【意外と危険かも?】これで大丈夫!知らないと陥りがちなWeb著作権~写真編~

Web著作権とは

Web著作権は、ウェブ上でのコンテンツに対する法的権利を指します。文章、画像、音楽などの作品は、作者によって著作権が保護され、その権利を侵害する無断利用は違法です。ウェブ著作権は、クリエイターの権利保護や適正な利用を確保し、インターネット上での情報共有と創造活動の健全な発展を促進する重要な法的枠組みです。

Web著作権の種類 ~写真編~

今回紹介するWeb著作権の種類は5つです。

以下でそれぞれについて詳しく説明していきます。

著作権のある写真 (All Rights Reserved)

“All Rights Reserved”(全著作権所有)とされる写真は、作者が著作権を完全に所有しています。これは、無断での複製、配信、変更、公開などが法的に禁止されている写真です。この写真を使用するには、著作権者からの許可またはライセンスが必要であり、商業利用や再配布には特に厳格な制約が適用されます。

クリエイティブ・コモンズ (Creative Commons) ライセンス

クリエイティブ・コモンズ(Creative Commons)ライセンスは、著作者が著作物に対して特定の条件で他者に使用許諾する仕組みです。異なるバージョンや条件が存在し、基本的な要素には「表示(BY)」「非営利(NC)」「継承(SA)」「改変(ND)」などがあります。クリエイティブ・コモンズの目的は、著作物の利用を促進し、共有を容易にすることで、創造的な文化の構築を支援することです。

パブリックドメイン

パブリックドメインとは、著作物が著作権の制約を持たず、誰でも自由に利用できる状態を指します。これは著作権が期限切れになったか、著作権者が明示的に権利を放棄した場合に該当します。パブリックドメインの作品は法的な制約がないため、利用者は自由に複製、配布、改変、商業利用などが可能です。これにより、文化や知識の自由な共有が促進され、公共の利益に寄与します。

ストック写真サイトの利用規約

ストック写真サイトの利用規約は、利用者がサイト上で提供されている写真や画像を使用する際のルールや条件を定めています。一般的に以下のポイントが含まれます。

使用条件

写真の使用に関する具体的な条件や制約が記載されています。商業利用や非営利利用、改変の可否などが明示されます。

クレジット

写真を使用する際に、著作者への適切なクレジットが必要かどうかが規定されています。

ライセンスの種類

提供されている写真のライセンスに関する情報が含まれています。クリエイティブ・コモンズ(CC)ライセンスなど、特定の利用条件がある場合があります。

禁止事項

特定の使用や行動が禁止されている場合、その詳細が明記されています。例えば、不正利用や違法な目的での使用が禁止されることがあります。

著作権の保護

サイトや提供元が著作権を保護するための手段や措置についての規定が含まれています。

利用者はこれらの利用規約を十分に理解し、守ることが期待されます。これにより、クリエイターと利用者の間で適切な利用が確保され、法的なトラブルを防ぐことができます。

フェアユース

フェアユースは、著作物を一定の条件下で合理的に使用することを認める著作権の原則です。これは主にアメリカ合衆国の法体系において適用され、法的な使用の範疇を広げることを意味します。フェアユースの条件には以下のような要素が含まれます。

目的

使用が批評、報道、教育、研究、パロディなどの目的である場合、フェアユースの可能性が高まります。

使用の性質

どのように使用されるかが評価されます。非営利的な性質や創造的な使用が重視されます。

使用される著作物の量

使用される著作物の量が合理的であるかどうかが考慮されます。大量のコピーが不正利用と見なされることがあります。

市場への影響

使用が元の作品の市場価値に与える影響が評価されます。元の作品の市場価値を損なわないようにすることが重要です。

フェアユースは文脈によって異なり、具体的なケースごとに判断されます。他の国々でも同様の原則が存在する場合がありますが、法的な基準や適用範囲は異なることに留意する必要があります。

Webサイト作成時のWeb著作権の注意点7選~写真編~

今回紹介するWeb著作権の注意点は7つです。

以下の表でそれぞれについて詳しく説明していきます。

コンテンツの著作権確認

コンテンツの著作権確認は重要です。ウェブ上のコンテンツ、特に写真などは著作権の対象となります。利用する前に以下の点を確認しましょう。

オリジナル作品か確認利用するコンテンツがオリジナルであり、他の著作物を無断で含んでいないかを確認します。
著作権の状態コンテンツが「All Rights Reserved(全著作権所有)」とされていないか確認します。それとも特定のライセンスが適用されているかを知ることが重要です。
著作権者の特定コンテンツの著作者が誰かを特定し、連絡先やライセンス情報が提供されているか確認します。
ライセンス条件の理解クリエイティブ・コモンズやその他のライセンスが適用されている場合、具体的な条件や利用制約を理解します。
商用利用の可否コンテンツが商用利用に制限されていないか確認し、商用目的で使用する場合は条件に適合しているか確認します。
クレジットの表示著作者がクレジットを求めている場合、利用する際には適切なクレジットを表示することを確認します。
法的リスクの評価不確かな場合は、法的なアドバイスを求め、コンテンツの使用が法的に安全であることを確認します。

これらのステップを踏んで、コンテンツの著作権確認を行うことで、法的なトラブルを回避し、適切にコンテンツを利用できます。

クリエイティブ・コモンズの活用

クリエイティブ・コモンズ(Creative Commons)は、著作物の自由な共有を促進するためのライセンス体系で、以下の表はその活用方法です。

柔軟なライセンス選択クリエイターは自分の著作物に適したクリエイティブ・コモンズのライセンスを選択できます。商用利用の可否や改変の許可など、目的に合った条件を設定できます。
コンテンツの共有クリエイティブ・コモンズのライセンスを付与したコンテンツは、他のユーザーが簡単に利用できます。これにより、情報やアートの自由な流れが促進されます。
オープンな教育資源教育分野での利用が一般的で、教材や資料をクリエイティブ・コモンズのライセンスで公開することで、教育資源の共有とアクセスが容易になります。
オープンな文化の形成クリエイティブ・コモンズの採用は、コミュニティでの協力と共有を奨励し、オープンな文化の形成に寄与します。
プロジェクトの協力グループでのプロジェクトや共同制作の際に、クリエイティブ・コモンズのライセンスを使用することで、参加者間での著作権の問題を簡素化できます。
アーティストのプロモーションアーティストやクリエイターがクリエイティブ・コモンズのライセンスを使用することで、広く知られ、作品が共有される機会が増えます。
法的な透明性クリエイティブ・コモンズのライセンスは法的な透明性を提供し、コンテンツの使用条件が明確であるため、利用者と著作者の双方にとってメリットがあります。

これらの活用方法によって、クリエイティブ・コモンズは著作物の自由な利用を推進し、新しいアイディアや文化の創造を支援しています。

ストック写真サイトの利用規約の確認

ストック写真サイトの利用規約を確認する際のポイントは以下の表の通りです。

使用許可条件の確認利用規約で写真の使用に関する条件が明示されています。商業利用、非営利利用、改変の可否などが記載されているので、これらの条件を確認しましょう。
著作権情報の理解利用規約には写真の著作権に関する情報が含まれています。著作権者の権利や写真の利用範囲などについて理解しておくことが重要です。
クレジット表示の要否利用規約には、写真を使用する際にクレジットを表示する必要があるかどうかが明記されています。クレジット表示が必要な場合は、適切に行いましょう。
禁止事項の確認利用規約には禁止事項が明示されています。不正利用や法に違反する行為が規定されているので、これらを確認して遵守することが必要です。
ライセンスの種類の理解ストック写真サイトにはさまざまなライセンスが存在します。無料で利用できるものや有料のもの、クリエイティブ・コモンズライセンスなどがあります。どのライセンスが適用されているかを確認しましょう。
利用料金の確認有料の写真を使用する場合、利用規約には利用料金やライセンスの詳細が明示されています。これらを確認して、必要な手続きを行いましょう。
利用規約の変更頻度の確認利用規約は変更されることがあります。サイトを定期的にチェックし、利用規約の変更があればそれに従うよう心がけましょう。

これらのポイントを確認することで、ストック写真サイトの利用規約に沿った正しい利用ができ、法的な問題を避けることができます。

自身のコンテンツの著作権管理

自身のコンテンツの著作権管理は、クリエイターにとって重要なステップです。以下の表はそのためのポイントです。

著作権の自動発生作品が創造された瞬間から著作権が発生します。特別な手続きは不要で、自動的に保護されます。
ライセンスの選択自身の作品にどのようなライセンスを適用するかを決定します。全著作権所有か、クリエイティブ・コモンズなどのオープンライセンスか、商用利用の可否などを考慮します。
公開前の検討コンテンツを公開する前に、利用条件や著作権の明示を含めるかどうかを検討します。公開するプラットフォームやウェブサイトに応じて、明確な情報を提供しましょう。
登録やマークの検討著作権登録や著作権マーク(©)を使用することで、他者に対して著作権の存在を示すことができます。ただし、これは法的な要件ではありません。
クレジットの要求自身の作品を他者が使用する場合、クレジットの表示を求めるかどうかを決定します。クレジットを求める場合、具体的な表示方法も指定できます。
著作権の更新一部の国では、著作権が期限切れになる前に定期的な更新手続きが必要な場合があります。国や地域の法律に基づき、必要に応じて更新を行います。
第三者との契約時の検討他者との契約や提携の際には、著作権に関する取り決めを明確にし、権利の譲渡や使用許諾に関する条件を確認します。
違反の監視と対処自身の著作権が侵害された場合、違反を監視し、必要に応じて法的手段やプラットフォームの報告機能を利用して対処します。

これらのステップを踏むことで、クリエイターは自身のコンテンツを適切に管理し、他者との関係や法的トラブルを予防できます。

リンクや埋め込みの適切な使用

リンクや埋め込みを適切に使用することは、ウェブ上でのコンテンツの共有や参照において重要です。以下の表はその適切な使用に関するポイントです。

リンクの正確性リンクを共有する際は、正確かつ信頼性のある情報源へのリンクを提供します。不正確な情報や誤ったページへのリンクは避けましょう。
許可を得たコンテンツのリンク他者のコンテンツをリンクする際には、そのコンテンツの著作権や利用規約に従い、許可を得てからリンクを共有しましょう。
埋め込みの妥当性埋め込みコードを使用する場合、提供元が埋め込みを許可していることを確認しましょう。特に動画や写真などのメディアコンテンツにおいては、埋め込みを許可していない場合があります。
フェアユースの考慮著作権で保護されたコンテンツを引用する場合、フェアユースの原則に基づいて引用することが望ましいです。目的や使用量に注意してください。
相手のウェブサイトの規約を尊重リンクや埋め込まれたコンテンツが提供されているウェブサイトの利用規約を尊重しましょう。規約に違反する可能性のある行為を避けます。
セキュリティの確認リンクや埋め込まれたコンテンツが安全であることを確認します。不審なリンクや埋め込みコードを使用することで、セキュリティリスクが生じる可能性があります。
引用の明示引用や埋め込まれたコンテンツについては、引用元や提供元を明示することが良いマナーです。

これらのポイントを守ることで、リンクや埋め込みを適切に使用し、ウェブ上での情報共有を円滑かつ合法的に行うことができます。

フェアユースの理解

フェアユースは、アメリカ合衆国の著作権法に基づく原則であり、一般的に著作物の引用や使用が著作権侵害に該当しない場合を指します。フェアユースが適用されるためには、以下の要素が考慮されます。

使用の目的

使用が批評、報道、教育、研究、パロディなどの目的であるかどうかが重要です。これらの目的は、フェアユースの適用を強化する要素となります。

使用される著作物の量

使用される著作物の量が合理的であるかどうかが評価されます。全体を引用するのではなく、必要最小限の範囲で使用されることが期待されます。

市場への影響

使用が元の著作物の市場価値に与える影響が評価されます。使用が元の市場価値を損なわないことが重要です。

変更や派生物の有無

使用される著作物が変更されるか、または新たな派生物が作成されるかが考慮されます。変更がない場合でも、フェアユースが適用されることがあります。

フェアユースはケースバイケースで評価され、法的な解釈が変わることがあります。この原則はアメリカ合衆国におけるものであり、他の国や地域では異なる法的基準が適用される可能性があります。

法的アドバイスの取得

法的アドバイスを得る際の手順は以下の表の通りです。

弁護士の選定信頼できる弁護士を選ぶことが重要です。専門性や経験、信頼性を考慮して、自身の問題に適した弁護士を見つけましょう。
無料相談の利用多くの弁護士は初回の相談を無料で行っています。これを利用して、自身の状況や問題に対するアドバイスを受けることができます。
問題の整理アドバイスを得る前に、自分の問題や質問事項を整理しておくと効果的です。具体的な事実や関連する文書を整理し、弁護士に的確な情報を提供できるようにしましょう。
契約内容の確認弁護士との契約前に、料金体系やサービス内容、契約期間などを確認し、納得できる条件で合意することが重要です。
法的手続きの説明弁護士には、問題解決のための具体的な法的手続きや行動計画を提案してもらいましょう。法的プロセスや進捗についての理解を深めることが役立ちます。
アドバイスの透明性弁護士からのアドバイスは明確で理解しやすいものであるべきです。法的用語やプロセスについて分からない点があれば、遠慮せずに質問してください。
コミュニケーションの重要性弁護士との適切なコミュニケーションは問題解決に不可欠です。情報を共有し、疑問や懸念を遠慮なく伝えましょう。

法的アドバイスを得る際は十分な調査と準備が重要です。弁護士との信頼関係を築き、自身の権利や法的な問題に対処するために有益なアドバイスを得ることが期待されます。

Web著作権取得方法~写真編~

今回紹介するWeb著作権の取得方法は6つです。

以下でそれぞれについて詳しく説明していきます。

作品の創作

最も確実で直接的な方法は、自分で写真を撮影してオリジナルの作品を創作することです。この場合、作品の著作権は自動的に発生し、他の人が使用する際には許可が必要になります。

著作権の自動発生

著作権は、作品が創造された瞬間に自動的に発生します。具体的には、以下の条件が満たされたときに著作権が発生します。

創造性

作品はある程度の創造性を含むものである必要があります。単なる事実の列挙や単純な事務的な作業には著作権が発生しません。

具体的形 expression

 作品は具体的な形で表現されている必要があります。例えば、アイディアやコンセプトだけではなく、それを表現する文章、音楽、絵画などが含まれます。

固定性

作品は何らかの媒体に固定されている必要があります。例えば、文章が紙に書かれ、デジタルデータがファイルとして保存されるなどが該当します。

これらの条件が満たされると、著作権は自動的に発生します。著作者は何か特別な手続きを踏む必要はなく、著作権表示(©)や登録も必要ありません。ただし、著作権を主張するためには、作品に日付と著作権名を含む著作権表示を付けることが推奨されます。

著作権表示

著作権表示は、著作権の権利を明確に示すために作品に記載される重要な要素です。一般的に、著作権表示は以下の情報を含みます。

著作権記号(©)

著作権を示すための記号です。日本では特に法的効力があるわけではありませんが、国際的に認知されているシンボルです。

著作者名

作品の著作者やクリエイターの名前を含みます。これによって、誰が著作権を所有しているかが明確になります。

発表年月日

作品が初めて一般に発表された日付や著作権が発生した日付を含めることがあります。これは著作権の有効期間などに影響を与えることがあります。

例えば、著作権表示の一般的な形式は次のようになります。

© [著作者名] [発表年月日]

実際の使用例

© 2023 [著作者名]

また、特にウェブ上で公開されるコンテンツにおいては、著作権表示の他に利用条件やクリエイティブ・コモンズのライセンスなども明示されることがあります。これらの表示によって、他者が作品をどのように利用できるかが明確になります。

クリエイティブ・コモンズライセンスの適用

クリエイティブ・コモンズ(Creative Commons)ライセンスは、著作物の利用条件を柔軟に規定するためのライセンスで、以下はその適用に関する主なポイントです。

ライセンスの選択

著作者が自分の作品にクリエイティブ・コモンズライセンスを適用するには、クリエイティブ・コモンズの公式ウェブサイトでライセンスの種類を選択し、適切な条件を含むライセンスを生成します。

ライセンスの条件

クリエイティブ・コモンズライセンスには異なる条件が存在し、例えば、作品の商業利用の可否、改変の可否、クレジット表示の有無などが規定されます。著作者はこれらの条件を選択し、明示します。

ライセンスの表示

クリエイティブ・コモンズライセンスが適用された著作物は、適用されているライセンスのバッジや記述が明示的に表示されるべきです。これによって他者が作品をどのように利用できるかが明確になります。

ライセンスの遵守

他のユーザーがクリエイティブ・コモンズライセンスで提供された著作物を利用する際には、そのライセンスの条件に厳密に従う必要があります。例えば、指定されたクレジット表示を行ったり、商業利用が制限されている場合はそれを守ったりします。

著作者の権利保持

クリエイティブ・コモンズライセンスは、著作者が一定の権利を保持しつつ、他者に利用の柔軟性を提供するものです。ライセンスによって、著作者の希望に基づいて作品をシェアできるようになります。

これらのポイントを踏まえて、クリエイティブ・コモンズライセンスを適用することで、著作者は自分の作品の利用範囲を明確にし、他者に使いやすくすることができます。

ストック写真サイトやクリエイタープラットフォームの活用

ストック写真サイトやクリエイタープラットフォームの活用は、クリエイターやビジネスにとって重要な資源となっています。以下はその活用に関するポイントです。

質の高い写真の提供: ストック写真サイトやクリエイタープラットフォームでは、他のユーザーが利用できるように質の高い写真を提供することが求められます。クリエイターは需要のあるジャンルやトレンドを考慮し、需要が見込まれる写真をアップロードします。

利用規約の確認

提供される写真はプラットフォームの利用規約に基づいています。クリエイターはこれらの規約をよく理解し、適切に遵守することが重要です。特に商業利用や改変の可否、クレジット表示に関する条件を確認します。

報酬の仕組み

ストック写真サイトやクリエイタープラットフォームでは、写真のダウンロードや利用に対する報酬が提供されることがあります。クリエイターはプラットフォームごとの報酬体系を理解し、公平かつ適正な対価を受け取るように努めます。

ポートフォリオの構築

クリエイターは自身のポートフォリオを構築し、他のユーザーやクライアントに向けて実績を示すことができます。質の高い写真や独自性のある作品を通じて、信頼性や専門性をアピールします。

コミュニティ参加

ストック写真サイトやクリエイタープラットフォームは、クリエイター同士が交流し、情報を共有するためのコミュニティを提供しています。クリエイターは積極的に参加し、フィードバックやアドバイスを得ることができます。

これらのポイントを考慮することで、クリエイターはストック写真サイトやクリエイタープラットフォームを効果的に活用し、自身のクリエイティブな活動を支援することができます。

法的なサポート検討

法的なサポートを検討する際のポイントは以下の表の通りです。

問題の特定まず、何に対して法的なサポートが必要かを明確にします。契約の解釈、法的なトラブル、ビジネス取引のアドバイスなど、具体的な問題を特定することが大切です。
適切な専門家の選定問題に応じて、専門性のある弁護士や法律事務所を選定します。例えば、労働法に関する問題であれば労働法に強い弁護士が適しています。
相談の予約選んだ法律専門家との初回相談を予約します。多くの弁護士は初回相談を無料で行っており、自分の問題に対するアプローチや料金体系を確認することができます。
費用の確認法的サポートには費用がかかります。弁護士の料金体系や契約条件を確認し、予算内でサポートを受けることが重要です。
クライアントの権利と責任の理解法的サポートを受ける場合、クライアントとしての権利や責任を理解しましょう。情報提供や協力が必要な場合があります。
契約の明確化法的サポートを受ける場合は、契約書に条件や範囲を明確に記載しましょう。契約内容や料金についての誤解を防ぐためにも重要です。
コミュニケーションの確保弁護士との効果的なコミュニケーションが重要です。質問や疑問があれば率直に伝え、理解を深めましょう。

法的なサポートを検討する際は、自身の状況やニーズに合わせて慎重に選定し、十分な調査と相談を行うことが重要です。

まとめ

Web著作権の種類〜写真編〜では、以下のポイントがまとめられます。

作品の創作

著作権は作品が創造された瞬間に発生し、自動的に保護されます。

クリエイティブ・コモンズライセンスの活用: クリエイティブ・コモンズライセンスを使用することで、他のユーザーに利用を許可できます。

ストック写真サイトの利用: 利用規約を確認し、条件に従って写真を利用することが重要です。

公共ドメインの写真の利用

 著作権が消滅した写真は自由に利用できます。

クリエイターとの契約

クリエイターに写真の撮影を依頼し、契約を結ぶことで著作権を取得できます。

著作権譲渡の契約

既存の写真の著作権を取得する場合、著作権者との契約が考えられます。

これらの手順を遵守することで、Web上で写真の著作権を法的に取得し、安全に利用することが可能です。

よくある質問

Q: ウェブサイトに載せる写真やイラストなどの画像はどのように著作権を確認すれば良いですか?

A: ウェブサイトに使用する画像の著作権を確認するためには、以下の方法があります。まず、画像がストック写真サイトで提供されている場合は、そのサイトの利用規約を確認します。クリエイティブ・コモンズライセンスが適用されている場合は、具体的な条件を確認します。また、画像が特定のクリエイターによって提供された場合は、クリエイターとの契約や利用許諾を取得することが必要です。最終的に、画像がパブリックドメインに属しているかどうかも確認しましょう。

Q: クリエイティブ・コモンズとは具体的にどのようなライセンスですか?

A: クリエイティブ・コモンズ(Creative Commons)は、著作物の利用条件を規定するためのライセンスです。具体的な条件はいくつかのバリエーションがありますが、主な要素には著作者のクレジット表示、商業利用の可否、改変の可否が含まれます。これにより、著作者は柔軟な利用条件を設定し、他者に対して作品をシェアすることができます。

Q: ウェブサイトでのフェアユースって何ですか?

A: ウェブサイトでのフェアユースは、著作物を引用や批評、報道などの目的で合理的かつ適正に使用する概念です。ただし、具体的な条件や判断基準は国や文脈によって異なります。一般的には使用の目的、使用される著作物の性質、使用の範囲などが考慮されます。フェアユースを主張する場合、法的なアドバイスを得ることが重要です。

Q:ウェブサイトのデザインやコンテンツに著作権がある場合、他者が無断で使用するのを防ぐにはどうすれば良いですか?

A: ウェブサイトのデザインやコンテンツに著作権がある場合、他者が無断で使用するためには以下の手段があります。まず、著作権表示を明確に行い、自身の権利を主張します。また、利用条件やライセンスをウェブサイト上で公開し、明示的に定めることが重要です。必要に応じて法的な手続きや警告を行い、著作権の侵害を防ぎましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/03】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ