【完全保存版】マーケティングオートメーションの達人が明かす!驚異のツール選び成功の秘訣

マーケティングオートメーションの市場規模が拡大している理由

カスタマージャー二-が変化している

マーケティングオートメーションの市場は急速に拡大していますが、この傾向の背景にはいくつかの理由があります。この成長の主な要因の1つは、カスタマージャーニーの性質が変化していることです。このため、より適切で的を絞ったコンテンツを顧客に提供するためのマーケティングオートメーションツールに対する需要が高まっているのです。マーケティングオートメーションツールは、各タッチポイントでパーソナライズされたメッセージやコンテンツを配信することで、企業がこの複雑なカスタマージャーニーをナビゲートするのを支援します。

パーソナライズされた情報提供が求められている

消費者は、さまざまなソースからの情報が氾濫しており、企業に対して、特定のニーズや好みに合った、適切でパーソナライズされたコンテンツを提供することを期待しています。マーケティングオートメーションツールは、デモグラフィック情報、購買履歴、オンライン行動などの顧客データの収集と分析を支援します。これらのデータを活用することで、顧客一人ひとりの好みや関心に合わせたマーケティングキャンペーンを実施することができます。

国内でシェア率が高いマーケティングオートメーションツール

List Finder(リストファインダー)

List Finderは、日本の企業であるECCが開発したマーケティングオートメーションツールです。主にメールマーケティングに使用され、企業は様々なセグメントを使用してターゲットとなるメールキャンペーンを作成することができます。また、List Finderは、ユーザーフレンドリーなインターフェースと豊富なレポート機能で知られています。

Marketo Engage(マルケト エンゲージ)

Marketo Engageは、アドビが開発したマーケティングオートメーションプラットフォームです。日本国内を含め、世界中の企業で利用されています。リードスコアリングやナーチャリングなどの先進的な機能や、他のマーケティングツールやプラットフォームとの連携が可能な点が特徴です。

Pardot(パードット)

PardotPardotは、Salesforceが開発したマーケティングオートメーションプラットフォームです。メールマーケティング、リード管理、分析など、日本でも多くの企業で利用されています。Pardotは、Salesforce CRMなどSalesforceの他のツールとの連携が可能で、使い勝手が良いことで知られています。

まとめ

結論として、マーケティングオートメーションの市場は、パーソナライズされた情報やコンテンツへの要求の高まりや、マーケティング業務の効率化の必要性から、近年急速に拡大しています。デジタルマーケティングの普及、パーソナライズされた顧客体験の要求、マーケティング業務の効率化の必要性などの要因が、この成長を後押ししています。今後も企業のマーケティングオートメーションへの投資は継続されるため、同市場の拡大は続くと考えられます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ