ショッピング広告とは?活用するメリット・デメリットやポイントについて解説

ショッピング広告とは

ショッピング広告は、インターネット上で自社の商品やサービスを効果的に宣伝するための広告形式です。主要なプラットフォームとしては、Shopify、Amazon、Rakuten、Google Ads、Facebook Ads、LINE Ads、Twitter Ads、YouTube Adsなどがあります。

掲載の仕組

ショッピング広告は、広告主が特定のキーワードに対して入札を行い、そのキーワードでの検索結果や関連ページに自社の商品が表示される仕組みです。入札価格や広告の品質スコアなどが採用され、最適な広告掲載が行われます。

掲載面

ショッピング広告は、検索エンジンの検索結果ページやウェブサイト上のバナー広告スペースなど、多様な掲載面で表示されます。これにより、広範なユーザーに対して商品やサービスをアピールすることができます。

ショッピング広告の4つのメリット

今回紹介するメリットは以下の4つになります。

  • キーワードの設定が不要
  • 幅拾いニーズやキーワードを拾える
  • 検索画面の最上部の枠に商品画像付きで掲載できる
  • 費用対効果が高い

それぞれについて詳しく説明いたします。

キーワードの設定が不要

ショッピング広告では、広告主がキーワードを設定する必要がありません。プラットフォームは自動的に商品やサービスに関連するキーワードを抽出し、それに基づいて広告を表示します。これにより、広告主はキーワードの研究や選定に時間を費やす必要がありません。

幅拾いニーズやキーワードを拾える

ショッピング広告は、広告主が意識していなかった幅広いニーズや関連キーワードを拾うことができます。ユーザーが特定の商品を検索する際、関連商品や代替商品も一緒に表示されるため、広告主は意図せずしてさらなる需要を獲得することができます。

検索画面の最上部の枠に商品画像付きで掲載できる

ショッピング広告では、検索結果画面の最上部に商品画像とともに掲載されることがあります。これにより、ユーザーは商品を直接確認できるため、広告のクリック率やコンバージョン率が向上する可能性があります。

費用対効果が高い

ショッピング広告は、効果的な広告配信と結果の追跡が可能なため、費用対効果が高い広告手法と言えます。広告主は広告費の無駄を最小限に抑えながら、ターゲットユーザーに訴求することができます。

ショッピング広告の2つのデメリット

今回紹介するデメリットは以下の2つになります。

  • 商品フィードを用意する必要がある
  • キーワード単位での入札コントロールが難しい

商品フィードを用意する必要がある

ショッピング広告を掲載するためには、商品フィードを作成・維持する必要があります。商品フィードには正確な商品情報や在庫状況などが含まれている必要があり、更新を怠ると広告の品質や掲載の正確性に影響を与える可能性があります。

キーワード単位での入札コントロールが難しい

ショッピング広告では、キーワードごとに入札価格を設定する必要があります。しかし、広告主が膨大な数のキーワードを管理するのは困難な場合があります。適切な入札価格を設定するためには、キーワードのパフォーマンスを常にモニタリングする必要があります。

ショッピング広告のポイント

商品フィードは最新の状態にする

商品フィードは常に最新の情報を反映するように管理する必要があります。価格変更や在庫状況の更新などが適切に行われていないと、ユーザーに誤った情報を提供してしまう可能性があります。定期的なフィードの確認と更新が重要です。

商品情報を詳細に記載する

ショッピング広告では、商品情報がユーザーに直接表示されます。商品の特徴や利点、価格、送料など、ユーザーが求める情報を詳細かつ魅力的に記載することが重要です。情報の充実度が広告のクオリティスコアにも影響を与えます。

タイトル、画像、商品概要で商品の魅力を伝える

ショッピング広告では、タイトル、商品画像、商品概要などが重要な要素となります。タイトルは短く鮮明に、画像は魅力的で品質の高いもの、商品概要は分かりやすく詳細な情報を提供するようにしましょう。ユーザーが一目で商品の魅力を理解できるようにすることが大切です。

まとめ

ショッピング広告は、インターネット上で商品やサービスを宣伝するための効果的な手法です。キーワードの設定不要や幅広いニーズの拾い上げ、最上部の掲載枠などのメリットがありますが、商品フィードの管理やキーワード単位の入札コントロールの難しさといったデメリットもあります。成功するためには、商品フィードの最新化、詳細な商品情報の記載、魅力的なタイトル・画像・商品概要の作成が重要です。

よくある質問

Q: ショッピング広告の効果を評価するためにはどのような指標を使えばよいですか?

A: ショッピング広告の効果を評価するためには、以下の指標が有用です。1)クリック数(CTR):広告が表示された回数に対するクリック数の割合を測定します。2)コンバージョン率:広告のクリック数に対する実際の購入数や目的の行動数の割合を測定します。3)ROAS(広告費用対売上高):広告費に対する売上高の比率を計算し、広告の収益性を評価します。これらの指標を継続的にモニタリングすることで、広告の効果を把握し改善点を見つけることができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 設定・手順 > 【重要情報】Amazonカスタマーレビューの種類と増やす方法|効果的なレビュー戦略を解説

ページトップへ