Web3.0(Web3)とは?初心者にも分かりやすく解説

Web3.0とは何か?

Web3.0は分散型ウェブとも呼ばれ、次世代のインターネットと言われています。Web1.0が静的な情報のウェブであり、Web2.0がよりインタラクティブでソーシャルなコミュニケーションのウェブであったのに対し、Web3.0は信頼と所有権の分散型ウェブを作ることによって、さらにその一歩先を行くものです。

Web◯◯の呼び方について

用語について、「Web」という接頭語は、単純にインターネットやワールドワイドウェブ(WWW)を指します。「Web」の後の数字は、Webの世代や時代を表しています。Web1.0はWebの第一世代を意味し、主に静的な情報を配信することに重点を置いていました。Web2.0はWebの第2世代で、ソーシャル機能やインタラクティブ機能を導入しています。そして、Web3.0は、分散化、信頼、所有に重点を置いたWebの第三世代を指します。

Web1.0とweb2.0との違い

Web3は、現在のWebであるWeb2.0の限界や欠点への対応として登場したものです。ソーシャルメディア、クラウドコンピューティング、モバイルデバイスなどを特徴とするWeb2.0は、多くの利点をもたらしたが、データプライバシー侵害、オンライン検閲、独占などの問題も引き起こしています。一方、Web1.0は、静的なコンテンツと情報検索に主眼を置いたWebの最初のバージョンでした。Web2.0が導入した、ユーザー生成コンテンツ、ソーシャルネットワーキング、マルチメディアといったインタラクティブでダイナミックな機能を欠いていたのです。

Web3.0(Web3)の特徴

ユーザーがデータを所有できる

Web3.0の最も大きなメリットのひとつは、ユーザーが自分のデータを所有し、コントロールできるようになることです。現在、ほとんどのオンラインサービスやプラットフォームは、ユーザーデータを収集し、そのデータの使用方法についてユーザーに十分なコントロールを提供していません。Web3.0は、ブロックチェーン技術を活用し、ユーザーがデータを管理するための安全で透明性の高い方法を提供することで、この状況を変えることを目的としています。Web3.0では、ユーザーは自分のデータにアクセスできる人、データの使用方法、さらにはマネタイズをコントロールすることができます。

セキュリティが改善される

Web3.0のもう一つの重要な特徴は、セキュリティの向上です。Web3.0は分散型であるため、悪意のある者がシステムをハッキングしたり操作したりすることがより困難になります。また、Web3.0のアプリケーションでは、スマートコントラクトと呼ばれる、買い手と売り手の間の契約条件が直接コードに書き込まれた自己実行型の契約が利用されています。これにより、仲介者が不要になり、詐欺や腐敗のリスクを軽減することができます。

グローバル市場が確立される

Web3.0は、場所や経歴に関係なく誰もが参加できるグローバルなマーケットプレイスを確立する可能性を持っています。分散型市場は、仲介者や中央集権的な当局を必要とせず、ピアツーピアの取引を促進することができます。これにより、イノベーションとコラボレーションの新しい機会が開かれ、商品やサービスへのアクセスの民主化に貢献することができます。

Web3.0で活用されているサービスの例

仮想通貨

Web3.0で最も有名なサービスの1つが、仮想通貨です。仮想通貨とは、暗号技術を利用して安全性を確保したデジタル通貨のことで、仲介者を介さずに安全かつ分散化された取引が可能である。仮想通貨の代表例としてはビットコインが有名だが、他にもイーサリアム、ライトコイン、ドージコインなど、近年多くの仮想通貨が登場しています。

NFT

Web3.0では、NFT(non-fungible tokens)というサービスも人気です。NFTは、ブロックチェーン上に保管されるユニークなデジタル資産であり、改ざん防止と検証可能性を備えています。NFTは、デジタルアートや収集品など、分散型市場で売買できるユニークな資産を表すためによく使われます。

メタバース

メタバースもWeb3.0で注目されているサービスです。メタバースは、ブロックチェーン技術で構築された仮想世界で、ユーザー同士がデジタル空間で交流することができる。映画「マトリックス」の仮想現実の世界とよく比較され、私たちの交流のあり方や周囲の世界に革命を起こす可能性を秘めています。

DeFi

DeFi(分散型金融)もWeb3.0で人気を博しているサービスです。DeFiは、ブロックチェーン技術に基づいて構築された一連の金融アプリケーションを指し、仲介者や中央集権的な当局を介さずにピアツーピアの貸し借りや取引を可能にするものです。DeFiアプリケーションは、インターネットに接続できれば誰でもアクセスでき、従来の金融システムでは不可能だった経済的自由を提供します。

DAO

DAO(分散型自律組織)は、Web3.0において普及が進んでいるサービスです。DAOはブロックチェーン技術を利用して運営される組織で、透明性のある分散型の意思決定を可能にします。分散型プロジェクトの管理に使われることが多く、中央の権威を必要とせず、メンバーによって所有・管理することができます。

Web3.0に注意しておきたい点とは

使いにくいサービスが多い

Web3.0サービスの最大の問題点は、特にブロックチェーン技術に精通していない人にとっては、使い方が難しいということです。Web3.0は分散型であるため、サービスを監督・規制する中央機関が存在せず、ユーザーにとって混乱や困難が生じる可能性があります。さらに、一部のWeb3.0サービスのユーザーインターフェースやプロセスは、従来のWebアプリケーションよりも複雑なため、一部のユーザーにとっては利用しにくいものとなっている可能性があります。

詐欺行為が発生している

Web3.0の匿名性と非中央集権性は、詐欺師や不正行為者がフィッシング詐欺、偽のICO、ねずみ講などの不正な活動を行うことを容易にする可能性があります。ユーザーは、Web3.0プロジェクトに投資したり、分散型マーケットプレイスに参加したりする際には、慎重になり、デューディリジェンスを行う必要があります。

法的な整備が追い付いていない

Web3.0サービスには法的規制がないため、ユーザーの保護や不正行為の防止が困難な場合があります。多くの国や規制機関は、Web3.0の急速な発展にまだ追いついておらず、ブロックチェーン技術の利用を取り巻く法的グレーゾーンはまだ多く存在します。ユーザーは、Web3.0サービスの利用に伴う法的リスクと不確実性を認識し、それぞれの法域における新たな展開や規制を常に把握しておく必要があります。

まとめ

全体として、Web3.0は、私たちのインターネットの使い方や付き合い方に大きな変化をもたらしています。イノベーション、コラボレーション、信頼のための新しい機会を提供すると同時に、現在のウェブの課題や問題にも取り組んでいます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/01】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|5選

ページトップへ