Illustratorで初めてイラストを描く人が押さえておきたい5つのポイント

Illustratorとはなにか?

「Illustrator」は、アドビシステムズが開発したベクターグラフィックスの作成や編集を行うためのソフトウェアです。ベクターグラフィックスは、数学的な計算式やパスを使用して、画像や図形を表現する方式であり、拡大縮小しても画質が劣化せず、非常に高品質なイラストや図形を作成できます。プロのデザイナーやイラストレーター、広告制作などのグラフィックデザイン業界で幅広く利用されており、ロゴデザイン、イラストの制作、ポスターやチラシのデザイン、ウェブデザイン、パッケージデザインなど、さまざまな用途で活用されています。ユーザーはベクターグラフィックスを作成し、テキスト、形状、イメージを編集するための多彩なツールと機能を利用できます。Illustratorは、線やカーブを制御するためのペンツール、オブジェクトの結合や分割、カラーパレットの管理、印刷用のファイル出力など、デザインプロセス全般にわたる機能を提供しています。また、多くのプラグインやエクステンションも利用可能で、ユーザーがさらに高度な操作や効率的な作業を行うことができます。総括すると、Illustratorはベクターグラフィックスの作成や編集に特化した、グラフィックデザイン分野で非常に重要なツールの一つです。

Illustratorのメリット

オリジナリティの高い画像作成が出来る

Illustratorはベクターグラフィックスを使用するため、イラストや図形を精密に作成し、独自のスタイルやデザインを表現するのに適しています。ユーザーは自分のアイデアを自由に形にすることができます。

印刷物がデザインできる

Illustratorは印刷物デザインに特化しており、ポスター、チラシ、名刺、パッケージデザインなど、印刷に適した高品質なファイルを作成できます。カラーマネジメントや印刷用の設定もサポートしています。

オリジナルのグラフ、図、表などが作れる

データビジュアライゼーションに必要なグラフ、図、表を簡単に作成できます。データの視覚化を通じて情報を効果的に伝えることができます。

マークやロゴをオリジナルで作れる

ロゴやブランドマークは重要な要素であり、Illustratorを使ってオリジナルのマークやロゴをデザインできます。ベクター形式で保存すれば、サイズ変更時にもクオリティが保たれます。

ブログ画像やサムネイルなどにイメージとピッタリ合った画像が作れる

ウェブ上でのコンテンツ制作にも適しており、ブログ用の画像やソーシャルメディアのサムネイルなど、イメージに合わせたカスタム画像を簡単に作成できます。

シンプルなイラストに限っては早く作成しやすい

Illustratorはシンプルなイラストやアイコンの制作にも向いており、高効率で素早くデザインを完成させることができます。

Illustratorのデメリット

下記に記すデメリットは一部のユーザーにとって重要な問題となることがありますが、Illustratorの多彩な機能と高品質な出力を活かすために、プロフェッショナルなデザイナーやイラストレーターにとっては依然として価値のあるツールであることも事実です。

月額固定の費用が掛かる

Adobe Illustratorは月額サブスクリプションモデルを採用しており、使用するために定期的に料金を支払う必要があります。一度購入したソフトウェアと比べて、長期間利用しない場合や予算に制約がある場合には負担となることがあります。

そもそも使いこなすのに苦労するので挫折しやすい

Illustratorは高度な機能を備えており、初心者にとっては学習コストが高いことがあります。複雑なベクターグラフィックスの制作や編集は技術と経験を要しますので、初めて使う人にとっては使いこなすのが難しいことがあり、挫折してしまうこともあります。

低スペックのPCでは使いにくい

Illustratorは高度なグラフィック処理を行うため、高性能のコンピューターが必要です。低スペックのPCでは動作が遅くなり、快適な作業環境を提供するのが難しい場合があります。これにより、ユーザーの制作効率に悪影響を及ぼすことがあります。

Illustratorで初めてイラストを描く人が押さえておきたいポイント

下書きをつくる

イラストを描く前に、アイデアや構図を鉛筆やペンで紙に下書きすることが重要です。この下書きは、イラストの基本的な構造や要素を考えるのに役立ちます。手書きの下書きをスキャンしてIllustratorに取り込むこともできます。

初心者は詳細な下書きを用意する

初めてのイラスト制作では、詳細な下書きが役立ちます。基本的な形状やラインをしっかりと描き込むことで、後でIllustratorでトレースしやすくなります。また、色彩やテクスチャのアイデアも下書きに取り入れておくと良いでしょう。

写真を下敷きにするときも下書きは必須

写真を元にイラストを制作する場合でも、写真をトレースする前に、その写真に対するアイデアや変更点を下書きに起こすことが重要です。写真を忠実にトレースするのではなく、イラストとしてのアレンジや改変を考えるための指針として下書きを利用できます。

細い線でなぞる

Illustratorではベクターペンツールやペンシルツールを使用して線を描くことができます。細かいディテールや複雑な形状を表現するために、適切な線の太さを選び、丁寧になぞることが大切です。

鉛筆で描いた絵は膨張している

スキャンした鉛筆で描かれた絵をIllustratorでトレースする際、線が膨張してしまうことがあります。この膨張を修正するために、パスの太さを調整するか、編集ツールを使ってパスを調整する必要があります。

「線」から「塗り」に変わる瞬間を意識する

イラストを制作する際、線画から塗りつぶしに変える瞬間を意識しましょう。塗りつぶしやカラーリングは、イラストの印象や質感を大きく左右します。

色にこだわる

イラストのカラースキームは重要です。フラットデザインアイコンや他のデザインリソースを参考にし、色の組み合わせや調和に注意を払いましょう。また、影やハイライトを使って立体感を表現することもできます。

フラットデザインアイコンを参考にする

フラットデザインはシンプルで洗練されたスタイルです。フラットデザインアイコンを調査し、そのスタイルを学び、自分のイラストに活かすことができます。

影をつける

ラストに立体感を与えるために、適切な場所に影を描くことが役立ちます。影の描き方や透明度を調整して、オブジェクトが浮き上がっているように見せることができます。

線を工夫する

線に黒以外の色を付ける

線に黒以外のカラーを適用することで、イラストやデザインにより多彩な表現が可能です。カラフルな線を使用することで、作品に活気や個性を加えることができます。

線に強弱をつける

線の太さを変えることで、イラストやデザインに奥行きや立体感を与えることができます。特に影やハイライトを表現する際に、線の太さを工夫することが効果的です。

線を手書きっぽくする

デジタルツールを使っても、線を手書きのように見せることができます。線の不完璧さや筆致を模倣するブラシやテクニックを活用し、手描きの温かみを持ったイラストを制作することができます。

誰が開いても安全なデータにする

フォントはアウトライン化

使用したフォントは、他の人が同じフォントを持っていない場合に表示が崩れる可能性があるため、テキストをアウトライン化してフォントに依存しない形に変換します。これにより、誰もが正しく表示できるようになります。

線もアウトライン化

イラストやデザインに使用した線やパスもアウトライン化することが重要です。アウトライン化することで、他の人が編集する際にパスが変更されず、デザインの一貫性が保たれます。

まとめ

Adobe Illustratorは、ベクターグラフィックスの制作や編集に優れたツールであり、グラフィックデザイナーやイラストレーターにとって非常に重要なソフトウェアです。初めて利用する人にとっては学習コストが高いこともありますが、下書きからデザイン、線の工夫、色彩の選定、セキュリティ対策まで様々なポイントを押さえることで、より魅力的でプロフェッショナルなイラストやデザインを制作することが可能です。線や色、デザイン要素に工夫を凝らし、フォントや線をアウトライン化してデータを安全に共有することで、誰が開いても正しく表示されるデータを作成できます。Illustratorを使いこなすことで、オリジナリティ溢れる作品を生み出すことができ、印刷物からウェブデザイン、ロゴ制作まで幅広い用途に活用できます。 Illustratorは、クリエイティビティを発揮するための強力なツールであり、デザインプロセスを支援するための貴重なリソースです。

よくある質問

Q1:Illustratorとは何ですか?

A1:Illustratorは、アドビシステムズが開発したベクターグラフィックスの作成や編集を行うためのソフトウェアです。主にグラフィックデザイン、イラスト制作、印刷物デザインなどに使用されます。

Q2:Illustratorの代替ソフトはありますか?

A2:はい、Illustratorの代替ソフトウェアとして、Inkscape、CorelDRAW、Affinity Designerなどがあります。これらのソフトウェアは類似の機能を提供しますが、価格や使用感が異なります。

Q3:Illustratorを学ぶにはどうすればいいですか?

A3:Illustratorを学ぶためには、公式のチュートリアルやオンラインコース、書籍を利用することができます。また、実際にプロジェクトを制作することで実践的なスキルを身につけることも重要です。

Q4:Illustratorの月額料金はいくらですか?

A4:AdobeのCreative Cloudサブスクリプションにはさまざまなプランがあり、Illustratorを単体で利用する場合や、Creative Cloud全体の利用によって料金が異なります。最新の価格情報はAdobeの公式ウェブサイトで確認できます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ