AmazonにおけるSEOとは?SEOが重要な理由やSEO対策におけるポイントについて解説

AmazonにおけるSEOとは?

AmazonにおけるSEO(検索エンジン最適化)とは、商品ページを検索エンジンの上位に表示させるための戦略です。これにより、ユーザーが特定のキーワードで検索した際に、あなたの商品が高い順位で表示されることが目指されます。これによって、多くのユーザーにアクセスされ、売上を増加させることが可能です。

AmazonにおけるSEOの重要な理由

例えば、『パソコン』というキーワードを調べると、約20,000件もの商品が検索結果にヒットします。

しかし、この中でオーガニック検索結果(広告枠を除いた検索結果)の1ページ目に表示される商品数はわずか48商品に過ぎません。つまり、多くの商品の中から1ページ目に表示されるための競争は激しく、上位表示を獲得するためには緻密なSEO対策が必要です。

さらに、商品検索結果において2ページ目以降を閲覧する人は30%程度にとどまると言われています。

つまり、ほとんどのユーザーは1ページ目の商品にしか関心を持たず、2ページ目以降の商品には目を向けない傾向にあります。

このような背景から、Amazonでの売上を上げるためには、1ページ目に表示されることが重要です。そのためには、効果的なSEO対策を行い、競合他社と差別化された商品ページを構築することが不可欠です。ユーザーにとって魅力的で信頼性のある商品情報を提供し、上位表示を獲得することで、多くのユーザーにアクセスされる可能性が高まります。

Amazonで検索する人の70%以上の人は2ページ目以降を見ない

Amazonで商品を探す際、多くのユーザーは最初のページに表示される商品に注目します。事実、70%以上のユーザーは2ページ目以降に進むことはありません。したがって、上位表示を狙うことが重要です。

65%の人が最初から3つの商品をクリックする

ユーザーのほとんどは、最初に表示される3つの商品に関心を持ち、それらをクリックします。これを「ゴールデンスポット」と呼びます。商品ページがこのゴールデンスポットに表示されるよう最適化することが大切です。

35%の人が最初の商品をクリックする

最初の商品にクリックされる割合は高いですが、35%のユーザーが最初の商品をクリックします。そのため、魅力的な商品タイトルや画像、価格が必要です。

Amazon商品ページ上の検索対象

Amazon内における検索対象項目

Amazonでは、商品名、ブランド名、商品説明、特徴、キーワード、カテゴリーなどが検索対象となります。これらの情報を正確に埋め込むことで、ユーザーの検索に対応しやすいページとなります。

キーワードの選定方法

Amazonサジェストの活用

Amazonの検索バーにキーワードを入力すると表示されるサジェストは、ユーザーの実際の検索傾向を示しています。これらのキーワードを商品ページのコンテンツに組み込むことで、ユーザーのニーズに合致するページを作成しましょう。

Amazon広告データの活用

Amazon広告キャンペーンのデータは、ユーザーの検索傾向を示す貴重な情報源です。広告データを分析し、人気のあるキーワードを特定し、それらを商品ページに組み込むことで、有益なトラフィックを獲得できます。

Googleトレンドの活用

Googleトレンドは、特定のキーワードの検索頻度の変動を示すツールです。商品に関連するキーワードのトレンドを追跡し、需要の変化に対応するための洞察を得ることができます。

Google Trends:https://trends.google.co.jp/trends/

Googleサジェスト・Googleキーワードプランナーの活用

Googleのサジェスト機能やキーワードプランナーは、Google検索での人気キーワードを示しています。これらのツールを活用して、Amazonでのキーワード戦略を強化しましょう。

SEO対策におけるポイント

商品名(商品タイトル)

商品名、つまり商品タイトルは、AmazonにおけるSEO対策において最も重要な要素です。なぜなら、ユーザーはまず商品タイトルを見て、その商品が自分のニーズに合致するかどうかを判断するからです。以下に、商品名を最適化する際のポイントを詳しく説明します。

  1. 主要なキーワードの組み込み

商品名には、ユーザーが検索するであろう主要なキーワードを組み込むことが重要です。具体的で関連性の高いキーワードを選び、自然な形で組み込むことで、検索エンジンのアルゴリズムに認識されやすくなります。

  1. ユーザーの理解しやすさ

商品タイトルは、ユーザーが一目で商品の内容や特徴を理解できるようにする必要があります。クリアで簡潔な表現を心掛け、冗長な情報や不明瞭な表現を避けましょう。

  1. ユーザーのニーズに合致

商品名は、ユーザーの検索意図に合致することが重要です。ユーザーが求めている特定の情報やソリューションを提供できるよう、商品の特長や利点を的確に表現しましょう。

  1. 引き込む魅力的な表現

商品タイトルは、ユーザーの興味を引き込む魅力的な表現を盛り込むチャンスでもあります。ユーザーが「これを見てみたい!」と思うような言葉選びやキャッチーなフレーズを検討しましょう。

商品説明の箇条書き

商品説明を箇条書き形式で提供することは、ユーザーに対して情報をスキャンしやすく、効果的に伝える方法です。以下に、商品説明の箇条書きを最適化する方法を詳しく説明します。

  1. 見出しのクリアさ

各箇条書きの見出しは、その内容をクリアに示す必要があります。ユーザーが何を期待できるかを正確に伝えることで、ユーザーの興味を引きつけましょう。

  1. 要点の強調

箇条書きは、商品の特長や利点を簡潔に強調するためのツールです。各項目で最も重要な情報を先に提示し、ユーザーがその価値を理解しやすくしましょう。

  1. 具体的な詳細

箇条書きの各項目には、具体的な詳細を盛り込むことが大切です。ユーザーが商品の使い道や特徴を想像しやすいよう、具体的な情報や具体例を提供しましょう。

  1. 読みやすさの確保

箇条書きは、文章が短くまとまっているため、読みやすさを重視することが重要です。適切な文言を選び、過度なテクニカルな情報や専門用語を避けることで、幅広いユーザーにわかりやすい説明を提供しましょう。

商品説明文

商品説明文は、ユーザーの購買意欲を高めるための重要なコンテンツです。以下に、効果的な商品説明文を作成するポイントを詳しく説明します。

  1. 顧客の疑問に対応

商品説明文は、顧客が抱えるであろう疑問や懸念に答える場所です。商品の用途、特徴、利点だけでなく、よく寄せられる質問にも丁寧に応えましょう。

  1. 詳細な情報提供

商品説明文は、ユーザーが商品を詳しく知るための場所でもあります。材質、サイズ、機能、特長など、詳細な情報を提供し、ユーザーに充分な情報を提供しましょう。

  1. 利点の強調

商品説明文で商品の利点を強調することで、ユーザーの購買意欲を高めることができます。利点を具体的に説明し、ユーザーにとってどのような価値があるかを示しましょう。

  1. 感情を引き起こす表現

商品説明文は、ユーザーの感情を刺激する表現を取り入れることで、商品への興味を高める効果があります。魅力的な言葉選びやエモーショナルな表現を取り入れ、ユーザーに共感や興奮を呼び起こすよう努めましょう。

まとめ

AmazonにおけるSEO対策は、競争の激しい環境で商品を目立たせ、売上を増加させるために不可欠な戦略です。ユーザーが商品を検索し、購入する際に重要な要素を詳しく解説しました。

  1. 上位表示の重要性: Amazonでは1ページ目に表示されることが重要であり、上位表示を狙うことが売上向上の鍵です。多くのユーザーが2ページ目以降を見ないため、1ページ目に表示させることが目標です。
  2. キーワード選定の重要性: 適切なキーワード選定はSEO対策の基盤です。Amazonサジェストや広告データ、競合ブランドの分析などを活用して、正確なキーワードを選びましょう。
  3. 商品名、商品説明の最適化: 商品名や商品説明はユーザーに直接触れる重要な要素です。主要なキーワードを適切に組み込みつつ、ユーザーが興味を持ちやすい情報を提供しましょう。
  4. 箇条書きの活用: 商品説明の箇条書きは、ユーザーに情報をスキャンしやすく伝えるための方法です。要点をクリアにまとめ、読みやすい表現を心掛けましょう。
  5. 商品説明文の重要性: 詳細な商品説明文はユーザーの疑問や懸念に答え、購買意欲を高める場所です。具体的な情報と感情を呼び起こす表現を組み合わせて利点を強調しましょう。

以上のポイントを抑えることで、AmazonにおけるSEO対策を成功させ、ユーザーに魅力的な商品情報を提供することができます。

よくある質問

Q: SEO対策の効果はどれくらい早く現れますか?

A: SEO対策の効果は個別の状況により異なりますが、効果が現れるまでには時間がかかることがあります。通常、適切な対策を施した後、数週間から数ヶ月程度を要することがあります。

Q: Amazon広告とSEO対策、どちらが効果的ですか?

A: Amazon広告とSEO対策は異なるアプローチですが、両方を組み合わせることで効果を最大化できます。広告は即効性がありますが、SEO対策は長期的な成果をもたらすため、両方をバランスよく活用することが重要です。

Q: SEO対策は一度行えば良いのですか?

A: SEO対策は一度行うだけでなく、定期的に見直しと更新が必要です。競合環境やユーザーの検索傾向は変化するため、最新の情報に合わせて対策を調整することが大切です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ