Shopifyで使用出来る決済方法の1つ、”PayPal”について解説

PayPal(ペイパル)とは

概要

Paypalは、安全で簡単なオンライン決済サービスで、世界中で利用されています。オンラインショッピングやビジネス取引において、クレジットカード情報を共有せずに支払いを行うことができます。セキュリティ対策が厳重で、ユーザーの個人情報を保護します。

主な特徴

Paypalの主な特徴は、利用しやすさと信頼性にあります。利用者は、簡単な登録手続きを経て、メールアドレスとパスワードを使用して支払いを行えるようになります。また、クレジットカード情報を入力する必要がないため、オンライン上でのセキュリティリスクが低減します。

オンラインビジネスへの利用

Paypalは、オンラインビジネスにおいても広く利用されています。ECサイトやマーケットプレイスにおいて、買い物カートに組み込むことで、ユーザーはスムーズな支払いを行うことができます。これにより、購買率の向上や顧客満足度の向上が期待されます。

国際取引の便益

Paypalは、世界中の異なる通貨で支払いが可能なため、国際取引においても優れた選択肢となります。そのため、グローバルなビジネス展開を考える企業にとって有益な決済方法です。

PayPal(ペイパル)の強み

セキュリティと信頼性

PayPalは、世界的に認められたセキュリティ対策を提供し、ユーザーのプライバシーとデータを保護します。データ暗号化や不正利用防止策など、高水準のセキュリティがオンライン取引を安全に保障します。

H4: 使いやすさと便利さ

登録手続きは簡単で、メールアドレスとパスワードさえあれば支払いが可能です。また、クレジットカード情報を直接入力せずに支払いが行えるため、手間を省きながら迅速な決済が可能です。

対応ブランド

クレジットカード

PayPalでは、以下のクレジットカードを使用することが可能です。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  •  Discover Card

デビットカード

Paypalでは、”Visaデビット”のような国際ブランドがついたデビッドカードを使用することが可能です。

銀行口座

PayPalでは、以下の銀行口座を支払い先として設定することが可能です。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行

アクティブアカウント数(2021年時点)

PayPalそのものの日本国内での知名度は低いですが、2021年時点でのアクティブアカウント数は840万に及んでいます。

PayPal(ペイパル)の仕組み

アカウント登録と連携

ユーザーはまず、PayPalの公式ウェブサイトにアクセスし、アカウントを登録します。メールアドレスとパスワードの入力後、個人情報を設定します。次に、クレジットカードや銀行口座をアカウントに連携させることで、支払い元となる資金源を指定します。

支払い手続き

オンラインショッピングサイトやアプリで商品を選び、支払い画面に移動します。ここで、PayPalを選択し、ログインします。支払い金額を確認したら、支払いを確定します。こうすることで、決済はPayPalが行うこととなり、クレジットカード情報・銀行口座をストアに共有せずに支払いが完了します。

決済方法にPayPal(ペイパル)を導入するメリット

ユーザーに安心して購入を行ってもらえる

買い手保護制度

PayPalには、”買い手保護制度”という仕組みがあります。この仕組みは、代金の支払いを行ったにも関わらず商品が届かなかった・デジタルコンテンツのダウンロードが出来なかった・届いた商品の状態や内容が説明と異なっていた場合に、PayPalが返金を行う制度になります。この制度があることで、ユーザーは万一のリスクを考えることなく安心して商品の購入を行うことができます。

ストアにクレジットカードや銀行口座の情報を開示しないで良い

ユーザーは購入時に自身のクレジットカードや銀行口座情報を直接ストアに開示する必要がありません。代わりに、PayPalアカウントに登録した情報を使用して簡単かつ安全に支払いが完了します。

配送先情報の入力が不要

エクスプレスチェックアウト対応

PayPalはエクスプレスチェックアウトをサポートしており、ユーザーは配送先情報を再度入力する手間を省くことができます。これにより、購入プロセスが簡素化され、ユーザーの利便性が向上します。

決済方法にPayPal(ペイパル)を導入するデメリット

決済時に分割払いの指定が出来ない

PayPalの導入には、一部のデメリットも考慮する必要があります。その中でも、決済時に分割払いの指定ができないという制約が存在します。分割払いを希望するユーザーにとっては、この点が利便性の低下に繋がる可能性があります。

決済方法にPayPal(ペイパル)を追加する方法

1.「設定」をクリック

2.「決済」をクリック

3.「PayPalを有効化する」をクリック

4.「PayPalエクスプレスチェックアウトを有効にする」をクリック

5.PayPalのアカウントでログイン。もしくは新規アカウント作成を行い連携を完了させる

まとめ

PayPal(ペイパル)は、世界中で利用される安全で簡単なオンライン決済サービスです。ユーザーはクレジットカード情報・銀行口座をストアへ共有せずに支払いを行えるため、セキュリティ対策が厳重であり、個人情報が保護されます。利用者にとっての主な特徴は、簡単な登録手続き、国際取引の便益、決済の利便性などです。オンラインビジネスにおいても広く利用され、PayPalを導入することでユーザーに安心感を提供し、スムーズな購買体験を実現します。ただし、分割払いの指定ができないなど、一部のデメリットも存在することを考慮する必要があります。PayPalを導入する際は、設定手順を確認して利用を開始することができます。

よくある質問

Q:PayPalとは何ですか?

PayPal(ペイパル)は、安全で簡単なオンライン決済サービスであり、世界中で利用されています。オンラインショッピングやビジネス取引において、クレジットカード情報・銀行口座を共有せずに支払いを行うことができます。また、セキュリティ対策が厳重であり、ユーザーの個人情報を保護します。

Q:PayPalの主な特徴は何ですか?

PayPalの主な特徴は、利用しやすさと信頼性にあります。利用者は簡単な登録手続きを経て、メールアドレスとパスワードを使用して支払いを行えるようになります。さらに、クレジットカード情報をストアに入力する必要がなくなるため、オンライン上でのセキュリティリスクが低減します。

Q:PayPalはどのようにオンラインビジネスに利用されていますか?

ECサイトやマーケットプレイスにおいて、買い物カートに組み込むことで、ユーザーはスムーズな支払いを行うことができます。これにより、購買率の向上や顧客満足度の向上が期待されます。

Q:PayPalは越境ECに適していますか?

はい、PayPalは世界中の異なる通貨で支払いが可能なため、国際取引においても優れた選択肢となります。グローバルなビジネス展開を考える企業にとって有益な決済方法です。

Q:PayPalを導入する際の注意点はありますか?

PayPalの導入には一部のデメリットも考慮する必要があります。例えば、決済時に分割払いの指定ができないという制約が存在します。利用シーンやニーズに合わせて検討することが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/10】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ