【Amazon】スポンサープロダクト広告のターゲティング解説

Amazonスポンサープロダクト広告の大枠のターゲティングは2種類

KWターゲティング

KWターゲティングは、キーワードを使って広告を表示するターゲティング方法です。広告主は、商品に関連するキーワードを設定し、そのキーワードを検索したユーザーに広告を表示することができます。例えば、「スポーツシューズ」のようなキーワードを設定した場合、そのキーワードで検索したユーザーにスポーツシューズの広告が表示されます。この方法は、商品の需要が高いキーワードを使って広告を表示するため、効果的な広告配信が期待できます。

商品ターゲティング

商品ターゲティングは、商品に関連するカテゴリやブランド、ASIN(AmazonStandardIdentificationNumber)などを使って広告を表示するターゲティング方法です。広告主は、自社の商品に関連するカテゴリやブランド、あるいは同様の商品のASINを設定し、その商品に関心のあるユーザーに広告を表示することができます。例えば、スポーツシューズの商品ページに関連する広告を表示する場合は、その商品のカテゴリやブランドを設定します。商品ターゲティングは、広告の効果を高めるために重要なターゲティング方法です。

Amazonスポンサープロダクト広告のその他のターゲティング

オートターゲティング

オートターゲティングは、商品ページの情報を自動的に解析して、関連するキーワードや商品カテゴリを特定して広告を表示するターゲティング方法です。広告主は、商品情報を入力するだけで、自動的にターゲットを設定できるため、手間が省けます。しかし、商品情報が不十分な場合や、不適切なターゲットが選択される可能性もあります。そのため、広告主は広告の成果を定期的に確認し、必要に応じて設定の見直しを行う必要があります。

カテゴリターゲティング

カテゴリターゲティングは、商品のカテゴリを設定して広告を表示するターゲティング方法です。広告主は、商品のカテゴリを選択し、そのカテゴリに関心のあるユーザーに広告を表示することができます。例えば、スポーツシューズのカテゴリに広告を表示する場合は、そのカテゴリを設定します。カテゴリターゲティングは、広告のターゲットを特定するために重要な方法です。

Amazon出品時のターゲティング設計

初期設定ではオートターゲティングが推奨

Amazon出品時のターゲティング設計では、まず初期設定ではオートターゲティングが推奨されます。オートターゲティングは、自動的に商品に関連するキーワードを選択するため、手間が省けます。しかし、広告効果を上げるためには、キーワードやカテゴリを適切に設定することが重要です。

ビッグキーワードへの入稿

ビッグキーワードへの入稿も重要なターゲティング設計の一つです。ビッグキーワードとは、商品に関連する大きな需要があるキーワードのことです。広告主は、ビッグキーワードに対して、効果的な広告を出稿することで、広告効果を最大化することができます。

Amazon目的別ターゲティング設計

競合流出を防ぐ

競合流出を防ぐためには、広告を表示するキーワードやカテゴリを競合他社とは異なるものに設定することが重要です。また、広告の掲載位置も競合他社と重ならないようにすることが望ましいです。

カテゴリ上位を目指す

Amazonのスポンサープロダクト広告でカテゴリ上位を目指すためには、まずカテゴリターゲティングを利用することが重要です。このターゲティングでは、あなたの商品が表示されるべきカテゴリを選択します。さらに、関連キーワードを選定し、商品タイトルや説明文などに織り込むことも必要です。また、競合商品との差別化を図り、クオリティの高い商品ページを作成することが重要です。

その他のスポンサー広告との併用

Amazonスポンサープロダクト広告を利用するだけでなく、他のスポンサー広告と併用することも考えましょう。例えば、GoogleAdsやFacebookAdsなどでターゲティングした顧客に対して、Amazonスポンサープロダクト広告で再ターゲティングを行うことで、より効果的な広告運用が可能です。また、LINEAdsやTwitterAds、YouTubeAdsなどのプラットフォームでも、Amazonと連携して広告運用を行うことができます。

まとめ

Amazonスポンサープロダクト広告では、KWターゲティング、商品ターゲティング、オートターゲティング、カテゴリターゲティングなど、様々なターゲティング手法があります。また、目的別に広告運用を行い、カテゴリ上位を目指したり、他のスポンサー広告と併用したりすることで、より効果的な広告運用が可能です。広告運用を行う際には、商品ページのクオリティや競合商品との差別化にも注意しましょう。

よくある質問

Q:Amazonスポンサープロダクト広告を利用するには、どのような条件が必要ですか?

A:Amazonスポンサープロダクト広告を利用するには、Amazonセラーアカウントが必要です。また、広告出稿には一定の費用が必要となります。

Q:ターゲティングは何種類ありますか?

A:Amazonスポンサープロダクト広告では、KWターゲティング、商品ターゲティング、オートターゲティング、カテゴリターゲティングの4種類のターゲティングがあります。

Q:オートターゲティングとは何ですか?

A:オートターゲティングは、Amazonが自動的に商品ページのコンテンツを分析して、関連するキーワードを選定する広告ターゲティングのことです。

Q:スポンサープロダクト広告の効果を最大化するためには、どのような工夫が必要ですか?

A:商品の特徴を明確に伝える商品説明文を作成することや、ターゲティング設定を綿密に行うこと、キャッチーなタイトルや画像を作成することが重要です。

Q:スポンサープロダクト広告を利用したことがないのですが、初心者でも使いやすいですか?

A:はい、初心者でも比較的簡単に利用することができます。ただし、広告の設定や出稿には一定の知識や経験が必要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 設定・手順 > 【重要情報】Amazonカスタマーレビューの種類と増やす方法|効果的なレビュー戦略を解説

ページトップへ