アイキャッチ画像とは?そのメリットデメリットと作成ポイントについて解説!

アイキャッチ画像とは?

アイキャッチ画像(Eye-catching image)は、ウェブページやブログ記事、ソーシャルメディア投稿などのデジタルコンテンツで使用される、注意を引くための画像のことを指します。アイキャッチ画像は、コンテンツのタイトルやテーマを視覚的に表現し、読者や視聴者の興味を引くのに役立ちます。具体的な役割や特徴は以下の通りです。

目立つデザイン

アイキャッチ画像は、鮮やかな色彩、大きなフォント、魅力的なイラスト、写真など、目を引くデザイン要素を含んでいることが一般的です。これにより、コンテンツが他のコンテンツと競合する中で注目されやすくなります。

コンテンツの内容を要約

アイキャッチ画像は、コンテンツの主題や内容を簡潔に表現することが求められます。読者や視聴者が一目でコンテンツの内容を理解できるようにするためです。

クリック率向上

アイキャッチ画像が魅力的で興味を引く場合、それをクリックしてコンテンツを詳しく見る人が増える可能性が高まります。特にソーシャルメディアプラットフォームでは、アイキャッチ画像がシェアされたりリツイートされたりすることで、コンテンツが広がることがあります。

検索エンジン最適化(SEO)

アイキャッチ画像は、コンテンツが検索エンジンで表示される際にも重要な役割を果たすことがあります。適切に設定されたアイキャッチ画像は、検索結果ページで表示され、ユーザーのクリックを誘導します。

アイキャッチ画像のメリット

アイキャッチ画像は、ウェブコンテンツやソーシャルメディア投稿において多くのメリットを提供します。デジタルマーケティングやウェブコンテンツ制作において、ユーザーエンゲージメントを向上させ、コンテンツの成功を促進する重要な要素と言えます。以下はその主なメリットを具体化したものです。

クリック率が向上する

アイキャッチ画像は、以下のようにクリック率を向上させる助けとなります。

注目を引く

魅力的なデザインや興味を引く画像を使用することで、ユーザーの注意を引きつけ、コンテンツをクリックしやすくします。

内容の要約

アイキャッチ画像はコンテンツの要約として機能し、ユーザーにコンテンツの内容を理解させる役割を果たします。ユーザーがコンテンツが自分の関心に合うかどうかを判断しやすくします。

シェア促進

ソーシャルメディアでのシェアやリツイートにおいても、アイキャッチ画像は重要です。魅力的な画像は、他のユーザーにコンテンツを共有しやすくさせ、さらなるクリックを誘発します。

読者がサイト内で回遊する

アイキャッチ画像がサイト内のクリックを増加させることから、読者がサイト内で回遊するメリットもあります。

関連コンテンツへの誘導

アイキャッチ画像は、関連するコンテンツや記事へのリンクを含めることができます。これにより、読者は興味深いコンテンツに簡単にアクセスでき、サイト内で時間を過ごす可能性が高まります。

ユーザーエンゲージメントの向上

クリックを増やすだけでなく、読者がサイト内でコンテンツを閲覧し、コメントを残したり、フォームに記入したりする可能性も高まります。

直帰率の改善

アイキャッチ画像は、直帰率(ユーザーがサイトに訪れた後、すぐに戻ってしまう割合)の改善にも寄与します。

魅力的な最初の印象

アイキャッチ画像は、サイトへの最初の印象を良くし、訪問者がコンテンツを探し続ける刺激となります。これにより、直帰率を減少させるのに役立ちます。

クリック後の満足感

アイキャッチ画像がコンテンツと整合しており、読者がクリックした後に期待通りの情報を提供する場合、読者はサイトにとどまる可能性が高まり、直帰率が低くなります。

アイキャッチ画像のデメリット

アイキャッチ画像は多くのメリットがありますが、一部のデメリットも存在します。これらのデメリットを踏まえて、アイキャッチ画像を設計する際には、テキストの適切なサイズと配置、オリジナル性の確保、ブランド識別の強化などに注意を払うことが重要です。また、モバイルユーザーのニーズにも対応するようにデザインを最適化することが求められます。以下はアイキャッチ画像に関連する主なデメリットです。

アイキャッチに文字が入っている場合、スマホからだと読みづらい

レスポンシブデザインの課題

スマートフォンやタブレットなどの小さな画面では、アイキャッチ画像に大きなテキストが含まれている場合、そのテキストが読みづらくなることがあります。これは、レスポンシブデザインのサイトで問題となります。

モバイルユーザーの不便

スマートフォンユーザーは、画面の小さな領域で情報を読むため、テキストが小さすぎたり読みづらい場合、アイキャッチ画像をクリックすることをためらう可能性があります。これはユーザーエクスペリエンスに悪影響を及ぼすことがあります。

アイキャッチ画像が、他のブログのアイキャッチと被ってしまう可能性がある

オリジナリティの不足

類似したテーマや業界のブログやウェブサイトが同様のアイキャッチ画像を使用している場合、オリジナリティが不足し、コンテンツの識別が難しくなる可能性があります。

ブランド識別の欠如

アイキャッチ画像が他のサイトと酷似している場合、ブログやウェブサイトの独自性やブランド識別が希薄化され、読者が特定のサイトを識別しにくくなります。

誤解を招く可能性

他のブログと似たアイキャッチ画像を使用すると、読者がコンテンツの内容や発信者を誤解するリスクが高まります。これは情報の混乱を招く可能性があります。

流入を増やすアイキャッチ画像の作成ポイント

アイキャッチ画像はウェブコンテンツのクリック率や流入を増加させる重要な要素です。以下は、流入を増やすためのアイキャッチ画像の作成ポイントです。これらのポイントを考慮して、アイキャッチ画像を作成することで、ウェブコンテンツのクリック率を向上させ、より多くの読者や視聴者を引き込むことができます。

フリー素材の使いまわしはあまり好ましくない

フリー素材を使用することは一般的ですが、他のウェブサイトやコンテンツと同じ素材を使いまわすことはオリジナリティを損なう可能性があります。オリジナルな要素を加え、独自性を高めることを心掛けましょう。

内容に最適な画像を選ぶ

アイキャッチ画像はコンテンツの内容を表現するための重要な役割を果たします。コンテンツのテーマや主題に合致し、読者にコンテンツの内容を的確に伝える画像を選びましょう。

タイトルやキャッチコピーを入れる

アイキャッチ画像にタイトルやキャッチコピーを追加することで、読者にコンテンツの魅力や興味を引く情報を提供できます。テキストを魅力的にデザインし、フォントや色彩を工夫して目立たせましょう。

テキストを目立たせる

アイキャッチ画像のテキストは、読み手に内容を伝える重要な要素です。テキストを読みやすく、視覚的に目立つように配置し、フォントサイズやカラーリングを工夫してください。

サイズを調整する

アイキャッチ画像は、ウェブページやソーシャルメディアプラットフォームに合ったサイズに調整する必要があります。各プラットフォームにおける推奨される画像サイズを調査し、適切にリサイズしましょう。

モバイルデバイスでも確認する

モバイルデバイスからのアクセスが増えているため、アイキャッチ画像がモバイルデバイスで見やすいことが重要です。テキストや画像が読みやすく、見栄えが良いかどうかを確認し、モバイルフレンドリーなデザインを採用しましょう。

まとめ

アイキャッチ画像の作成において、フリー素材の使いまわしを避け、オリジナル性を高めることが重要です。コンテンツに合った画像を選び、内容を的確に表現し、タイトルやキャッチコピーを追加して読者の興味を引きつけ、テキストを目立たせ、視認性を高めるデザインを工夫し、ウェブページやソーシャルメディアプラットフォームに合った画像サイズに調整し、モバイルデバイスでも読みやすいデザインを確保することで、アイキャッチ画像はコンテンツのクリック率を向上させ、読者の注目を引く助けとなります。

よくある質問 

Q1: アイキャッチ画像にフリー素材を使用することは本当に問題ですか?

A1: フリー素材の使用自体は問題ありませんが、同じ素材を他のウェブサイトやコンテンツと使いまわすことでオリジナリティが失われ、読者の印象が悪化する可能性があります。できるだけオリジナル性を高めるために、フリー素材をカスタマイズしたり、他の要素を追加したりしましょう。

Q2: タイトルやキャッチコピーをアイキャッチ画像に追加する必要がありますか?

A2: はい、タイトルやキャッチコピーをアイキャッチ画像に追加することはおすすめです。これにより、コンテンツの魅力や内容が視覚的に伝わり、読者の興味を引きます。ただし、テキストを適切にデザインして視認性を高めることが重要です。

Q3: アイキャッチ画像のサイズ調整はなぜ必要ですか?

A3: アイキャッチ画像はウェブページやソーシャルメディアプラットフォームに合ったサイズに調整することが重要です。正しいサイズで表示されることで、読者が画像を正確に見ることができ、見栄えが良くなります。異なるプラットフォームに合わせて最適なサイズを使用することをお勧めします。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ