Adobeコンプリートプランとは?メリットデメリットと安く購入する方法を紹介します

Adobeコンプリートプランとはなにか?

Adobeコンプリートプランは、Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブクラウド)のサブスクリプションプランのひとつです。このプランは、Adobeが提供するさまざまなクリエイティブツールやアプリケーションにアクセスできる包括的なプランです。主要なソフトウェア製品には、Photoshop、Illustrator、InDesign、Premiere Pro、After Effects、Audition、Adobe XD、Adobe Acrobatなどが含まれています。Adobeコンプリートプランに加入すると、これらのアプリケーションを使って、グラフィックデザイン、ビデオ編集、ウェブデザイン、イラストレーション、文書作成など、さまざまなクリエイティブプロジェクトを実行できます。また、クラウドストレージを利用してファイルを保存し、複数のデバイスでアクセスできるため、作業の効率性も向上します。Adobe Creative Cloudのコンプリートプランは、クリエイティブプロフェッショナルやデザイナーにとって非常に便利であり、常に最新のアプリケーションにアクセスできるため、クリエイティブな仕事やプロジェクトにおいて非常に重要な役割を果たしています。

AdobeCCをインストールするとできること

デザインの作成や編集

Adobe Creative Cloudをインストールすると、Photoshop、Illustrator、InDesignなどのデザインツールを利用して、プロフェッショナルなグラフィックデザインやレイアウトの作成、既存のデザインの編集が可能です。ロゴのデザイン、ポスターの制作、パンフレットのデザインなど、さまざまなデザインプロジェクトに対応できます。

画像の編集やレタッチなどの加工

AdobeCCには、Photoshopという画像編集ソフトウェアが含まれており、写真の補正、色調の調整、レタッチ、画像合成など、高度な画像編集が可能です。写真家やイラストレーターにとって非常に便利なツールです。

動画の編集や合成

Premiere ProやAfter EffectsといったAdobeCCのアプリケーションを使用すれば、動画の編集、カット編集、エフェクトの追加、合成、アニメーションの制作などが行えます。映画制作やYouTube動画の編集に役立ちます。

Webサイトの作成や編集

AdobeCCには、Dreamweaverというウェブデザインツールが含まれており、HTMLやCSSを使用してウェブサイトを作成・編集できます。また、Adobe XDを使用すれば、ウェブやモバイルアプリのプロトタイプを作成し、デザインをプレビューすることもできます。ウェブデザイナーやウェブ開発者にとって非常に便利なツールです。

Adobeコンプリートプランを利用するメリット

常に最新版の状態で利用可能

Adobeコンプリートプランを利用する最大のメリットは、常に最新版のAdobeソフトウェアを使用できることです。新機能やセキュリティパッチのアップデートが自動的に提供され、常に最高の性能とセキュリティを享受できます。

ほかのソフトとの連携が容易

Adobeのさまざまなアプリケーションは、互いに連携しやすく設計されています。例えば、Photoshopで編集した画像をIllustratorで簡単に利用できたり、Premiere ProとAfter Effectsを連携させて動画制作を効率化できたりします。これにより、クリエイティブなプロジェクトの効率が向上します。

1ライセンスで2台まで利用可能

Adobeコンプリートプランでは、1つのライセンスを購入するだけで、2台のコンピューターに同時にインストールして利用できます。これは、複数のデバイスで作業する場合や、仕事とプライベートでAdobeアプリケーションを利用する場合に便利です。

ライセンス追加や変更が容易

Adobe Creative Cloudのライセンスは柔軟で、必要に応じて追加や変更が容易です。新しいアプリケーションを試したり、チームでの利用を検討したりする際に、適切なライセンスを追加できます。

ネットなどに関連情報が豊富にある

Adobe製品に関する情報やチュートリアル、トラブルシューティングガイドなど、ネット上には豊富なリソースが存在します。ユーザーコミュニティやオンラインフォーラムも活発で、問題解決やスキル向上に役立ちます。

Adobeコンプリートプランを利用するデメリット

固定の料金を支払う必要がある

Adobeコンプリートプランを利用する際のデメリットのひとつは、毎月固定のサブスクリプション料金を支払う必要があることです。一度契約すると、定期的に料金が引き落とされるため、長期的な利用を考える必要があります。一時的な利用や予算に制約のある場合には、費用がハードルとなることがあります。

コンプリートプランにした方が良い人は?

単体プランを3つ以上契約するか迷っている人

Adobeコンプリートプランは、Photoshop、Illustrator、Premiere Proなど、複数のAdobeアプリケーションを利用する予定のある人にとって特におすすめです。個別のアプリケーションを単体で契約するよりも、コンプリートプランを選ぶことで、費用を節約できます。

AdobeCreativeCloudにデータを保管したい人

Adobe Creative Cloudは、クラウドストレージを提供しており、デザインファイルやプロジェクトデータをクラウド上に安全に保管できます。データのバックアップや共有が必要な場合、コンプリートプランを利用することで、大容量のクラウドストレージを活用できます。

Adobeソフトを連携して使う人

Adobeの異なるアプリケーションを連携して利用したい人にとって、コンプリートプランは非常に便利です。例えば、Photoshopで作成した画像をIllustratorで編集し、それをInDesignでレイアウトするといったワークフローがスムーズに行えます。各アプリケーションが統合されているため、効率的な作業が可能です。

Adobeコンプリートプランを安く購入する方法

Adobeのセールを利用する

Adobeは定期的にセールやプロモーションを行っており、特定の期間中にAdobe Creative Cloudのサブスクリプションプランを割引価格で購入できることがあります。セール情報はAdobeの公式ウェブサイトやニュースレターなどで確認できます。セール期間中にプランを購入することで、費用を削減することができます。

通信教育・学生プランを利用する

Adobeは学生や教育機関向けに特別なプランを提供しており、通信教育の受講者や学生が割引価格でAdobe Creative Cloudを利用できる場合があります。通常のプランよりも安く購入でき、学生証や教育関連の証明書を提出することで資格を確認できます。学生や教育関連の特典を利用することで、コンプリートプランを手頃な価格で入手できます。

まとめ

Adobeコンプリートプランは、Photoshop、Illustrator、Premiere ProなどのAdobeアプリケーションを包括的に提供するサブスクリプションプランで、デザイン、画像編集、動画制作、ウェブ開発など多岐にわたるクリエイティブな作業に適しています。メリットとして、常に最新版を利用でき、複数のアプリケーションを連携させることが容易です。1つのライセンスで2台まで使用可能であり、ライセンスの追加や変更も柔軟です。データ保管にもクラウドストレージが用意されています。一方、デメリットとして、固定のサブスクリプション料金が必要です。安く購入する方法として、Adobeのセールや学生プランを利用することがあります。Adobe Creative Cloudは、クリエイティブなプロジェクトをサポートする便利なツールで、利用者のニーズに合わせてプランを選ぶことが大切です。今回は、通常より安く購入できる方法を紹介しました。Adobeコンプリートプランを利用することが決まっている場合は、ぜひ安く購入できる方法を検討してみてください。

よくある質問

Q1:Adobe Creative Cloud(AdobeCC)とは何ですか?

A1:Adobe Creative Cloudは、Adobeが提供するクリエイティブツールやアプリケーションのサブスクリプションプランです。デザイン、画像編集、動画制作、ウェブ開発など、多くのクリエイティブな作業に使用できます。

Q2:Adobeコンプリートプランとは何ですか?

A2:Adobeコンプリートプランは、Adobe Creative Cloudのサブスクリプションプランのひとつで、Photoshop、Illustrator、Premiere Proなど、さまざまなAdobeアプリケーションを包括的に提供します。

Q3:Adobe Creative Cloudを安く購入する方法はありますか?

A3:はい、Adobeは定期的にセールやプロモーションを行っており、通信教育・学生プランを提供しています。これらの特典を活用して、Creative Cloudを割引価格で入手できます。

Q4:Adobe Creative Cloudの利用にはインターネット接続が必要ですか?

A4:はい、Adobe Creative Cloudはクラウドベースで動作し、インターネット接続が必要です。アプリケーションのインストール、ライセンス認証、クラウドストレージの利用などにインターネットが必要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ