Googleビジネスプロフィール(旧称:Googleマイビジネス)のオーナー確認方法とうまくいかない場合の対処法について解説

Googleビジネスプロフィールのオーナー確認方法

「ビジネスオーナーですか?」をクリック

Googleマップでビジネスを検索します。検索窓に住所、店名、またはキーワードを入力し、ビジネスが表示されたら、ビジネスの情報欄にある「ビジネスオーナーですか?」というリンクをクリックします。

「管理を開始」をクリック

「ビジネスオーナーですか?」のページに移動すると、「このビジネスを所有していますか?」という質問が表示されます。自分がビジネスのオーナーである場合は、「はい」を選択し、「管理を開始」をクリックします。

オーナー確認方法を選択

郵送による確認コードの送付

ビジネスの登録住所に確認コードが郵送されます。確認コードが届くまでに数週間かかる場合があります。郵送された確認コードを入力して、オーナー確認を完了します。

電話による確認コードの送信

ビジネスの登録電話番号に確認コードが送信されます。送信された確認コードを入力して、オーナー確認を完了します。

Googleによる確認

Googleによるオーナー確認は、特定のビジネスに対してのみ提供されます。ビジネスを所有するために必要な権限を証明するための書類の提出が必要です。詳細については、Googleのサポートセンターを確認します。

オーナー確認がうまくいかないケース

ハガキが届かない

オーナー確認コードを郵送で送ってもらう場合、配送に時間がかかる場合があります。また、住所が間違っている場合もあります。その場合は、Googleマイビジネスの管理画面で住所を確認し、修正が必要であれば修正します。

電話がかかってこない

オーナー確認コードを電話で送ってもらう場合、電話番号が間違っているか、ビジネスが定期的に電話を受け取れない場合があります。その場合は、Googleマイビジネスの管理画面で電話番号を確認し、修正が必要であれば修正します。

確認コードが入力できない

オーナー確認コードが正しく入力されていない場合、再度コードを送信する必要があります。また、オーナー確認コードを入力する際には、大文字と小文字を区別して入力する必要があります。

他のユーザーにオーナー確認されていた

ビジネスプロフィールに複数のユーザーがアクセスできる場合、オーナー確認が他のユーザーによって完了している場合があります。その場合は、他のユーザーに連絡して確認コードを取得する必要があります。

オーナー確認で困ったときの解決方法

ヘルプセンターの活用

Googleマイビジネスのヘルプセンターには、ビジネスプロフィールに関する多数の情報が掲載されています。オーナー確認に関する情報も掲載されているため、ヘルプセンターを活用して解決方法を探してみることをおすすめします。

ヘルプコミュニティでスレッドを閲覧もしくは質問する

Googleマイビジネスのヘルプコミュニティでは、他のユーザーと情報交換ができるため、オーナー確認に関する質問を投稿することができます。過去に同じような問題を抱えたユーザーが回答してくれる場合もあるため、活用してみることをおすすめします。

Googleマイビジネスのサポートチームに問い合わせる

Googleマイビジネスのサポートチームに問い合わせることで、オーナー確認に関する問題を解決することができます。問い合わせ方法は、メール、チャット、電話などがあります。解決には時間がかかる場合があるため、問い合わせ前に可能な限り情報をまとめておくことをおすすめします。

Googleビジネスプロフィールの専門業者に相談・依頼する

Googleビジネスプロフィールに関する問題を専門的に扱っている業者が存在します。問題の解決方法を専門家に相談したり、オーナー確認を代行してもらうことも可能です。ただし、費用がかかる場合があるため、事前に確認することをおすすめします。

まとめ

Googleビジネスプロフィールのオーナー確認方法やオーナー確認がうまくいかない場合の対処法についてまとめました。ビジネスプロフィールを所有している場合には、正確な情報提供のためにオーナー確認をしっかり行い、信頼性の高いビジネスプロフィールを作成します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ