TVer広告とは?特徴や導入事例について紹介

TVer広告とは

概要

TVer広告は、日本のテレビ局が提供するオンデマンド動画配信サービスで、ドラマや映画、アニメ、スポーツなど多種多様なコンテンツを提供しています。このサービスを利用するユーザーに対して広告を配信することができます。広告は、動画再生前や動画再生中に表示され、ターゲット層に自社の商品やサービスをアピールすることができます。

仕様

TVer広告で配信できる動画の尺は6秒、15秒、30秒、60秒のいずれかとなっており、広告枠は番組の配信前に流れるプレロール、番組の途中にて流れるミッドロール、番組の配信後に配信されるポストロールの3種類があります。また、広告として掲載できる動画のアスペクト比は16:9のみとなっております。

TVer広告のメリット

テレビ局の人気番組に広告が出せる

TVer広告は、日本のテレビ局が提供するオンデマンド動画配信サービスです。そのため、TVer広告を利用することで、テレビ局の人気番組に広告を出すことができます。テレビ番組は多くの人に視聴されるため、多くの人に自社の商品やサービスをアピールすることができます。

他媒体に比べて視聴完了率が高い

TVer広告の仕様として広告のスキップができないことが大きな特徴となっています。60秒の動画広告でも90%以上の完全視聴率と高く、サービス・商品の認知度の向上・想起率のアップに繋がります。

視聴者の属性や興味に合わせたターゲティングが可能

TVer広告は、視聴者の属性や興味に合わせたターゲティングが可能です。年齢、性別、地域、趣味、視聴履歴などを利用して、広告を見るべきターゲット層を絞り込むことができます。このため、広告の配信先が明確になり、広告効果が高くなることが期待できます。

まとめ

TVer広告は、日本テレビ系列の動画配信サービス「TVer」内で配信される広告のことで、ターゲティング広告ができるため、企業にとって有効な広告手段となっています。TVer広告の仕様としては、スポット広告、スポンサードタグ広告、ブランドチャンネル広告などがあります。また、TVer広告のメリットとして、テレビ局の人気番組に広告が出せる、他媒体に比べて視聴完了率が高い、視聴者の属性や興味に合わせたターゲティングが可能であることが挙げられます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ