GTM(Google Tag Manager)の要素の表示トリガーの使い方について解説

GTMの要素の表示トリガーとは

概要

GTMの「要素の表示」トリガーとは、HTMLの要素がブラウザに表示されたときに実行されるトリガーです。HTMLの要素とは、ウェブブラウザが読み込んでいるファイルであるHTMLファイルのソース上において、タグで囲まれた部分のことを指します。例えば、ボタンやリンクなどの要素を指定することで、その要素をクリックしたときにタグが実行されるようになります。

GTMの要素の表示トリガーの設定方法

要素の取得

Google Tag Managerの管理画面にログインします。左側のメニューから「トリガー」を選択します。「新規」をクリックします。トリガーのタイプとして「要素の表示」を選択します。「要素の選択」セクションで、要素のIDまたはCSSセレクタを入力します。「保存」をクリックします。

トリガーの設定

Google Tag Managerの管理画面にログインします。左側のメニューから「トリガー」を選択します。トリガーをクリックします。「トリガーの設定」タブをクリックします。「視認の最小割合」で、要素が画面に何パーセント以上表示されたらトリガーを発動させるかを指定します。「保存」をクリックします。

IDの指定CSS

要素を特定するためにIDを使用する場合、GTMではCSSセレクタを使用してIDを指定します。要素のIDは、HTML要素の”id”属性で指定されます。CSSセレクタを使用してIDを指定する場合は、セレクタの先頭に「#」を付けて指定します。このようにして要素を特定し、表示トリガーを設定することができます。

セレクタの指定

要素を特定する別の方法として、CSSセレクタを使用することもできます。CSSセレクタは要素の属性、クラス、タグ名などを使用して要素を一意に特定するためのパターンです。

まとめ

GTMの要素の表示トリガーは、ウェブサイトの特定の要素が表示された時に、タグを実行させたい場合に使用できます。

よくある質問

Q1:要素の表示トリガーとは?

A1:Google Tag Managerの要素の表示トリガーは、選択した要素がウェブブラウザのビューポートに表示されると発動します。要素を表示させるイベントには、ページの読み込み、ページのスクロール、ブラウザタブのフォアグラウンドへの移動、要素の位置や表示に影響を与える自動タスクなどがあります。

Q2:IDとCSSセレクタの違いは何ですか?

A2:IDは、要素を特定するためのユニークな識別子です。CSSセレクタは、要素のスタイルを指定するための記法です。

Q3:要素の表示トリガーを使用する際の注意点は何ですか?

A3:タグの設定を正しく行ってください。タグの実行タイミングを確認してください。タグの実行が意図しないタイミングで発生した場合は、設定を見直してください。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ