Amazon 出品許可申請とは?申請方法について解説します

Amazon 出品許可申請とは

Amazonでは、商品の出品前にその安全性を確保するために「出品許可申請」が必要な場合Amazonにおいて、商品を出品する前に「出品許可申請」が必要となることがあります。この手続きは商品のカテゴリーに依存し、出品を許可されるために必要な書類や情報を提供するプロセスです。出品許可申請が承認されない場合、商品の出品は認められず、このプロセスは出品前に重要なステップとなります。

出品許可申請は、商品の性質やカテゴリーによって異なり、その基準も変動することがあります。したがって、出品する商品がどのカテゴリーに属するかによって、必要な書類や情報が異なります。商品の性質によっては、審査が厳格であったり、特定の条件を満たす必要があったりすることがあります。そのため、出品許可申請を行う際には注意深く手続きを行うことが不可欠です。

この記事では、Amazonの出品許可申請について詳しく解説します。商品を安全かつ適切に出品するためには、出品許可申請のプロセスを理解し、適切な手続きを踏むことが重要です。出品許可申請の方法や注意点についての情報を提供し、Amazonでの成功に向けたステップを示します。商品を効果的に出品するためには、このプロセスをマスターすることが必要です。

Amazon 出品許可申請によって出品できる商品

出品前にAmazonから事前承認を得る必要がある商品があります。これらの商品は「制限対象商品」と呼ばれ、そのカテゴリーに対して「出品許可申請」を行う必要があります。制限対象商品には以下のようなものが含まれます。

  • 酒類
  • 動物関連商品
  • 自動車
  • 通貨、硬貨、および現金同等品
  • 医薬部外品および化粧品
  • 栄養補助食品
  • 医薬品
  • 武器および関連商品
  • 食品&飲料
  • アダルト商品
  • 不快感を与える商品
  • Amazonデバイス、修理・メンテナンス用アクセサリ
  • 電化製品・電子機器
  • レーザーポインターおよび関連商品
  • 医療機器の取り扱い(マーケットプレイス出品者用)
  • 盗難品およびピッキングツール
  • 医療機器および関連商品
  • 植物、植物製品、種子
  • リコール対象商品
  • タバコおよびタバコ関連商品
  • 化学物質、農薬および肥料
  • リサイクル家電

それぞれの商品によって制限対象が異なるため、出品前に制限情報を確認することが重要です。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

出品許可申請が必要な理由

購入者の安全性と信頼を確保するため、Amazonは特定の商品に出品制限を課すことがあります。これは、販売される商品が本物であることや安全性を確実にするため、または法令を遵守するための重要な措置です。

特定の制限事項に関して、出品者はセラーセントラルを通じて出品申請を提出し、審査を受ける必要があります。審査が承認されると、その商品を出品できるようになります。ただし、全ての商品について申請が受け入れられるわけではなく、出品制限が適用されている場合もあります。

出品制限は購入者の保護と信頼性を高め、市場に信頼性のある商品を提供するための措置です。出品者はAmazonのガイドラインに従い、制限事項に関する詳細情報を確認し、適切な手続きを行うことが重要です。これにより、安心して商品を購入できる環境が維持され、出品者と購入者の両方に利益がもたらされます。

出品許可申請が必要な商品の確認方法

Amazonストアには、既存の商品と新規の商品の出品に対して出品許可の仕組みがあります。既存の商品については、商品登録画面で「制限を表示」をクリックし、出品許可が必要かどうかを確認できます。新しい商品については、同様の方法で類似商品を検索し、出品許可の必要性を確認できます。また、出品許可が必要な商品に関する詳細情報も参照でき、出品しようとしている商品の種類やカテゴリーに出品制限があるかどうかを確認できます。出品前にこれらの情報を確認し、スムーズな出品プロセスを確保しましょう。出品許可は商品ごとに異なるため、要件を満たすことが重要です。適切な手続きを踏んで出品許可を取得し、購入者に信頼性のある商品を提供しましょう。

食品&飲料カテゴリー

「食品&飲料」などの特定のカテゴリーには、出品可能な商品と出品禁止商品が明確に分かれています。出品を検討している商品が「出品可能商品」に該当するのかどうかを確認することは非常に重要です。この確認を怠ると、不要な手続きや審査に時間を費やすことになりかねません。

Amazonセラーセントラル内のヘルプページには、各カテゴリーの出品に関する詳細情報が提供されており、どの商品が出品可能か、どの商品が制限されているかについての情報が記載されています。この情報は正確で最新であり、出品前に必ず確認するべきです。特に食品や飲料のカテゴリーでは、衛生基準や法規制に関する厳格な基準が存在するため、適切な商品の出品を確保するためには、これらの情報を活用することが重要です。

出品許可申請や審査をスムーズに進めるために、出品予定の商品が該当するカテゴリーの出品基準を確認し、それに従うことが成功への第一歩となります。この段階で必要な情報を入手し、正確な手続きを行うことは、出品プロセス全体を円滑に進めるために不可欠です。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazonでの出品許可申請方法について

出品許可申請の要件

商品によって出品許可の要件は異なります。出品許可要件を確認するには、商品登録ページで「出品許可を申請」をクリックし、次のページで「出品許可を申請」をクリックします。

出品許可の要件を確認し、購入時の請求書、実際の商品画像、コンプライアンス書類などが必要な場合、提出される書類が出品申請ページに記載された要件をすべて満たしていることを確認してください。情報が不足していたり、要件が満たされていない場合、出品申請は却下される可能性があります。

要件を満たすことは、商品を適切に出品するために非常に重要です。出品許可の要件に従い、正確で完全な情報を提供することで、スムーズな出品プロセスを確保し、購入者に信頼性のある商品を提供できるでしょう。購入者の信頼を築くために、要件を遵守することが不可欠です。

「食品&飲料」カテゴリーの出品許可申請方法

「出品可能商品」であることが確認できたら、出品許可申請に進みます。現在、セラーセントラル内のヘルプページには出品許可申請の方法についての詳細情報がなく、専用ページにアクセスする方法も分かりにくいことがあります。以下は「出品許可申請画面に辿り着く方法と申請手順」の詳細です:

セラーセントラルにログインし、指定のページにアクセスします。

ヘルプページから「食品&飲料」の在庫ファイルテンプレートをダウンロードします。

ダウンロードした在庫ファイルに必要事項を入力し、商品登録を行います。

在庫管理画面から商品の「商品の編集」ボタンをクリックし、「出品許可を申請する」をクリックします。

出品許可申請画面で「小売店/販売店」か「メーカー」か、あるいは両方の選択肢を選び、必要書類の詳細を確認します。

必要書類を準備し、連絡可能なメールアドレスを入力して申請を送信します。

出品申請後の注意点

出品許可申請を完了した後、Amazonから出品許可が見送られるケースが発生することがあります。この際、審査の厳しさや具体的な理由については通常明示されません。しかし、出品許可が見送られた場合、諦めずに再申請を検討することが賢明です。

再申請の際、異なる書類(たとえば請求書)を提出することが有効なアプローチとなります。Amazonは出品を許可する際、特定の要件や条件をクリアすることを求めている場合が多く、再申請に際してそれらを満たす材料を提供することで、審査を通過しやすくなります。

出品許可申請の見送りは挫折ではなく、改善の機会と考えるべきです。適切な書類や情報を提供し、Amazonの要件に従うことで、商品の出品を成功させる可能性が高まります。再申請の際には注意深く指示に従い、必要な情報を提供することで、出品許可を得る道を開くことができます。

参考:Amazonセラーセントラルヘルプ

Amazon 出品許可申請についてのまとめ

Amazonでは、商品の出品前に出品許可申請が必要な場合があります。この手続きは商品ごとに異なり、出品許可要件を確認し、必要な書類や情報を提出する必要があります。審査に通らない場合、出品が認められません。出品許可は商品の性質に応じて異なり、注意が必要です。

特に新しい商品を出品する際には、類似商品との関連性や出品制限を確認することが重要です。出品許可が必要な場合、必要な情報や書類を準備して申請を行いましょう。出品許可の取得に成功すれば、購入者に信頼性のある商品を提供できます。出品許可申請はAmazonストアを運営する上で重要なプロセスの一つです。

Amazon 出品許可申請についてよくある質問

Q: Amazon 出品許可申請の費用はいくらですか?

A:Amazon 出品許可申請の費用は無料です。

Q: Amazon 出品許可申請の審査期間はどのくらいですか?

A:Amazon 出品許可申請の審査期間は、通常数営業日です。しかし、審査状況によっては、数週間かかる場合もあります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ