OJT教育で成果を高めるコツとは?

OJT教育とは

実務を通してスキルを身に着ける教育方法

OJT教育は、On the Job Trainingの略で、職場における実務経験を通じて、新しいスキルや知識を身につけるための教育方法の一つです。具体的には、先輩や上司から指導を受けながら、実際の業務に携わり、仕事の流れや作業手順、問題解決の方法などを学びます。OJT教育は、現場での実践的な学習を通じて、スキルや知識を身につけることができるため、企業内での導入が進んでいます。しかし、教育を行う側である先輩や上司の教育力やコミュニケーション力が必要とされるため、効果的なOJT教育を行うためには、教育を受ける側と行う側の双方が協力し、努力することが求められます。

OJT教育のメリット

実践的なスキルや知識が身に付く

OJT教育では、現場での実践的な学習を通じて、スキルや知識を身につけることができます。研修などの理論的な学習とは異なり、実際の業務に携わりながら学ぶことができるため、実践的なスキルや知識をより深く理解することができます。また、業務に慣れることで、仕事の効率化や品質向上につながることが期待されます。

トレーナー側のスキルも向上する

OJT教育を行う上で、トレーナー側のスキルも向上することがあります。先輩や上司が指導することで、自分自身の業務スキルやコミュニケーション能力を向上させることができます。また、指導者としての役割を担うことで、リーダーシップやマネジメントスキルを磨くことができるため、トレーナー側にとっても成長の機会となります。

OJT教育で成果を高めるコツ

OJTとOffJTを組み合わせて実施する

OJT教育は、実践的な学習ができる反面、理論的な知識やスキルが不足することがあります。そのため、OJT教育にOffJT教育(オフ・ジョブ・トレーニング)を組み合わせることで、より効果的な学習が可能となります。OffJT教育には、社内研修や外部のセミナー・講座などがあります。OJTとOffJTをバランスよく組み合わせ、理論的な知識やスキルを補完することで、より効率的にスキルアップができます。

定期的にフィードバックを行う

OJT教育では、実践的な学習を通じてスキルを習得することができますが、自己評価だけでは、スキルアップが見えにくい場合があります。そのため、指導者からのフィードバックを受けることが必要です。フィードバックは、定期的に行うことで、受ける側の成長につながります。また、フィードバックを受ける際には、受ける側がアクションプランを立て、次にどのように取り組むかを考えることが重要です。

ケーススタディを取り入れる

OJT教育で、現場の問題解決や課題解決に直面する場合があります。その際に、ケーススタディを取り入れることで、受ける側の思考力や判断力を高めることができます。ケーススタディを通じて、仮説の立て方や問題解決の手法を学ぶことができるため、実務でのスキルアップにつながります。

まとめ

OJT教育は、実践的なスキルや知識を身に付けることができる、効果的な教育方法です。新入社員の教育や社員の能力開発において、企業側がOJT教育を活用することで、社員のスキルアップや生産性の向上を促進することができます。成果を高めるためには、OJTとOffJTを組み合わせたり、定期的なフィードバックを行ったり、ケーススタディを取り入れたりすることが重要です。OJT教育は、企業の成長や社員の成長に欠かせない教育方法であるため、今後も積極的に取り入れていくことが求められます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ