ECで活用できる受注管理システムについて解説。導入時に検討しなくてはならないコストから、検討事項まで説明します

受注管理システムとは

概要

受注管理システムは、受注業務に関する情報を管理するためのシステムです。受注情報を一元的に管理し、製品の受注から製造、納品、請求書作成までの流れを一元管理することができます。また、受注情報を共有することで、各部署間の連携を強化し、顧客満足度を高めることができます。

受注管理システムのメリット

受注処理の効率化により工数を削減できる

受注管理システムを使用することで、受注情報を迅速かつ正確に処理することができます。これにより、業務効率を向上させることができます。また、受注情報を共有することで、各部署の連携がスムーズになり、業務効率をより高めることができます。

多様な発注ニーズに対応できる

受注管理システムを使用することで、顧客からの受注に対する対応が迅速かつ正確に行われるようになります。また、受注情報を共有することで、顧客に対するサービス品質を向上させることができます。これにより、顧客満足度を向上させることができます。

受注管理システム導入のコストとリソースについて

ソフトウェア費用

OMSの購入やライセンス取得には多額の費用がかかるため、この費用を予算化することが不可欠です。OMSシステムの中には、クラウドベースで初期費用を抑えられるものもあれば、1回限りのライセンス料や継続的なライセンス料が必要なものもあります。

ハードウェアコスト

OMSを効果的に機能させるためには、サーバー、ストレージデバイス、ネットワーク機器など、追加のハードウェアが必要になる場合があります。このハードウェアのコストは、ビジネスの規模やOMSの要件によって大きく異なる可能性があります。

導入コスト

OMSの導入費用には、データ移行、システム設定、スタッフトレーニングなどの作業が含まれます。導入コストは、システムの複雑さやビジネスの規模によって大きく異なる場合があります。

スタッフ人件費

OMSの運用・保守には熟練したスタッフが必要で、その分スタッフの人件費がかさみます。システムを管理するITスタッフ、お客様をサポートするカスタマーサービススタッフ、注文を処理するオペレーションスタッフなどが含まれます。

継続的なメンテナンスコスト

OMSは、ハードウェアやソフトウェアのアップグレード、バグフィックス、顧客サービスなど、継続的なメンテナンスとサポートが必要です。継続的なメンテナンス費用は、時間の経過とともに増加するため、OMSの予算を立てる際には慎重に検討する必要があります。

統合コスト

OMSを在庫管理、出荷、支払い処理などの他のシステムと統合することも、全体的なコストを増加させる可能性があります。統合には、システムがシームレスに動作するように、追加のソフトウェア、ハードウェア、またはコンサルティング・サービスが必要になる場合があります。

受注管理システムを導入する際の検討事項

既存システムとの統合

OMSを導入する前に、既存のシステムとどのように統合するかを評価することが極めて重要です。これには、OMSが現在のハードウェアとソフトウェアシステムで動作するかどうか、動作しない場合はどのような追加リソースが必要になるかを評価することが含まれます。

スタッフのトレーニング

新しいシステムを使うためにスタッフをトレーニングすることは、時間と費用がかかるものです。したがって、スタッフが新しいシステムを効果的に使用できるように、スタッフのトレーニングを計画し、予算化することが必要不可欠です。

データの移行

既存のデータをどのように新システムに移行するかも検討する必要があります。これには多大なリソースが必要となる可能性があり、データを正確に移行することが極めて重要です。

継続的なメンテナンス

OMSは、継続的なメンテナンスとサポートが必要であり、それには費用がかかります。したがって、システムを維持するための長期的なコストを考慮することが不可欠です。

拡張性

OMSが将来のビジネスニーズに対応できる拡張性を持っているかどうかを検討する必要があります。これには、システムが注文量や在庫量の増加に対応できるかどうか、新しい販売チャネルやマーケットプレイスとの統合が可能かどうかの評価も含まれます。

まとめ

OMSの導入は大きなメリットをもたらしますが、そのためには慎重な計画と予算が必要です。必要なコストとリソースを評価し、適切なシステムを選択することで、企業は受注管理プロセスの合理化と顧客体験の向上に役立つ情報に基づいた決定をすることができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ