リスティング広告のキーワード選定・注意点について解説

リスティング広告のキーワードの選び方

ターゲットを明確にする

まず、リスティング広告のキーワードを選ぶ前に、ターゲットを明確にする必要があります。ターゲットが誰であるかによって、選ぶべきキーワードが変わってくるため、まずはターゲット層を明確にします。

軸となるキーワードを洗い出す

次に、ターゲット層に合った軸となるキーワードを洗い出します。軸となるキーワードとは、広告を出す商品やサービスを的確に表現するキーワードのことです。ターゲット層が検索するであろうキーワードを考え、その中から軸となるキーワードを決めます。

掛け合わせるキーワードを洗い出す

最後に、軸となるキーワードに加え、掛け合わせるキーワードを洗い出します。掛け合わせるキーワードとは、軸となるキーワードに付加して使用するキーワードのことです。掛け合わせるキーワードをうまく使うことで、よりターゲット層に近いキーワードを選ぶことができます。

キーワードを分類する

すでに自社の商品やブランドを認知しているユーザー向け(認知顧客)

このカテゴリには、既に自社の商品やブランドを知っているユーザーが含まれます。この場合、具体的な商品名やブランド名など、より詳細なキーワードを使用することが効果的です。また、競合他社との差別化を図るため、自社の特徴を表現するキーワードも活用するようにします。

自社の商品やブランドなどの個別具体的な名称は知らないユーザー向け(見込み顧客)

このカテゴリには、自社の商品やブランド名は知らないが、その分野に興味を持っているユーザーが含まれます。この場合、分野に関連した一般的なキーワードや、競合他社との比較キーワードなどを使用することが効果的です。また、商品の特徴やメリットを表現するキーワードも活用することが大事です。

自社の商品・ブランドなどを知らず、商品に対するニーズを自覚していないユーザー向け(潜在顧客)

このカテゴリには、自社の商品やブランド名を知らず、商品に対するニーズを自覚していないユーザーが含まれます。この場合、商品に対する一般的なニーズを表現するキーワードや、競合他社との比較キーワードなどを使用することが効果的です。また、情報を提供するコンテンツに関連したキーワードも活用します。

キーワードのマッチタイプを決める

完全一致

完全一致とは、指定されたキーワードがそのまま一致する場合に広告が表示されるタイプです。このマッチタイプは、広告表示の精度が高くなりますが、流入量が少なくなる傾向があります。

フレーズ一致

フレーズ一致とは、指定されたキーワードが、そのままの順序で含まれている場合に広告が表示されるタイプです。このマッチタイプは、完全一致に比べて流入量は多くなりますが、一部関連性の低いキーワードによって広告が表示されることがあります。

部分一致

部分一致とは、指定されたキーワードが一部含まれている場合に広告が表示されるタイプです。このマッチタイプは、流入量が最も多くなりますが、一部関連性の低いキーワードによって広告が表示されることがあります。

キーワード選びにおける注意点

入札単価や競合度合いをチェックしておく

キーワードを選ぶ際には、そのキーワードの入札単価や競合度合いをチェックしておくことが重要です。入札単価が高く、競合が激しいキーワードほど、広告表示のコストがかかってしまいます。

違和感のあるキーワードは除外する

キーワードを選ぶ際には、違和感のあるキーワードは除外するようにします。広告のクリック数を増やすために、関連性のないキーワードを含めると、ユーザーに誤解を与えてしまうことがあります。

まとめ

キーワード選びにおいて、ターゲットを明確にし、軸となるキーワードを洗い出し、マッチタイプを決めることが重要です。また、適切な入札単価と競合度合いのチェック、関連性のあるキーワード選びも忘れずに行います。

よくある質問

Q:広告のクリック数が増えないのですが、どうすればよいですか?

A:キーワードの選び方を見直し、ターゲット層に合ったキーワードを選びましょう。また、広告文やランディングページの改善も検討してみてください。

Q:キーワードのマッチタイプはどう設定すればよいですか?

A:ターゲットとなるユーザー層に合わせて適切なマッチタイプを設定することが重要です。また、広告の目的に応じてマッチタイプを使い分けることも効果的です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ