アイキャッチとはなにか?アイキャッチのメリットデメリットと、作成時におけるデザインのコツを紹介します!

アイキャッチとは

アイキャッチ画像は、ウェブページや記事、ビデオなどのコンテンツを紹介する際に使用される、目を引く画像のことを指します。アイキャッチ画像は通常、コンテンツのタイトルや概要と一緒に表示され、読者や視聴者の注意を引き、興味を持ってもらう役割を果たします。この画像はコンテンツを共有する際にも使用され、ソーシャルメディアなどでリンクを貼る際に表示されることがあります。アイキャッチ画像はコンテンツの内容やテーマを視覚的に表現し、ユーザーがコンテンツをクリックして詳細を見る動機づけとなります。

アイキャッチの使われ方

宣伝物、チラシ

アイキャッチは宣伝物やチラシで広く利用されます。商品やサービスの魅力を伝えるために、目を引くイメージが使用され、受け手の興味を引く役割を果たします。

アイキャッチシール

アイキャッチシールは、商品パッケージや広告に使用されることがあります。商品の特長やプロモーション情報を効果的に伝え、消費者の視線を引きつけます。

TVアニメ

テレビアニメ番組では、各エピソードのプロモーションにアイキャッチが使われます。これは視聴者に次回の展開を楽しみにしてもらうための手法です。

ブログやWebサイト

ブログやWebサイトでは、記事やコンテンツの導入部分にアイキャッチ画像が配置されることが一般的です。これにより、読者が内容に興味を持ち、続きを読むかどうかを決定する手助けができます。

SNS

ソーシャルメディアプラットフォームでもアイキャッチ画像は頻繁に使用されます。投稿や共有されるコンテンツには、タイトルや説明とともに目を引く画像が付けられ、ユーザーの注意を引きつけて反応を促します。

アイキャッチ画像のメリット

クリック率が向上する

アイキャッチ画像はコンテンツを魅力的に見せ、ユーザーの興味を引きます。その結果、クリック率が向上し、多くの人がコンテンツにアクセスする可能性が高まります。

読者がサイト内で回遊する

アイキャッチ画像が効果的であれば、読者はコンテンツを読むだけでなく、サイト内の他のページや投稿にも興味を持つでしょう。これにより、読者がサイト内で回遊し、関連コンテンツを探求する機会が増えます。

直帰率の改善

アイキャッチ画像が魅力的で関連性がある場合、訪問者はサイトに滞在する可能性が高まり、直帰率(サイトをすぐに離れる割合)が改善されます。アイキャッチ画像は、訪問者の興味を引くことで、サイトへの滞在時間を延ばし、より多くのコンテンツを閲覧するきっかけとなります。

アイキャッチ画像のデメリット

アイキャッチに文字が入っている場合、スマホからだと読みづらい

アイキャッチ画像に多くの文字や小さいフォントを使用すると、スマートフォンの小さな画面では文字が読みづらくなります。これが情報の伝達を妨げ、ユーザー体験に悪影響を及ぼす可能性があります。

アイキャッチ画像が、他のブログのアイキャッチと被ってしまう可能性がある

多くのウェブサイトやブログがアイキャッチ画像を使用しており、デザインやテーマが類似している場合、アイキャッチ画像が他のコンテンツと類似してしまう可能性があります。これにより、コンテンツが他のものと混同され、個別性が損なわれる可能性があります。

アイキャッチ作成におけるデザインのコツ

デザインの原則を踏まえてレイアウトする

近接→関連する情報は近づける

アイキャッチ画像をデザインする際、関連する要素は近くに配置することで、視覚的なつながりを強調します。情報が一緒にあることで、読者に内容の関連性を伝えやすくなります。

整列→デザイン上のグラフィックやテキストの色・大きさ・フォント・位置などを揃える

アイキャッチ画像内の要素は均等に整列させることで、調和と統一感を生み出します。色、大きさ、フォント、位置などを調整して、一貫性のあるデザインを実現します。

強弱→異なる要素同士が類似することの無いよう、はっきりと差をつける

アイキャッチ画像内の要素には、重要度に応じて強弱をつけることが大切です。重要な要素を強調し、他の要素との差を明確にすることで、視覚的な階層を作成します。

反復→デザインのスタイルやルールも繰り返す

アイキャッチ画像はブランドやテーマを反映するために、デザインのスタイルやルールを繰り返すことが重要です。一貫性を保ちながら、視覚的な識別性を高めます。

色えらびに配慮する

アイキャッチ画像の色は感情やメッセージに大きな影響を与えます。色彩心理を考慮し、コンテンツのテーマや目的に合った色を選びます。色を適切に使うことで、視覚的な吸引力を高めます。

フォントのイメージを合わせる

フォントの選択はアイキャッチ画像の雰囲気を決定します。フォントのスタイルやサイズをコンテンツに合わせ、読みやすさと一貫性を確保します。フォントはイメージの一部として役立ちます。

まとめ

アイキャッチ画像のデザインにおいて、デザインの原則を守ることが重要です。近接、整列、強弱、反復などの原則を適用し、視覚的な一貫性と吸引力を持つアイキャッチを制作しましょう。また、色選びとフォントの選択にも注意を払い、コンテンツのテーマやメッセージに合わせたデザインを考えることが大切です。アイキャッチ画像はコンテンツを強化し、読者や視聴者の興味を引くための有力なツールです。デザインの工夫により、クリック率の向上や読者のサイト内での滞在時間の増加に貢献します。

よくある質問

Q1:アイキャッチ画像とは何ですか?

A1:アイキャッチ画像は、ウェブページや記事、ビデオなどのコンテンツを紹介する際に使用される、目を引く画像のことです。通常、コンテンツのタイトルや概要と一緒に表示され、読者や視聴者の注意を引く役割を果たします。

Q2:アイキャッチ画像のデザインのコツは何ですか?

A2:アイキャッチ画像のデザインにおいて、デザインの原則を踏まえることが重要です。近接、整列、強弱、反復などの原則を適用し、視覚的な一貫性と吸引力を持つアイキャッチを制作しましょう。また、色選びとフォントの選択にも注意を払い、コンテンツのテーマやメッセージに合わせたデザインを考えることが大切です。

Q3:アイキャッチ画像の利点は何ですか?

A3:アイキャッチ画像の利点には、クリック率の向上、読者のサイト内での回遊増加、直帰率の改善が含まれます。アイキャッチ画像はコンテンツを魅力的に見せ、ユーザーの興味を引き、コンテンツへのアクセスと関与を増加させるのに役立ちます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ