【2023年最新】Googleショッピング広告で集客をしてECサイトの売上を拡大させる方法について詳しく解説!

Googleショッピング広告について

Googleショッピング広告概要

Googleショッピング広告とは、Googleの検索結果ページで、商品画像や価格などの情報が表示される広告です。通常のテキスト広告と異なり、商品画像や価格が表示されるため、ユーザーは直感的に商品の外観や価格を確認することができます。

Google検索結果に商品画像を使用して訴求できる

Google検索結果に商品画像を使用することで、商品を直感的に理解しやすく、魅力的に見せることができます。また、商品画像を使うことで、ユーザーがクリックする前に商品に対するイメージを持つことができ、コンバージョン率の向上につながることがあります。Googleショッピング広告では、商品画像が表示され、直感的に商品の外観や価格を確認することができます。

Google検索結果に商品タイトルを使用して訴求できる

Google検索結果に商品タイトルを使用することで、商品の特徴やブランド名などを伝えることができます。また、タイトルはユーザーが商品を検索する際に使用するキーワードと一致している場合、表示される可能性が高くなるため、クリック率の向上につながることがあります。さらに、商品タイトルが簡潔かつ説明的であれば、ユーザーが商品に興味を持つことができ、コンバージョン率の向上につながることがあります。

Google検索結果に商品レビューを使用して訴求できる

Google検索結果に商品レビューを使用することで、商品の信頼性や評判を伝えることができます。ユーザーは他のユーザーが商品についてどのように感じているかを知り、購買意欲を高めることができます。また、商品レビューが多くある場合、ユーザーが商品に興味を持つことができ、コンバージョン率の向上につながることがあります。GoogleマイビジネスやGoogleショッピング広告では、商品レビューを表示することができます。

Googleショッピング広告の効果について

D2Cブランドの広告投資はGoogle検索からGoogleショッピングにシフトしている

D2Cブランドの広告投資がGoogle検索からGoogleショッピングにシフトしているのは、Googleショッピング広告の効果が高いためです。Googleショッピング広告は、ユーザーが商品を検索した際に表示され、直感的に商品の外観や価格を確認することができます。さらに、Googleショッピング広告は、広告表示に関するデータを提供することで、広告運用の最適化を支援しています。具体的には、Googleショッピング広告は、CTR(クリック率)やCPC(クリック単価)といった指標を提供することができ、広告運用の改善に役立ちます。また、商品画像を使用することで、ユーザーが商品に興味を持つ確率が高くなることがあり、コンバージョン率の向上につながることもあります。これらの要因により、D2Cブランドの広告投資がGoogle検索からGoogleショッピングにシフトしているとされています。

Googleショッピング広告のメリット

テキストだけの広告より掲載情報が多く効果が期待できる

Googleショッピング広告は、商品画像、商品タイトル、価格、ショップ名、商品詳細ページへの直接リンクなど、豊富な情報を掲載することができます。これにより、ユーザーが商品を把握しやすく、購入意欲を高めることができます。

スマホユーザーへの訴求場所として最適

Googleショッピング広告は、スマートフォンの利用が急増している現代において、スマホユーザーへの訴求場所として最適です。スマートフォンで検索したユーザーに対して、直感的に商品情報を提供することができます。

クリック単価を抑えることが可能

Googleショッピング広告は、広告運用において、クリック単価を抑えることができます。商品画像や価格を掲載することで、ユーザーが広告をクリックする可能性が高まり、クリック単価が低くなることがあります。

遷移先は商品詳細ページに設定されているので直接誘導できる

Googleショッピング広告は、商品詳細ページへの直接リンクを設定することができます。これにより、ユーザーをショップの商品詳細ページに直接誘導することができ、コンバージョン率を高めることができます。

Googleショッピング広告のデメリット

表示させたいキーワードには好きなキーワードを使用できない

Googleショッピング広告は、商品情報を元に自動的に表示されるため、掲載させたいキーワードには好きなキーワードを使用することができません。そのため、広告掲載をするためには、商品情報を適切に最適化する必要があります。

広告運用調整に時間がかかる

Googleショッピング広告の運用には、商品情報を適切に管理する必要があります。商品情報の最適化や広告の設定、出稿対象の国・地域の設定など、多くの作業が必要です。また、広告の効果を確認し、改善点を見つけるために、定期的な分析と調整が必要となります。

Googleショッピング広告でECサイトの売上を拡大させる方法

商品画像を工夫する

Googleショッピング広告では、商品画像が非常に重要な役割を担います。商品画像はユーザーの興味を引き付けるために、商品が分かりやすく、魅力的に見せることが必要です。画像は、商品のサイズや色、素材など、ユーザーが重視する情報を反映するように工夫しましょう。

商品情報をなるべく丁寧にする

Googleショッピング広告では、商品情報が非常に重要な役割を担います。商品情報は、商品の説明や特徴、価格、在庫状況などを含め、なるべく丁寧に入力するようにします。ユーザーが商品の情報を把握しやすく、購入しやすいように工夫します。

プロダクトタイプを正確に設定する

Googleショッピング広告では、商品がどのカテゴリーに属するかをプロダクトタイプとして設定する必要があります。プロダクトタイプを正確に設定することで、商品の掲載が適切に行われ、ユーザーが商品を見つけやすくなります。

商品名にキーワードを入れる

Googleショッピング広告では、商品名が重要な役割を担います。商品名には、商品のブランドやモデル名、特徴的なキーワードなどを入れるようにします。また、競合他社との差別化や、ユーザーの検索意図に合わせて、キーワードを選定することも重要です。

まとめ

Googleショッピング広告でECサイトの売上を拡大するには、商品画像を魅力的に見せるように工夫する、商品情報をなるべく丁寧に入力し、ユーザーが商品の情報を把握しやすくする、プロダクトタイプを正確に設定して、ユーザーが商品を見つけやすくする、商品名には、商品のブランドやモデル名、特徴的なキーワードなどを入れ、競合他社との差別化を図るなどのポイントがあります。最近では、D2Cブランドの広告投資がGoogle検索からGoogleショッピングにシフトしている傾向が見られます。これは、Googleショッピング広告がECサイトの売上拡大に効果があることが背景にあると考えられます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ