アイキャッチ作成の基本について解説します

アイキャッチとは

アイキャッチ(Eye Catch)は、コンテンツ制作やデザインの世界で一般的に使用される用語で、文字通り「目を引くもの」を指します。アイキャッチは、視覚的に魅力的で興味を引く要素やデザインのことを指し、主に以下のコンテキストで使用されます。

アイキャッチを作成する4つのメリット

アイキャッチを作成するメリットは以下になります。

  • 注目を引く
  • ブランドイメージ
  • 情報伝達
  • ソーシャルメディアでの共有

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

注目を引く

アイキャッチは読者の注意を引き、コンテンツに対する興味を喚起します。魅力的なアイキャッチは、コンテンツが見逃されるのを防ぎ、多くの人にアクセスを促します。

ブランドイメージ

よくデザインされたアイキャッチは、ブランドのプロフェッショナリズムやクリエイティビティを示す機会です。ブランドのアイデンティティを確立し、向上させるのに役立ちます。

情報伝達

アイキャッチはコンテンツの要約でもあり、視覚的に情報を伝える手段です。読者がテーマやコンセプトを理解しやすくします。

ソーシャルメディアでの共有

アイキャッチが魅力的で興味を引く場合、ソーシャルメディアで共有される可能性が高まります。これにより、コンテンツの広がりが増加し、新しい読者が引き寄せられます。

アイキャッチを作成する4つのデメリット

アイキャッチを作成するデメリットは以下になります。

  • 時間とリソース
  • 誤解のリスク
  • 適切n選択の難しさ
  • デバイス依存

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

時間とリソース

アイキャッチの作成には時間とデザインリソースが必要です。特にプロのデザイナーが関与する場合、費用がかかることもあります。

誤解のリスク

魅力的なアイキャッチがコンテンツ内容と一致しない場合、読者が誤解や誤った期待を抱く可能性があります。アイキャッチはコンテンツの信頼性と整合性を保つことが重要です。

適切な選択の難しさ

アイキャッチの選択は主観的であり、ターゲットオーディエンスの好みに合わせる必要があります。適切なアイキャッチを選ぶことは難しい場合もあります。

デバイス依存

アイキャッチはデバイスや画面サイズによって表示が異なることがあり、一貫性を保つためにさまざまなバージョンを作成する必要があるかもしれません。

アイキャッチ作成手順

アイキャッチはコンテンツを魅力的に表示し、読者の注意を引く重要な要素です。以下に、アイキャッチの作成手順を詳しく説明します。

ラフ作成

アイキャッチの作成プロセスは、まずラフスケッチの作成から始まります。ラフスケッチはアイキャッチの基本的なアイデアを視覚的に捉えるもので、以下のサブステップが含まれます。

ラフ原稿の作成

まず、アイキャッチのコンセプトを紙に素早くスケッチします。この段階では完璧さを追求する必要はありません。アイデアを素早く形にしましょう。

フィードバックの受け取り

まず、アイキャッチのコンセプトを紙に素早くスケッチします。この段階では完璧さを追求する必要はありません。アイデアを素早く形にしましょう。

ラフ完成の確認

フィードバックを受けてラフスケッチを修正し、最終的なラフを仕上げます。アイキャッチの概念が明確になり、次のステップに進みます。

写真撮影

アイキャッチに写真が必要な場合、写真撮影のプロセスを進めましょう。以下のサブステップを考慮します。

アドバイス前の写真撮影

必要な写真を撮影する前に、撮影の場所、ライティング、カメラの設定などを計画します。専門的なアドバイスを受けることも検討しましょう。

アドバイス後の写真撮影

フィードバックを受けて撮影の改善点を考慮し、写真撮影を行います。クオリティの高い写真がアイキャッチの成功に重要です。

デザイン作成

フィードバックを受けて撮影の改善点を考慮し、写真撮影を行います。クオリティの高い写真がアイキャッチの成功に重要です。

初稿の提出

ラフスケッチをもとに、デザインの初稿を作成します。デザインソフトウェアを使用して、アイキャッチを仕上げます。

初稿フィードバック

チームやクライアントからのフィードバックを受け、デザインを改善します。配色、フォント、コンポジションなどを調整しましょう。

2稿目の提出

フィードバックに基づいて、2稿目のデザインを提出します。アイキャッチが求める効果を持っているか確認します。

2稿目フィードバック

最終的なデザインに向けてフィードバックを受け、調整を加えます。

3稿目の提出

必要ならば、3稿目を提出し、最終調整に取り組みます。

最終調整

フォーカスグループやクライアントの要求を考慮して、最終的なアイキャッチデザインを仕上げます。

最終成果物の確認

コンテンツとの整合性

最終デザインがコンテンツと一致しているか確認しましょう。タイトルやテーマに合った要素を含んでいるかを確かめます。

視覚的魅力

アイキャッチが魅力的で、読者の視線を引くかどうかを評価します。配色、フォント、コンポジションなどが視覚的に効果的であることを確認します。

デバイス適合性

アイキャッチは異なるデバイスや画面サイズでどのように表示されるかを確認します。モバイルデバイスやデスクトップで違いがあるかもしれません。

読者の認知度

アイキャッチが読者にとって容易に認識されるかどうかを確認します。ブランドのアイデンティティが明確に示されているかも確認しましょう。

最終調整

さらなる微調整が必要であれば行い、最終デザインを仕上げます。誤字脱字、視覚的な不明瞭さなどを修正しましょう。

まとめ

アイキャッチ作成は、コンテンツ制作において欠かせない要素であり、読者の注意を引きつけ、ブランドの印象を築くために非常に重要です。この記事では、アイキャッチ作成の主要なステップとポイントを詳しく説明し、初めてアイキャッチを作成する際の手順を提供しました。ラフのスケッチから写真撮影、デザイン、そして最終的な成果物の確認まで、アイキャッチ作成のプロセスについての理解を深め、読者の興味を引きつける魅力的なアイキャッチを制作するための貴重な情報を提供しました。この知識を活かし、コンテンツ制作の品質向上とブランドの印象形成に貢献しましょう。

よくある質問

Q1:アイキャッチのサイズはどのくらいであるべきですか?

A1:アイキャッチのサイズはWebサイトやプラットフォームによって異なりますが、一般的には標準的なディスプレイで視覚的に効果的に表示できる大きさが適しています。

Q2:アイキャッチに使用できるリソースは何ですか?

A2:アイキャッチには写真、イラスト、グラフィックス、テキストなど、さまざまなリソースを使用できます。選択はコンテンツと目的に合わせて行います。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/16】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ