WTO協定で認められている貿易救済措置について詳しく解説

WTO協定とは

概要

WTO(世界貿易機関)協定は、国際的な貿易に関するルールと規制の枠組みを提供する国際協定です。WTO協定は、多数の国々が署名した条約であり、WTO加盟国はこれらのルールと規制を順守することが求められます。

貿易救済措置とは

概要

貿易救済措置とは、国際貿易において、一定の輸入商品が国内産業に与える損害を防止または補償するために導入される政策措置です。貿易救済措置には、輸入品に対する制限や関税の引き上げ、輸入品の数量制限、輸入品の最低価格の設定などが含まれます。貿易救済措置は、WTO(世界貿易機関)によって規制されており、WTOのルールに基づいて導入される必要があります。WTOの規定には、貿易救済措置を正当な理由に基づいて導入することができるが、過剰な措置を講じることはできないと規定されています。

3つの貿易救済措置

アンチダンピング(AD)

概要

アンチダンピング(AD)は、海外の製品が自国内の市場において、不当な低価格で輸出されることで、自国産業に損害を与えることを防止するための政策措置です。ADは、WTO(世界貿易機関)の規定に基づいて行われ、国内産業を保護し、公正な競争を促進することを目的としています。

発動条件

アンチダンピングの発動条件は以下の通りです。

  • 不当な価格で輸出された輸入品があること:輸入品が自国内市場で、不当な低価格で販売されていることが、アンチダンピングの発動条件の1つです。ADによって規制される不当な価格は、輸入品の価格がその国内市場での価格よりも低く、自国産業に損害を与えると判断される価格です。
  • 自国産業に損害があること:輸入品の価格が自国産業に損害を与えることが、アンチダンピングの発動条件の2つ目です。自国産業に対する損害は、輸入品の数量が増加し、自国産業のシェアが減少すること、または自国産業の利益が減少することを指します。
  • 輸出国の責任があること:アンチダンピングは、輸出国が不当な価格で輸出品を出荷していることが原因である場合にのみ発動されます。輸出国は、不当な価格設定によって自国産業に損害を与えている場合、アンチダンピング措置の対象となる可能性があります。

補助金相殺関税(CVD)

概要

補助金相殺関税(CVD)は、輸出国が自国の産業に対して不当な補助金を提供している場合に、輸入国が輸入品に対して課す関税のことを指します。CVDは、輸入品の価格が補助金によって歪められ、自国産業に打撃を与えることを防止するために導入されています。

発動条件

CVDを発動するためには、以下の条件が必要です。

  • 不当な補助金の提供:まず、輸入国は、輸出国が自国の産業に対して不当な補助金を提供していることを証明する必要があります。不当な補助金とは、WTO協定に違反する補助金のことであり、例えば、輸出を促進するための輸出補助金、輸出による利益に基づく補助金、輸出量に基づく補助金などが含まれます。
  • 被害の証明:輸入国は、補助金によって輸入品の価格が歪められ、自国産業に被害が生じていることを証明する必要があります。具体的には、自国産業の生産量や雇用が減少し、投資や利益が減少していることを示すデータが必要です。
  • 調査の開始:CVDの発動には、調査が必要です。調査は、輸入国政府が自ら行うこともできますが、通常は、自国産業からの申し立てに基づいて行われます。
  • CVDの発動:調査の結果、補助金の提供が不当であり、自国産業に被害が生じていることが確認された場合、輸入国はCVDを発動することができます。CVDは、不当な補助金の額に相当する関税として課せられます。

セーフガード(SG)

概要

セーフガード(SG)は、WTO加盟国が輸入品に対して一時的な措置を取ることができる制度のことを指します。SGは、急激な輸入増加などが自国産業に打撃を与えることを防止するために導入されています。

発動条件

SGは、輸入品の数量を制限することや、関税を引き上げることなど、様々な形で実施されます。SGの発動には、以下の条件が必要です。

  • 輸入品の急激な増加:まず、SGを発動する輸入国は、輸入品の急激な増加が自国産業に打撃を与える可能性があることを証明する必要があります。具体的には、輸入品の市場シェアや輸入量の増加率などが指標となります。
  • 被害の証明:輸入国は、自国産業に輸入品の急激な増加による被害が生じていることを証明する必要があります。具体的には、自国産業の生産量や雇用が減少し、投資や利益が減少していることを示すデータが必要です。
  • グローバルセーフガード規定の遵守:SGは、WTOのグローバルセーフガード規定に基づいて実施される必要があります。具体的には、セーフガード措置の対象品目、期間、量、関税などが規定されています。
  • SGの発動:SGの発動には、輸入国政府の決定が必要です。SGは、一時的な措置であるため、輸入品の数量制限や関税の引き上げは、一定期間に限定されます。また、発動後には、WTOの規定に基づいて、輸出国との協議が行われます。

まとめ

貿易救済措置は、WTO加盟国が相手国の貿易行為によって自国産業にダメージを受けた場合に、自国産業を保護するために取られます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ