Googleタグマネージャーを使用方法とメリットやデメリットについて解説

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 集客 > Googleタグマネージャーを使用方法とメリットやデメリットについて解説

Googleタグマネージャーとは

概要

Googleタグマネージャーとは、Webページにタグを追加するためのツールです。このツールを使用することで、Googleアナリティクス、AdWords、DoubleClickなどのタグをWebページに容易に追加できます。また、タグのカスタマイズやトリガー設定によって、特定のユーザーにのみタグを表示させることができます。

タグとトリガーの関係

タグはWebページ上に特定のアクションを実行するために必要なコードを含んでいます。トリガーは、タグが実行されるタイミングを決定するものです。例えば、特定のページが読み込まれた際にタグを実行する、あるいは特定のフォームが送信された際にタグを実行する、といった設定が可能です。タグとトリガーを正しく設定することで、より正確なデータを収集できます。

Googleタグマネージャーの設定方法

GTMアカウントを発行

Googleタグマネージャーの設定には、GTMアカウントの発行が必要です。Googleアカウントを持っている場合は、GTMアカウントを簡単に発行できます。GTMアカウントの発行後、GTMコードをWebページに埋め込むことができます。

GTMコードをページに埋め込み

GTMアカウントの発行後、GTMコードをWebページに埋め込む必要があります。GTMコードをWebページに正しく埋め込むことで、タグの設定や編集が可能になります。GTMコードは、Webページのheadタグ内に貼り付ける必要があります。

タグマネージャーの設定

GTMアカウントを発行し、GTMコードをWebページに埋め込んだら、次にタグマネージャーの設定を行います。タグマネージャーの設定には、タグのカスタマイズやトリガーの設定などが含まれます。これらの設定を正しく行うことで、より正確なデータを収集できます。

Googleタグマネージャーのメリット

無料で使用できる

Googleタグマネージャーは、無料で使用できるタグ管理システムです。そのため、多くの企業や個人事業主がGoogleタグマネージャーを使用しています。また、Googleアカウントがあれば、誰でも簡単に利用できます。

プログラミング知識がなくても使用できる

Googleタグマネージャーを使用するには、プログラミングの知識が必要ありません。タグの設定やトリガーの設定をGUIで行うことができます。これにより、ウェブマーケティングに詳しくない人でも簡単にタグ管理ができます。

利用者が多いためリソースが豊富

Googleタグマネージャーは、世界中で利用者が多いため、多くのリソースが豊富に存在しています。ユーザーコミュニティーやオンラインマニュアル、ウェブサイトなどから、様々な情報を入手することができます。また、GoogleアナリティクスやAdWordsなどのGoogleサービスとも連携が可能です。

Googleタグマネージャーのデメリット

GTM専用のテクニカルサポートがない

Googleタグマネージャーには、専用のテクニカルサポートがありません。しかし、Google AnalyticsやGoogle AdWordsのサポートを通じて、問題を解決することができます。

非対応のタグが存在する

Googleタグマネージャーには、一部の非対応のタグが存在します。そのため、別途カスタムタグを使用する必要があります。また、タグの設定方法についての知識が必要です。

まとめ

Googleタグマネージャーは、無料でプログラミング知識がなくても利用できるタグ管理システムです。利用者が多く、リソースが豊富な一方で、GTM専用のテクニカルサポートがなく、非対応のタグが存在するというデメリットがあります。

よくある質問

Q. Googleタグマネージャーはどのように使われますか?

A. Googleタグマネージャーは、ウェブサイトにタグを設定するためのツールです。ウェブページに設置するタグを管理し、タグの追加や削除を容易に行えます。

Q. Googleタグマネージャーの設定方法は?

A. Googleタグマネージャーを使用するには、GTMアカウントを発行し、GTMコードをウェブページに埋め込む必要があります。その後、タグマネージャー内でタグを設定し、トリガーを設定することができます。

Q. Googleタグマネージャーは無料ですか?

A. はい、Googleタグマネージャーは無料で使用することができます。ただし、タグを使用するために必要なリソース(例えば、Google Analytics)には、料金が発生する場合があります。

CTA画像
ネットショップの集客をまるっとサポートします。SNSや広告、SEOまで、全ての販売チャネルで対応可能です。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

ページトップへ