、Amazonは出品規制を導入しました。出品者に向けた通知内容は、Amazonセラーセントラルのニュース(新着情報)から入手できます。

この法令は、2020年3月15日に施行され、営利目的での衛生マスクの転売を禁止しました。これにより、Amazonでも衛生マスクの出品が制限され、一時的に一斉に停止しました。しかし、その後、市場に衛生マスクが供給され、4月末頃になるとAmazonによる出品規制が緩和され、衛生マスクの出品が再開されました。

出品が可能となったものの、他のカテゴリーの商品を出品するのと比べて、衛生マスクの出品には新たに「出品手続き」が必要となり、出品プロセスが複雑化しています。

この規制の背後には、市場での需要増加と供給の不足があり、Amazonはこの問題に対処するために規制を導入しました。次に、Amazonにおける衛生マスクの出品方法について具体的に解説します。

Amazon 衛生マスク出品方法

衛生用品を新たに出品するために申請を行う

衛生マスクを新たにAmazonで出品する場合、まず、「新規出品情報作成フォーム – 個人の安全に関わる製品および家庭用品」で申請が必要です。このフォームは、衛生マスクだけでなく、手指消毒剤、除菌スプレーなどの商品も事前に申請が必要です。

Amazonは、個人の安全に関わる製品および家庭用品について、適用法令への準拠と購入者の信頼確保を目指し、出品要件を厳格化しています。審査に必要な情報を提供するため、以下の「新規出品情報作成フォーム」を使用して申請を進めます。

新規出品情報作成フォームは、新商品を出品しようとする出品者にとって重要なツールです。このフォームを通じて、商品の詳細情報、品質保証、法令遵守などに関する情報を提供し、Amazonが品質と安全性を保つための審査を行います。その後、審査が合格すれば、商品の出品が可能となります。

出品者として、このプロセスを正確かつ迅速に進めることが、Amazonでの衛生マスクの販売を始めるための第一歩です。安全で信頼性のある商品を提供するために、出品要件に従い、必要な情報を提供しましょう。

新規出品情報作成フォーム

衛生マスクの新規商品登録を行う

衛生マスクの新規商品登録は、申請が受理された後に進行します。まず、セラーセントラルの在庫管理画面を通じて、もしくは在庫ファイルを使用して衛生マスクの商品情報を登録します。この段階で商品の出品ステータスは「停止中」となり、商品ページがまだ存在しません。しかし、ここで焦らずに待つことが大切です。なぜなら、1で行った申請の審査がまだ終了していないからです。つまり、「個人の安全に関わる製品および家庭用品」出品の審査終了を待つ必要があるのです。

この待機期間は、出品者にとっては焦燥感を感じることもあるかもしれませんが、Amazonが商品の品質と安全性を確認し、顧客の信頼を守るために重要なステップです。Amazonの審査が合格すれば、出品が許可され、商品ページが公開され、衛生マスクの出品が開始されます。この段階で、出品者は販売プロセスを進め、顧客に向けて衛生マスクを提供することができます。出品者は審査が終了するまでの待ち時間をしっかりと計画し、Amazonでの販売をスムーズに進めることが重要です。

審査終了後、衛生マスクの出品が開始

審査は通常、3営業日ほどかかりますが、状況によってはそれ以上の日数を要することもあります。この審査期間中、出品者は緊張や不安を感じることもあるでしょうが、Amazonは品質と安全性の確保を目的としています。

審査に合格すれば、Amazonから審査結果のメールが届きます。審査が通過し、無事に合格すると、出品ステータスが「出品中」となり、商品ページが公開され、衛生マスクの出品が正式に開始されます。これは出品者にとって待ち望んだ瞬間であり、商品を顧客に提供できるようになる重要なステップです。

出品者はこの段階から販売プロセスを進め、Amazonのプラットフォームを活用して衛生マスクを提供します。審査結果が合格したことで、商品がAmazonのマーケットプレイスに正式に掲載され、出品者は市場での販売活動を展開できるようになります。品質と信頼性を提供し、Amazonコミュニティに貢献するために、出品者は審査過程を丁寧に進め、販売に臨むことが肝要です。

Amazonにおける衛生マスク販売状況

出品者の数

Amazonで「衛生マスク」を検索すると、4,000以上もの異なる種類のマスクが表示されます。新型コロナウイルスの影響により、これまで衛生マスクを出品していなかった出品者が増加し、市場に参入し始めています。

需要の急増に対応するため、多くの新たな出品者が衛生マスクを提供し、顧客の要求に応えようとしています。これにより市場は多様化し、消費者にさまざまな選択肢が提供されています。また、価格競争が生まれ、買い手にとっても利益が生まれています。

新しい出品者の参入は、市場のダイナミクスを変えつつあり、衛生マスクの入手が容易になったことで、個人や家庭が安心して必要な商品を手に入れることができるようになっています。 Amazonのプラットフォームは、供給者と消費者の架け橋として、需要と供給を効果的に調整する役割を果たしています。

種類・枚数

Amazonで販売されている衛生マスクの種類には、一般的な3層構造マスク、立体マスク、フェイスガードマスクなどが含まれています。これは、さまざまな場所や状況での使用が求められているためです。

一般的な3層構造マスクは、一般の日常生活や外出時に使用され、ウイルスや微粒子からの保護を提供します。一方、立体マスクはより顔に密着し、着用者に高い保護性と快適さを提供します。また、フェイスガードマスクは、医療従事者や特定の職業で使用され、顔全体を覆い、高い保護を提供します。

さらに、枚数についても多様な選択肢があり、「50枚入り」が一般的ですが、「10枚」、「30枚」、「100枚」といったさまざまな枚数展開があります。これにより、顧客は必要に応じて選択でき、さまざまな用途や頻度に対応できるのが特徴です。

Amazonのマーケットプレイスは多様な需要に応えるため、さまざまな種類と枚数の衛生マスクが提供されており、出品者の多様な製品ラインナップが消費者に利益をもたらしています。これは顧客にとって選択肢が豊富で、自身のニーズに合った衛生マスクを見つけるのに役立っています。

販売価格相場

2020年6月9日現在、3層構造マスク(50枚入り)の相場は1,500円から3,000円の範囲にあります。新型コロナウイルスの一時的な不足ピークは過ぎ、市場に供給が安定するようになったため、価格は比較的安定しています。今後、価格は下がる可能性もあるため、出品者は価格設定に慎重に注意を払う必要があります。

ただし、独自の特徴を持つオリジナルマスクを開発するなど、差別化ポイントがある場合、新たに市場に参入することも検討できます。日本では年間を通じてマスクの需要が高いため、販売の機会は多いかもしれません。例えば、特別なデザインや快適な装着感、高品質な素材を使用したマスクなど、市場で競争力のある要素を持つ製品を提供することで、成功の可能性があります。

出品者は市場の変動に敏感に対応し、競争力のある価格と品質で消費者に価値を提供することが求められます。価格設定の適切な調整と新たなアイデアを活かすことで、衛生マスクの販売は継続的な機会となり得るでしょう。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazon 衛生マスク出品についてのまとめ

Amazonにおける衛生マスクの出品に関する要点をまとめます。まず、2020年3月15日以降、衛生マスクを営利目的で転売する行為が禁止され、Amazonでは出品規制が始まりました。出品者は「新規出品情報作成フォーム」で申請を行い、審査を待つ必要があります。審査に合格すれば、商品登録を行い、商品ページが公開され、出品が開始されます。

現在、Amazonで衛生マスクを出品する多くの出品者が増加しており、多様な種類と枚数のマスクが提供されています。価格相場は比較的安定しており、差別化ポイントがある場合、新規出品も検討できます。出品者は市場の変動に注意し、価格設定と品質を調整することが成功の鍵です。 Amazonは需要と供給を調整し、消費者に多様な選択肢を提供するプラットフォームとしての役割を果たしています。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazon 衛生マスク出品についてのよくある質問

Q:Amazonの「衛生マスク出品ガイドライン」とはどのようなものですか?

A:Amazonの「衛生マスク出品ガイドライン」とは、Amazonで衛生マスクを出品する際に遵守すべきルールです。このガイドラインでは、衛生マスクの品質や安全性に関する基準が定められています。

Q:Amazonの「衛生マスク出品ポリシー」とはどのようなものですか?

A:Amazonの「衛生マスク出品ポリシー」とは、Amazonで衛生マスクを出品する際に遵守すべきルールです。このポリシーでは、衛生マスクの販売に関するルールが定められています。

Q:Amazonの「衛生マスク出品資格」とはどのようなものですか?

A:Amazonの「衛生マスク出品資格」とは、Amazonで衛生マスクを出品するために必要な資格です。この資格は、Amazonが実施する審査に合格することで取得できます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ