集客必至!自社ECサイトの認知度を上げる秘策

ECサイトの集客方法とは

概要

ECサイトの集客方法は、オンライン上で商品やサービスを販売するために、様々なマーケティング手法を用いて、顧客をサイトに誘引し、商品購入につなげることを目的としています。以下の記事でECサイトで売上が下がっている時にチェックすべきことも紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

代表的なECサイトの集客方法

検索エンジン最適化(SEO)

検索エンジンの検索結果ページで上位表示を目指し、サイト内のコンテンツやリンクの最適化、キーワードの選定、外部リンクの獲得などを行います。

検索エンジン広告(SEA)

GoogleやYahooなどの検索エンジン上で広告を出稿し、特定のキーワードで検索したユーザーに対して、商品やサービスを表示する手法です。

メールマーケティング

ニュースレターの送信や自動配信メールなどを利用し、顧客に対して最新情報や特典を送付する手法です。

SNSマーケティング

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSを利用し、商品やサービスを宣伝し、フォロワーの増加やシェアによる拡散を目指します。

リマーケティング広告

サイトに訪れたユーザーに対して、商品やサービスを再度広告表示することで、興味を持ったユーザーを引きつけます。

クーポンやキャンペーン

期間限定の割引クーポンやキャンペーンを実施し、注目度を高め、購買意欲を促します。

認知度を上げる集客方法の種類と運用のポイント

SNS

SNSを活用した集客方法は、自社の商品やサービスを広く知ってもらうために、フォロワーや友達、ファンなどを増やし、自社の情報を発信することがポイントです。

  • SNSに適したコンテンツ(写真や動画、文章)を用意し、定期的に投稿する。
  • フォロワーや友達、ファンとの交流を大切にし、コメントやDMへの返信を積極的に行う。
  • ターゲットに合わせたSNSプラットフォームを選定し、SNS上でのコミュニケーションを大切にする。

広告

広告を活用した集客方法は、自社の商品やサービスを広く知ってもらうために、ターゲットに合わせた広告を出稿し、ターゲット層にアプローチすることがポイントです。

  • ターゲットに合わせた広告媒体や広告形式を選定する。
  • 広告の内容やターゲット層に合わせて、キャッチコピーや画像を作成する。
  • 広告配信の効果を計測し、改善点を把握し改善を重ねる。

検索エンジン(SEO)

検索エンジンを活用した集客方法は、自社の商品やサービスを検索されたときに上位表示させ、アクセスを集めることがポイントです。

  • 検索キーワードの選定や競合調査を行い、SEO対策の施策を実施する。
  • コンテンツを充実させ、外部からのリンクを増やすことで、検索エンジンに評価されるようにする。
  • 検索エンジンのアルゴリズムや規約を遵守し、不正なSEO対策を行わないようにする。

直接流入

直接流入を活用した集客方法は、既存の顧客やファンに自社の商品やサービスを紹介し、直接アクセスしてもらうことがポイントです。

  • オフラインでの展示会やイベントなどを通じて、自社の商品やサービスを紹介し、直接アクセスしてもらう。
  • DMやニュース
  • レターなどのメールマーケティングを活用し、既存の顧客やファンに自社の情報を配信し、直接アクセスしてもらう。
  • 口コミや評判を大切にし、顧客満足度を高めることで、リピートや口コミでの新規顧客獲得につなげる。

紹介

紹介を活用した集客方法は、既存の顧客やファンに自社の商品やサービスを紹介してもらい、新規顧客獲得につなげることがポイントです。

  • 既存の顧客やファンに対して、リファラルプログラムや紹介割引を設け、自社の商品やサービスを紹介してもらうよう促す。
  • 顧客満足度を高め、口コミや評判を広めることで、自然な形で紹介を受ける機会を増やす。
  • 紹介を受けた新規顧客に対して、特別なサービスや割引などのメリットを与え、リピートを促す。

2023年国内EC業界での集客方法について

新規顧客を集客する方法

SNSを活用する

SNSを活用して自社の商品やサービスを宣伝することで、多くの人にアピールすることができます。特に若年層や女性層にアプローチする場合、InstagramやTikTokなどのSNSが効果的です。

広告を活用する

GoogleやFacebook、Twitterなどの広告配信サービスを利用することで、ターゲットに合わせた広告を配信することができます。

検索エンジン最適化(SEO)を行う

自社のウェブサイトをSEOによって検索エンジンの上位に表示させることで、多くの人に自社の存在を知ってもらうことができます。特に、Googleでの上位表示を狙うことが重要です。

クーポンやキャンペーンを実施する

自社の商品やサービスに興味を持ってもらうために、クーポンやキャンペーンを実施することで、多くの人に訪問してもらうことができます。また、SNSを利用してシェアすることで、多くの人に拡散してもらうことも可能です。

ビジネスモデルを変える

最近では、レンタルサービスやサブスクリプションサービスなど、従来のECサイトとは異なるビジネスモデルを採用することで、新たな顧客層を獲得する取り組みが増えています。

既存顧客を集客する方法

メールマガジン配信を行う

既存顧客に対して、新商品やセール情報、キャンペーン情報などを配信することで、リピート購入を促すことができます。また、メールマガジンを定期的に配信することで、顧客とのコミュニケーションを深めることができます。

ポイント制度を導入する

既存顧客に対して、ポイント制度を導入することで、リピート購入を促すことができます。また、ポイント制度を活用したキャンペーンを実施することで、顧客のポイント還元率やポイントの有効期限などを調整することで、利用頻度を上げることができます。

リマーケティング広告を利用する

既存顧客がウェブサイトを訪れた際に、商品をカートに入れたものの、最終的に購入しなかった場合でも、リマーケティング広告を利用することで、再度商品の認知度を上げることができます。

セールを実施する

既存顧客に向けて、セールを実施することで、購入意欲を高めることができます。また、定期的にセールを実施することで、顧客の利用頻度を上げることができます。

メールやチャットでのサポートを強化する

顧客が問い合わせをした場合に、早急に対応することで、顧客満足度を高めることができます。また、問い合わせに対して、適切なアドバイスを行うことで、顧客にとって有益な情報を提供することができます。

新商品の情報を提供する

顧客が過去に購入した商品に関連する新商品の情報を提供することで、顧客の関心を引きつけることができます。また、新商品の情報提供にあわせて、ポイント還元キャンペーンを実施することで、リピート購入を促すことができます。

まとめ

ECサイトの集客においてまずは認知を高め、新規顧客を集客し、リピート購入を促すというプロセスが効果的です。自社の商品やサービスにあった手法を選択し適切な分析と改善を繰り返すことで継続的な売上向上が期待できます。

よくある質問

Q1. 自社ECサイトの認知度を上げるために、どのようなマーケティング手法があるのでしょうか?

A1. 自社ECサイトの認知度を上げるためには、SEO対策やSNS広告、Google広告、コンテンツマーケティングなどのマーケティング手法があります。具体的には、Googleのsuggestキーワードや共起語のキーワードを活用したコンテンツの作成や、リスティング広告や動画広告などのGoogle広告、Facebook広告やLINE広告、Twitter広告などのSNS広告を活用することが効果的です。

Q2. 自社ECサイトの認知度を上げるために、どのようなコンテンツを作成すればよいのでしょうか?

A2. 自社ECサイトの認知度を上げるためには、ユーザーが興味を持つ情報を提供するコンテンツを作成することが大切です。例えば、商品の特徴や使い方、お客様の声などを掲載したブログ記事や、商品を使用した動画コンテンツなどが効果的です。また、Googleの再検索キーワードや共起語のキーワードを活用して、より多くのユーザーにアクセスしてもらえるようなタイトルを作成することも重要です。

Q3. 自社ECサイトの認知度を上げるために、どのようなSEO対策が効果的なのでしょうか?

A3. 自社ECサイトの認知度を上げるためには、SEO対策が必要です。具体的には、Googleのアルゴリズムに適合するようなコンテンツを作成し、適切なキーワードを使用することが大切です。

CTA画像
ネットショップの集客をまるっとサポートします。SNSや広告、SEOまで、全ての販売チャネルで対応可能です。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ