LINE公式アカウントでメッセージを送信する方法とは?効率的な使用方法を紹介

LINE公式アカウントとは

概要

LINE公式アカウントは、LINEユーザーと企業や団体、個人がコミュニケーションを行うためのアカウントです。LINE公式アカウントを利用することで、メッセージの送受信、画像・動画の共有、スタンプや絵文字の送信など、LINEの機能を活用したコミュニケーションが可能となります。また、LINE公式アカウントには、自動応答機能や予約機能、クーポン配布機能などのビジネスに役立つ機能が搭載されており、企業や団体が顧客とのコミュニケーションを効率的に行うことができます。

メッセージの返信方法

自動での返信

LINE公式アカウントは、ユーザーからメッセージを受信した際に、自動的に設定した応答メッセージを送信することができます。応答メッセージは、営業時間外や定型的な質問に対する回答などに利用され、返信するためのスタッフの手間を減らすことができます。応答メッセージは、LINE公式アカウントの管理画面で設定することができます。

手動での返信

LINE公式アカウントの管理画面には、ユーザーからのメッセージを一覧表示する機能があります。この機能を利用することで、スタッフがユーザーからのメッセージに個別に返信することができます。手動での返信は、応答メッセージでは対応できない、複雑な問い合わせやクレームなどに対応する場合に利用されます。

AIによる返信

LINE公式アカウントには、AI(人工知能)による自動返信機能があります。AIを利用することで、自動的に問い合わせ内容に応じた返信を行うことができます。AIによる返信は、ユーザーからのメッセージに対して高速に返信することができ、人手が不足している場合などに効果的です。ただし、AIだけで完結するわけではなく、必要に応じてスタッフが介入して対応することも必要です。

それぞれの返信方法のメリット

自動での返信のメリット

即時返信が可能

応答メッセージを利用することで、ユーザーからの問い合わせや連絡に対して即時に返信することができます。営業時間外やスタッフ不在時にも、自動的に設定した応答メッセージが送信されるため、ユーザーに対する返信の遅れを防ぐことができます。これにより、ユーザーからの信頼や満足度を向上させることができます。

相手の発言内容に沿って、適切な返答を送ることが可能

応答メッセージは、自動的に送信されるため、あらかじめ設定したキーワードに沿って、適切な返答を送信することができます。例えば、商品に関する問い合わせに対しては、商品情報を掲載した応答メッセージを送信することができます。このように、応答メッセージを設定することで、スタッフの手間を減らし、相手に対して適切な返答を送信することができます。

手動での返信のメリット

会話がかみ合わなくなることがない

手動での返信は、スタッフが相手の発言内容に合わせて適切な返答をするため、会話がかみ合わなくなることが少ないです。スタッフが相手の問題や要望を正確に把握し、それに適した対応をすることで、顧客満足度を高めることができます。

カスタマイズ性が高い

手動での返信は、スタッフが個別に対応するため、カスタマイズ性が高いという特徴があります。例えば、相手の発言内容に合わせて、商品やサービスの説明をすることもできます。また、問題が解決できない場合には、スタッフが別の対応策を考えることもできます。

AIによる返信のメリット

即時返信が可能

AIによる返信は、自動化されているため、返信が即座に行われることができます。特に、多数のお問い合わせや相談に対応する場合には、スタッフが迅速に対応することができない場合もありますが、AIによる返信であれば、24時間いつでも即座に返信を行うことができます。

キーワード設定をしなくてよい

AIによる返信は、機械学習などの技術を用いて、自動で返信内容を生成するため、事前にキーワード設定を行う必要がありません。そのため、新しいお問い合わせや相談にも対応することができます。

それぞれの返信方法のデメリット

自動での返信のデメリット

話がかみ合わなくなる恐れがある

応答メッセージはあらかじめ設定したメッセージが自動で送信されるため、相手の発言内容とかみ合わないことがあります。例えば、ユーザーからの問い合わせに対して、応答メッセージが的外れだった場合、ユーザーは不満や不信感を抱く可能性があります。そのため、応答メッセージを設定する際は、できるだけ広範囲な内容に対応できるように工夫する必要があります。

指定したキーワードと完全一致をしなければキーワード返信ができない

応答メッセージは、あらかじめ指定したキーワードに完全一致するメッセージを送信することができます。しかし、ユーザーが指定したキーワードに近い内容を発言した場合、応答メッセージが送信されないことがあります。そのため、応答メッセージを設定する際は、より柔軟にユーザーからの発言内容に対応できるように、複数のキーワードを設定したり、AIによる自動返信機能を併用するなどの工夫が必要です。

手動での返信のデメリット

人力で返信する必要がある

手動での返信は、スタッフが個別に対応する必要があるため、人的リソースが必要となります。特に、大量の問い合わせや連絡があった場合は、スタッフの負担が増加することがあります。そのため、返信の効率化や自動化を図るために、AIによる自動返信機能の導入や、FAQ(よくある質問)の充実などが必要となります。

返信の遅れが生じる可能性がある

手動での返信は、スタッフが返信に時間を要することがあります。そのため、応急性の高い問い合わせに対しては、迅速な対応が必要となります。また、営業時間外や休日など、スタッフが不在の場合は、返信が遅れることがあります。そのため、自動返信機能を導入するなど、返信のスピードアップが必要となります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ