Amazonセラーアカウントの解約方法について解説します

Amazonセラーアカウントの解約とは

アカウント解約の背後にはさまざまな理由があり、解約前に注意すべき事項も多く存在します。アカウント解約を検討している方にとって役立つ情報を提供し、スムーズな解約手続きをサポートすることを目的としています。

アカウント解約の理由は個々の事情によって異なります。例えば、売り上げが思ったほど伸びなかったため、Amazonを運営するために時間が不足しているため、または全く新しいスタートを切りたいためなどがあります。しかし、アカウントを解約することは簡単な決断ではありません。

アカウント解約には、未出荷の注文、FBAの在庫、購入者への対応など、確認すべき要素が存在します。解約後は元に戻すことが難しく、販売実績などのデータも失われます。再度アカウントを開設する場合、0から新たな実績を築かなければならないことにも覚悟が必要です。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazonセラーアカウントの解約に必要なこと

アカウントのダウングレード

セラーアカウントを解約する前に、アカウントをダウングレードすることが非常に重要です。アカウントのダウングレードは、不要な料金を回避し、アカウントの状況を整理する手段となります。以下は、アカウントのダウングレードに関連する手順です。

  • セラーセントラル画面右上の「設定」メニューをクリックします。
  • 「出品用アカウント情報」を選択します。
  • その後、「ご利用のサービス」の下にある「サービスの管理」をクリックします。
  • ここで、「小口出品に変更」を選択します。

ただし、大口出品から小口出品に変更した場合でも、システム上の制約により、一定期間は大口出品として運用されることに留意が必要です。アカウントを解約する前に、アカウントのダウングレードを完了させて、不要な料金を避けましょう。

出品中の商品の整理

アカウント解約を検討する際、出品中の商品を整理することが不可欠です。以下は、出品商品の整理に関する具体的な手順です。

  • “出品者出荷”の商品の出品を停止: 解約を前提として、出品者出荷の商品を停止しましょう。これは在庫数を0に変更することを意味します。これにより、新たな注文が発生しなくなります。
  • FBAを利用している商品の処理: FBAを利用している商品については、倉庫(FC)から商品を「返送または所有権の放棄依頼」を行わないと、手数料が発生する可能性があります。以下は手順です。
  •  セラーセントラル画面左上の「在庫」メニューの「FBA在庫管理」をクリックします。
  •  表示される商品リストから、処理対象の商品の “ステータス” チェックボックスにチェックを入れます。
  •  “選択中の●商品を一括変更” をクリックし、その後、”返送/所有権の放棄依頼を作成” を選択します。
  • 必要な詳細情報を入力し、最後に “内容を確定” ボタンをクリックします。これにより、商品の処理手続きが開始されます。

アカウント解約前にこれらの手順を実行することで、整理されたアカウント状況を確保し、不要な負担や手数料を回避することができます。これは解約手続きをスムーズに進めるための重要なステップです。

購入者への対応

アカウント解約を検討する際、購入者への適切な対応が不可欠です。以下は、購入者への対応に関するポイントです。

  • 出品者出荷の注文で未出荷の商品がある場合: 解約を前提として、出品者出荷の注文でまだ発送されていない商品に関して、迅速な発送対応を完了させましょう。購入者に適切な情報を提供し、迅速な対応を行うことが信頼維持につながります。
  • 出品者出荷の注文で返品リクエストがある場合: もし出品者出荷の注文に返品リクエストがある場合、早急にその解決を進めましょう。返品に関する手続きや返金処理を適切に行い、購入者の不満を最小限に抑えましょう。
  • FBAを利用している商品の取り扱い: FBAを利用している商品でも、最終販売日からAmazonマーケットプレイス保証申請の期間である90日間は待機します。これにより、購入者に対して適切なサポートを提供し、問題の解決に努めます。

アカウント解約に際して、購入者への対応を怠らず、信頼関係を維持することが不可欠です。これらの対応はアカウント解約手続きをスムーズに進め、問題を最小限に抑えるための重要なステップです。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazonセラーアカウントの解約の注意点

解約は撤回できない

アカウントを解約する決断は慎重に行うべきです。解約手続きを一度完了すると、そのアクションは不可逆的で、取り消すことができません。つまり、解約後に「元に戻してほしい」と要求しても、アカウントを復活させることは不可能です。このため、アカウント解約を検討する際には、その決断が最終的であることを理解し、慎重に進めることが必要です。

解約前に適切な確認と検討を行い、取り返しのつかない結果を避けるためのステップを踏むことが賢明です。アカウント解約の影響は広範で、販売実績やデータの喪失、再出品の困難さなどが懸念されます。したがって、解約の前にすべての要因を検討し、将来のビジネス戦略を熟慮することが肝要です。解約は慎重なプロセスであるため、計画的なアクションが不可欠です。

データの喪失

アカウント解約は重大な影響を及ぼします。解約手続きを行うと、これまでの販売実績、注文情報、リストなど、アカウントに関連するすべてのデータが喪失します。そのため、再度アカウントを開設する場合、以前のデータは引き継がれず、新たにゼロからアカウントを構築しなければなりません。

このデータの喪失は、特に販売者にとって重要な情報である販売履歴や顧客データなどの喪失を意味します。これらのデータはビジネス戦略や過去の成功を評価するために不可欠です。アカウント解約前に、データのバックアップや必要な情報の取得を検討することが重要です。データの喪失は取り返しのつかない結果を招くため、慎重な行動が求められます。

再出品の困難さ

アカウント解約後、再びAmazonで出品を行うことは難しい局面に直面します。なぜなら、アカウント解約により、以前の実績や評価が完全に喪失され、新たに信頼を築くのは容易ではないからです。過去の成功や高い評価はビジネスにおける貴重な資産であり、それらを失うことは再出品における大きな障害となります。

再び信頼を築くためには、新しいアカウントから信頼性と評判を築く必要があり、これには時間と努力を要します。買い手からの評価や信頼を獲得するには、品質の良い商品と優れたカスタマーサービスを提供する必要があります。

アカウント解約は慎重に考えなければならない大きな決断であり、取り返しのつかない結果を招く可能性があることを理解することが重要です。再出品の困難さを考慮し、解約前に再度検討を進めることが賢明です。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazonセラーアカウントの解約方法についてのまとめ

Amazonセラーアカウントの解約に関する重要なポイントを考えると、まず解約が不可逆的であることが挙げられます。解約手続きを一度完了すると、そのアクションは取り消すことができません。このため、解約前に検討を重ね、最終決断を下す必要があります。

さらに、アカウント解約に伴い、販売実績や注文情報などの貴重なデータが喪失します。このデータはビジネス戦略や過去の成功を評価するために重要であり、失うことは再出品における大きな障害となります。したがって、データのバックアップや必要な情報の取得が肝要です。

そして、アカウント解約後、再びAmazonで出品を行うことは難しい局面に直面します。以前の実績や評価が失われるため、新たに信頼を築くのは容易ではありません。再出品の困難さを考慮し、解約前に再度検討を進めることが賢明です。取り返しのつかない結果を招かないよう、アカウント解約については慎重な行動が求められます。

Amazonセラーアカウントの解約方法についてよくある質問

Q: Amazonセラーアカウントを解約すると、どのような影響がありますか?

A: Amazonセラーアカウントを解約すると、以下の影響があります。

  • 出品中のすべての商品が削除されます。
  • 出品者のアカウントは利用できなくなります。
  • 出品者の残高は、Amazonのポリシーに従って処理されます。

Q: Amazonセラーアカウントを解約した後、再開することはできますか?

A: Amazonセラーアカウントを解約した後、再開することはできます。ただし、再開するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • アカウントの閉鎖から少なくとも180日が経過していること。
  • Amazonの販売規約に違反していないこと。

Q: Amazonセラーアカウントを解約する前に、どのようなことを確認しておけばよいですか?

A: Amazonセラーアカウントを解約する前に、以下のことを確認しておきましょう。

  • 出品中のすべての注文がキャンセルされていること。
  • 出品者の残高が、出品者の希望する方法で処理されていること。
  • アカウントの閉鎖後、再開する予定がないこと。
CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/03】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ