効果が出ないリスティング広告の要因とその解決策を解説

効果が出ないリスティング広告の要因一覧

目的が明確になっていない

リスティング広告を出稿する際に、どのような目的をもっているのかが明確でなければなりません。例えば、アクセス数の増加、コンバージョン数の向上、特定の商品やサービスの販売促進など、目的に応じて広告の作成や配信方法は異なってきます。目的が明確でないまま、単純に広告を出稿するだけでは、効果的なリスティング広告が作成できない可能性があります。

キーワードと広告文の検証が不十分

リスティング広告の中心となるのは、キーワードと広告文です。そのため、キーワードと広告文の組み合わせを検証することが非常に重要です。適切なキーワードを選定し、それに応じた広告文を作成することで、クリック率やコンバージョン率の向上が期待できます。しかし、十分な検証が行われず、適切なキーワードと広告文の組み合わせが見つからないまま広告を出稿してしまうと、効果的な広告を作成できない可能性があります。

インプレッションの獲得不足

リスティング広告の表示回数は、インプレッション数によって決まります。しかし、インプレッション数が少ない場合、広告が表示されないため、クリックやコンバージョンも得られず、効果が出ないことがあります。この場合は、キーワードの設定や出稿期間の見直しが必要です。

広告を出稿するデバイスの選定間違い

リスティング広告は、パソコンやスマートフォンなどのデバイスで表示されます。そのため、広告を出稿するデバイスを選択することが必要です。しかし、デバイスによって広告表示の仕組みが異なるため、選択を誤ると、効果が出ないことがあります。例えば、スマートフォンの場合は、広告の表示領域が小さく、クリックしにくいという課題があります。そのため、スマートフォンに対応した広告文やLP(ランディングページ)の作成が必要になります。

広告の配信エリアの選定間違い

リスティング広告の配信エリアを選択することで、ターゲット層に効果的にアプローチできます。しかし、配信エリアを誤った選択をすると、ターゲット層とのマッチングが悪く、クリックやコンバージョンが得られないことがあります。そのため、配信エリアを選択する際には、広告の目的やターゲット層を考慮し、適切なエリアを選択する必要があります。

除外キーワード設定をしていない

リスティング広告では、除外キーワードを設定することで、広告が不適切なキーワードによって表示されることを防ぎます。例えば、ある商品に関連する広告を出稿している場合、競合他社の商品名や不適切なキーワードとして設定することで、広告の精度を向上させることができます。除外キーワード設定が不十分だと、不適切なキーワードで広告が表示されることがあり、クリックしてもコンバージョンが得られないことがあります。

広告表示オプションを設定していない

リスティング広告には、広告を表示する条件を設定することができる広告表示オプションがあります。例えば、配信エリアやデバイス、時間帯などの条件に応じて広告を表示することができます。しかし、広告表示オプションを設定せずに広告を出稿してしまうと、広告がターゲットに表示されないことがあります。広告の表示に必要な条件を確認し、適切に設定することが大切です。

広告文とLPの内容のずれが生じている

リスティング広告の成果を上げるためには、広告文とLPの内容が一致していることが重要です。広告文とLPの内容が異なっていると、ユーザーは混乱し、クリック後にLPを離脱してしまうことがあります。そのため、広告文とLPの内容を一致させ、ユーザーが求める情報を提供することが重要です。

リスティング広告で効果が出ない時の解決策

デバイス別の入札調整機能を利用する

スマートフォンやタブレットなどのデバイスによって、ユーザーの行動や検索傾向が異なることがあります。そのため、デバイス別に入札調整を行うことで、よりターゲットに合った広告配信を実現することができます。

地域ターゲティングを設定する

ターゲット層が特定の地域に偏っている場合、地域ターゲティングを行うことで、効率的な広告配信を実現することができます。例えば、地域性のある商品やサービスの場合は、ターゲット層が集中する地域に配信することで、効果的なリーチを実現することができます。

除外キーワードを設定する

除外キーワードを設定することで、広告表示を希望しないキーワードを指定することができます。除外キーワードを適切に設定することで、無駄なクリックを防ぎ、クリック率を改善することができます。また、除外キーワードを設定することで、ターゲットとしないユーザーにも広告が表示されることを防ぐことができます。

キーワード属性に合わせた広告文を作成する

広告を出稿する際には、キーワードに合わせた広告文を作成することが大切です。キーワードに合わせた広告文を作成することで、クリック率を改善し、CVR(コンバージョン率)の向上につなげることができます。キーワードについて十分に検証し、広告文に反映させることが重要です。

広告文とLPの内容を一致させる

リスティング広告でユーザーにアクセスしてもらいたいLPがある場合、そのLPにつながる広告のキャッチコピーに、そのLPがどのようなコンテンツを提供しているのかを明確に示すことが重要です。例えば、「最新の○○情報が満載!」、「初回利用限定で特別キャンペーン実施中!」といった具合に、LPの内容を明確にアピールするようなキャッチコピーを作成することが大切です。

まとめ

リスティング広告を出稿しても効果が出ない場合、デバイス別の入札調整機能を利用して広告を設定したり、地域ターゲティングを設定したり、除外キーワードを設定したり、キーワード属性に合わせた広告文を作成したり、広告文とLPの内容を一致させるなどの対策を取ることが必要です。また、広告の成果を測定するためには、コンバージョン数、CTR、CVRなどの指標を確認することが必要です。最適なリスティング広告を出稿するためには、常に改善を重ね、効果的な広告戦略を立てることが大切です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 設定・手順 > 【重要情報】Amazonカスタマーレビューの種類と増やす方法|効果的なレビュー戦略を解説

ページトップへ