【読むだけ簡単】インタビュー動画の作り方まとめ!企画・構図・撮影・編集のコツも解説します!

インタビュー動画はどのような場面で作成される?

インタビュー動画は、企業が自社のビジョンや価値観を伝えたり、製品やサービスを紹介する際に重要な役割を果たします。また、イベントやセミナーのハイライト、成功事例の共有、専門家やクライアントの意見の掘り下げなど、様々なコンテキストで制作されます。人物のリアルな表情や言葉を通じて、感情移入しやすく信頼性のあるメッセージを視聴者に届けることができ、視聴者とのコミュニケーションを深める手段となります。

インタビュー動画を作成する3つのメリット

今回紹介するメリットは以下の3つになります。

  • 人物の魅力を伝えることができる
  • 専門知識の共有
  • コンテンツのバラエティ

それぞれについて詳しく説明していきます。

人物の魅力を伝えることができる

インタビュー動画は人物の表情や言葉を通じて、個性や魅力をリアルに伝えます。表情や言葉から個性が感じられ、生の声や感情が視聴者に訴えかけます。これにより、単なる情報伝達だけでなく、人としての魅力や共感を引き出し、視聴者との結びつきを深めることが可能です。視聴者は感情移入しやすく、人間味あふれるコミュニケーションが生まれます。

専門知識の共有

専門家や経験者のインタビューは、その分野の専門知識を分かりやすく共有する手段となります。彼らが自身の分野における洞察や経験を語ることで、視聴者に専門的な知識が伝わります。具体例や実践的な情報を提供することで、複雑なトピックも理解しやすくなります。専門知識の共有は視聴者に価値を提供し、信頼性の高い情報を伝える手段となります。複雑なテーマもわかりやすく伝えられ、視聴者は深い理解を得られます。

コンテンツのバラエティ

インタビュー動画は企業プロモーション、教育、エンターテイメントなど異なるコンテキストで利用され、異なる視点やストーリーが視聴者に提供されます。これにより、単調な情報伝達を超え、視聴者は様々なトピックに触れ、新たな興味を見つけることができます。バラエティ豊かなインタビューコンテンツは、視聴者に楽しさや学びの機会を提供し、コンテンツの幅広い需要に応えます。異なる人物やテーマのインタビューを通じて、コンテンツのバラエティが生まれます。

インタビュー動画を作成する3つのデメリット

今回紹介するデメリットは以下の3つになります。

  • 編集に時間がかかる
  • 被写体の不安や緊張
  • 質問や構成の工夫が必要

それぞれについて詳しく説明していきます。

編集に時間がかかる

インタビュー動画の制作では、編集作業に十分な時間がかかります。適切なシーンの選定やカット、BGMの調整など、細部にわたる作業が必要です。編集の手間を省くためにも、クリエイターは効率的な編集スキルを要します。

被写体の不安や緊張

インタビュー被写体はカメラの前で話すことに不安や緊張を感じることがあります。これが映像に影響を与え、自然な表現が難しくなることがあります。ディレクターやカメラマンは被写体とのコミュニケーションやリラックスさせる手法を工夫する必要があります。

質問や構成の工夫が必要

良質なインタビュー動画を作成するには、質問の選定や構成に工夫が必要です。事前の下調べが不十分だと重要な情報が抜ける可能性があり、臨機応変な質問スキルが求められます。また、被写体との信頼関係を築くことで、より深い話を引き出すことができます。

インタビュー動画の作成方法

企画

インタビュー動画の企画には以下のステップが含まれます。

1.目的の明確化

企画の初めには、インタビュー動画の具体的な目的を明確にします。例えば、製品の紹介、専門家の意見の共有、成功事例のプレゼンテーションなど。

2.対象者の選定

インタビュー対象者を選定します。対象者は目的に合った人物であり、視聴者にとって興味深い話を持つことが重要です。

3.テーマと質問の構築

インタビューのテーマを決定し、質問リストを作成します。質問は対象者の専門知識や経験に焦点を当て、視聴者に有益な情報を提供するように工夫します。

4.ロケーションと環境の検討

インタビューが行われる場所や環境を検討します。背景や照明、音響などが動画の品質に影響を与えるため、注意が必要です。

5.撮影日程の設定

インタビュー対象者との都合を考慮して、撮影日程を設定します。被写体との相互の理解を深め、スムーズな撮影を実現します。

6.機材とスタッフの手配

カメラ、マイク、照明などの必要な機材を手配し、必要に応じてスタッフを配置します。プロフェッショナルな機材とスタッフは高品質な動画制作に貢献します。

7.編集と公開

撮影が終了したら、映像を編集し、必要に応じてエフェクトやBGMを追加します。最終的な動画を公開プラットフォームにアップロードし、視聴者と共有します。

構図と撮影

インタビュー動画の構図と撮影について詳しく説明します。

1.構図の考慮

インタビュー動画では被写体の表情やジェスチャーが重要です。適切な構図を確保するためには、被写体の顔や手が鮮明に映るように心掛けます。また、背景や被写体との距離も視聴者に適切な印象を与えるために重要です。

2.アングルの選定

被写体の顔や表情を引き立てるために、一般的には目線よりやや下からのアングルが良いとされます。ただし、状況やコンセプトによっては特定のアングルを選ぶこともあります。

3.照明の配慮

適切な照明は良い映像の鍵です。自然光や照明機材を使用して、被写体が均一に照らされ、影が適切な位置にあるように調整します。

4.背景の選定

背景はインタビューの雰囲気やコンセプトに合わせて選定します。無駄な要素がなく、被写体を引き立てるような背景を心掛けます。背景が混雑している場合は、被写体を際立たせる方法を検討します。

5.被写体とのコミュニケーション

インタビュアーは被写体との良好なコミュニケーションを築きます。リラックスした雰囲気での撮影は、被写体の自然な表現を引き出すのに役立ちます。

6.マイクの適切な配置

マイクの配置は良好な音声のために重要です。被写体の声をクリアに収録するために、適切なマイクの位置を確保します。

これらの要素を考慮し、被写体の魅力を引き立てるインタビュー動画を制作します。

編集

インタビュー動画の編集について詳しく説明します。

1.素材の整理

撮影した映像や音声を整理し、必要なシーンやテイクを選定します。不要な部分やミスショットを取り除きます。

2.基本編集

インタビューの基本的な構成を編集します。冒頭やエンディングの追加、テーマごとにカット割りなどを行います。

3.BGMとエフェクトの追加

 雰囲気やコンセプトに合ったBGMを追加し、必要に応じてエフェクトを使って映像を彩ります。ただし、BGMが被写体の声を遮らないよう注意が必要です。

4.トランジションとテキストの追加

シーンの切り替えをスムーズに行うためにトランジションを利用し、テキストを追加して重要な情報を強調します。質問やトピックごとにテキストを表示させることもあります。

5.色調補正と調整

映像の色味や明るさ、コントラストなどを調整し、統一感のある映像に仕上げます。特に複数のカメラで撮影された場合は、色調の統一が重要です。

6.カットのタイミングとリズム

インタビューのリズムやテンポを整えるために、カットのタイミングや編集の流れに気を付けます。無駄な間や長すぎるシーンを避け、見やすい動画を目指します。

7.最終確認と公開

編集が終わったら最終確認を行い、必要に応じて微調整を行います。その後、動画を公開プラットフォームにアップロードして視聴者と共有します。

これらのステップを踏んで、インタビュー動画をクオリティの高いものに仕上げます。

インタビュー動画を作成する際のコツ

リラックスさせる

インタビュー対象者をリラックスさせ、自然な表現を引き出すために、フレンドリーで心地よい雰囲気を作りましょう。笑顔や軽い談笑で緊張を和らげましょう。

質問の工夫

質問は事前に工夫し、被写体が深い思考を促すようにします。オープンエンドの質問や具体的な体験に関する質問を通じて、興味深い答えを引き出します。

編集のバランス

編集は映像を洗練させる一方で、自然な流れを損なわないように注意が必要です。トランジションやエフェクトを適切に利用し、バランスのとれた編集を心がけましょう。

インタビュー動画を作成する際の注意点

音声のクオリティ

クリアで明瞭な音声は重要です。外部ノイズを抑え、良好な音声クオリティを保つために、適切なマイクの使用や静かな撮影環境の確保が必要です。

視聴者に価値を提供

インタビュー動画は視聴者に価値を提供することが重要です。情報や感動、知識などを伝え、視聴者が得るものを意識して制作しましょう。

まとめ

インタビュー動画は、情報伝達や信頼性向上に効果的な手法です。その効果を最大限に引き出すためには、制作に関するノウハウを熟知し、慎重に計画的に進めることが重要です。リラックスした雰囲気作り、工夫された質問、バランスの取れた編集が成功の鍵です。音声のクオリティや視聴者への価値提供にも配慮しましょう。

よくある質問

Q:インタビュー動画の撮影に必要な機材は何ですか?

A:カメラは高解像度で良質な映像を撮影できるビデオカメラや一眼レフカメラ、マイクはクリアでノイズの少ない音声を得るために、外部マイクやラベリアマイクが重要です。均一な照明が重要であり、自然光や専用の照明機材や、カメラやマイクを安定して配置するための三脚が必要です。

Q:インタビュー動画の編集にはどのソフトウェアがおすすめですか?

A:映像編集に幅広く使用され、豊富な機能とプロフェッショナルな編集ツールを提供している「Adobe Premiere Pro」macOSユーザー向けに優れた映像編集機能を提供するプロフェッショナルなソフトウェアである「Final Cut Pro」無料で利用できる高機能なソフトウェアで、色補正やオンライン編集にも対応している「DaVinci Resolve」がおすすめです。

Q:被写体をリラックスさせる方法はありますか?

A:カメラやスタッフとのコミュニケーションを通じてリラックスした雰囲気を作り、インタビューを簡単な質問から始め、被写体が徐々に慣れるようにします。笑顔で接し、ポジティブな言葉や褒め言葉を使って被写体を励ましましょう。

Q:インタビュー動画の配信先はどこがオススメですか?

A:YouTube: 幅広い視聴者層にアクセスできるプラットフォームで、無料で利用できる「Youtube」Vimeo: 高品質な動画の共有に適しており、クリエイター向けの機能が充実している「Vimeo」特定の視聴者層に向けて動画を制作したい場合は、自社のウェブサイトや社内ネットワークを活用することも考えましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/16】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ