【出品者必見】Amazon Vineでのレビュー施策について解説

Amazon Vineとは

Amazon Vineは、Amazonが最も信頼できると認めたレビュアーを招待し、新商品に対する意見を投稿してもらうプログラムです。このプログラムにより、購入者は新商品に関する豊富な情報を得て、購買意思決定を行うことができます。Amazonは、ユーザーが購入した商品に対するレビューを分析し、選定された信頼性の高い購入者をAmazon Vineのメンバー(Vineメンバー)に招待します。

Amazon Vineメンバーは、出品者が提供した商品を無料で受け取り、その商品についての詳細なレビューを投稿する役割を果たします。出品者は自社商品の認知度向上や在庫回転率の向上、新規ASINの売り上げ促進などを期待することができます。特に、新商品に関するVineメンバーのレビューは、購入者にとって十分な情報を提供し、商品に対する信頼性を高める一助となります。

Amazon Vineに参加することで、出品者は市場での競争力を高め、商品のブランドイメージを向上させることが可能です。また、Vineメンバーとして選ばれることは、そのレビュアーにとっても一定の評価を示すものであり、商品レビューの信頼性向上に寄与します。総じて、Amazon Vineは出品者と消費者の双方にとって利益を生む仕組みとなっています。

Amazon Vineへの参加条件

大口出品の販売パートナーである

Amazon Vineへの参加には、まず大口出品の販売パートナーであることが必須条件です。これは、多くの商品を扱い、大口の販売実績を有することを指します。大口の取引実績があることは、信頼性と安定性を示す要素であり、Amazon Vineは品質の高い商品を提供することを重視しています。

大口の販売実績があることで、取引の信頼性や商品の需要に対する対応能力が高まります。これにより、Amazon Vineプログラムを通じて提供される商品も一定の需要に応えることが期待されます。つまり、大口出品の販売パートナーであることは、Amazon Vineが顧客に対して品質保証を提供し、効果的な商品配信を可能にするための重要な条件となっています。

ブランド所有者として認識されている

Amazon Vineへの参加には、ブランド所有者として認識されていることが求められます。これは、特定のブランドの正規販売者であることを明確に示す必要があります。ブランド所有者として認識されることは、商品の信頼性と品質の確保に寄与します。

正規なブランド所有者として認識されることで、顧客は購買時に信頼感を抱きやすくなります。また、ブランド所有者としての認識は、商品の偽造や不正な販売から保護される一環として機能します。これにより、Amazon Vineプログラムは品質の高い商品を提供し、ブランドとの信頼関係を築くことが期待されます。

ブランド所有者としての認識は、Amazonがマーケットプレイス上で正規なビジネスとして認知するための手段であり、これによって販売者は安定的かつ信頼性の高い取引環境を構築できます。したがって、Amazon Vineへの参加を希望する販売者にとって、ブランド所有者としての明確な認識は重要な要件となっています。

対象となるFBA出品商品がある

Amazon Vineへの参加には、最後になりますが、対象となるFBA(Fulfillment by Amazon)出品商品が存在することが必須条件です。これは、Amazonが商品の保管、梱包、発送を担当するFBAプログラムに商品を登録していることを示します。

FBAプログラムに商品を登録することで、販売者は効率的かつスムーズな物流サービスを利用できます。商品の在庫管理や発送業務をAmazonが担当することで、販売者はより焦点を当ててビジネスの拡大や商品の品質向上に注力できます。

Amazon Vineでは、品質の高い商品を提供することが重視されています。そのため、FBAプログラムに商品を登録していることは、迅速で信頼性の高いサービスを提供できると同時に、Amazon Vineにおいて優れた取引環境を築くための一環となります。この条件を満たすことで、販売者はAmazon Vineプログラムを通じて自身の商品をより多くのユーザーに紹介でき、新たな顧客基盤の構築が期待されます。

登録する商品について、Amazon Brand Registryで承認されたブランド代表者である

Amazon Vineへの参加には、登録する商品に関してAmazon Brand Registryで承認されたブランド代表者であることが必須条件とされています。これは、特定のブランドの正規な代表者であり、Amazon Brand Registryに登録されていることを示すものです。ブランド代表者であることが確認されると、商品の知的財産権が効果的に保護され、商品の信頼性が向上します。

Amazon Brand Registryへの登録により、ブランドは独自の特許や商標などの知的財産権を守る手段を得ることができます。これは不正な販売や模倣商品からの保護を強化し、消費者には本物の製品を提供することが期待されます。

Amazon Vineは品質の高い商品をユーザーに提供することを目指しており、ブランド代表者としての認識はその一環です。この条件を満たすことで、Amazon Vineを通じて商品を紹介する際に、ブランドの信頼性と品質が確立され、顧客満足度の向上に寄与します。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazon Vineでの注意事項

登録できる対象商品がFBA出品のみである

Amazon Vineにおいて、登録可能な対象商品はFBA(Fulfillment by Amazon)出品の商品のみとなっています。この制約は、Vineメンバー(レビュワー)の匿名性保護の観点から設けられています。FBA出品により、商品の保管や発送などがAmazonによって管理され、Vineプログラム内でのトランザクションが効果的に実現されるからです。

FBA出品による一貫性と信頼性が、Vineプログラムに参加する上で重要な要素となっています。Vineメンバーが商品をレビューする際、FBAによる出品は商品の迅速な発送や信頼性の向上に寄与します。また、商品の発送とレビューの過程でメンバーの匿名性が守られるため、公正で透明性の高い評価が促進されます。

この制限は、品質の高い商品提供とプログラム全体の信頼性を確保するために設けられており、Vineプログラム参加者がより効果的かつスムーズに商品を提供できる環境を提供しています。

商品数によって手数料が変わる

Amazon Vineの登録手数料は、登録する商品の数によって変動します。手数料は親ASINごとに計算され、商品の最初のAmazon Vineレビューが公開された日から7日後に請求され、支払われます。具体的な手数料は以下の通りです。

1-2点の場合は手数料は0円となります。これは、商品数が比較的少ない場合でも登録手続きを行う際に追加の費用がかからないことを示しています。

3-10点までの場合は手数料が10,000円となります。一定の商品数範囲において一律の手数料が適用され、登録する商品の数が増えるにつれて手数料も増加します。

11-30点までの場合は手数料が22,000円となります。商品数が一層増える場合には、手数料が一段と上昇しますが、これによって多数の商品を登録する場合にかかる費用が透明化されています。

これらの手数料体系は、Amazon Vineプログラムへの登録を希望する販売者にとって透明かつ予測可能な形で、商品数に基づいて費用が発生する仕組みを提供しています。

参加対象となる商品にも基準がある

Amazon Vineプログラムへの参加には、厳格な基準が設けられています。まず最初に、対象となる商品は、販売パートナーがAmazon Brand Registryに登録された商品に紐づけられている必要があります。この条件は、正規なブランド代表者であることを確認し、ブランドの知的財産権を守り、商品の正当性を保障するための重要な要素です。

ただし、一部の商品は対象外とされています。アダルト商品やデジタル商品、そして重量やかさばりがある商品はAmazon Vineの対象外です。これらの制約は、プログラムにおける取引の効率性やユーザーエクスペリエンスを向上させるためのものです。

さらに、Amazon Vineの対象となる商品にはいくつかの条件があります。対象商品は在庫のあるFBA(Fulfillment by Amazon)出品商品である必要があり、商品詳細ページに既に公開されているレビューが30件未満である必要があります。商品には画像、説明、商品名が登録され、ブラウズノードで適切に分類されている必要があります。これらの条件を満たすことで、Amazon Vineプログラムへの参加が可能となり、品質の高い商品提供とプログラム全体の信頼性が確保されます。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazon Vineでのレビュー施策についてのまとめ

Amazon Vineは、商品の品質向上と新商品の広告促進を目的としたレビュー施策です。このプログラムでは、信頼性の高いVineメンバーに対して商品を提供し、その代わりに公正かつ客観的なレビューを得ます。参加商品はFBA出品に限られ、手数料は登録商品数に応じて変動します。登録対象商品はAmazon Brand Registryに登録されており、ブランドの正規代表者であることが条件です。ただし、アダルト商品やデジタル商品、かさばる商品は対象外で、該当商品はFBA出品で既存のレビューが30件未満である必要があります。これにより、Amazon Vineは品質保証と信頼性のあるレビュー提供を通じて、ブランドの正当性を確立し、ユーザーとの信頼関係を構築する役割を果たしています。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazon Vineでのレビュー施策についてのよくある質問

Q1:Amazon Vineとは何ですか?

A1:Amazon Vineとは、AmazonがAmazon Vineに参加するよう招待したAmazonのレビュアーに、Amazonの出品者が商品を提供してカスタマーレビューを投稿してもらうプログラムのことです。Vineメンバーは、Amazonで購入した商品について、洞察力のあるレビューを投稿できるかどうかという視点で選ばれています。このプログラムの詳細については、セラーセントラルの「広告」からAmazon Vineをご覧ください。

Q2:Amazon Vineの仕組みを教えてください

A2:参加資格を満たしている出品者は、セラーセントラルの広告からAmazon Vine プログラムの対象商品にアクセスできます。出品者は、対象となる商品の出品情報を登録して、Vineメンバーがリクエストできる状態にすることができます。登録の際に、出品者は、商品ファミリー全体を登録するのか、それともバリエーションの一部のみを登録するのかをその都度選択できます。レビュアー(Vineメンバー)は登録された商品をすぐにリクエストし、商品を受け取った後にレビューを投稿することができます。

Q3:Amazon Vineへの参加資格にはどのような基準がありますか?

A3:この機能は、Amazonブランド登録によってブランド所有者として認められた大口出品者のみが利用できます。

Q4:Amazon Vineに登録できる対象商品がFBA出品のみなのはなぜですか?

A4:Amazonでは、Vineメンバーの匿名性を保護するよう取り組んでおり、いずれの出品者とも連絡先情報を共有することはありません。Vineメンバーの情報を開示することがないよう、FBAを通してリクエストされた商品をVineメンバーに出荷する必要があります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ