メディアミックスの活用事例から学ぶ!成功するための3つの広告戦略とは?

メディアミックスとは

概要

メディアミックスとは、複数のメディア(テレビ、インターネット、映画、ゲームなど)を統合的に活用することを指します。これにより、より効果的なマーケティングやエンターテイメントなどを実現することが期待されます。メディアミックスは、単一のメディアでは表現できない複数の情報や体験を提供できるため、より豊かなコミュニケーションを実現できます。また、異なるメディアを組み合わせることで、ターゲットとなる顧客層に合わせた最適なメッセージの配信を行うことができます。

クロスメディアとの違い

クロスメディアとは、単一のメディア(例えばテレビドラマ)を複数のメディア(例えばテレビ、インターネット、映画)を通じて提供することを指します。これにより、より深い関与を引き出すことが期待されます。メディアミックスは、複数のメディアを統合的に活用することを目的としていますが、クロスメディアは単一のメディアを複数のメディアを通じて提供することを目的としています。クロスメディアについて、以下の記事で紹介してますので、ぜひ気になる方は読んでみてください。

メディアミックスの広告事例

ポケモン:異なるメディアでの展開

ポケモンは、世界的に有名なメディアミックス企業であり、ゲーム、アニメ、トレーディングカード、グッズなど様々な媒体を展開しています。ポケモンの成功の鍵は、緻密な戦略とブランドイメージの一貫性にあります。ポケモンは、特にSNSを活用したマーケティングに強く、TwitterやYouTube、LINEなどを積極的に活用しています。例えば、ポケモン公式Twitterでは、新作ゲームやグッズ情報を配信するとともに、ファンとのコミュニケーションを大切にしています。また、YouTubeでは、アニメの放送前に予告編を公開するなど、ファンの期待を高めています。ポケモンは、世界中で愛されるブランドとして、今後もメディアミックス戦略を継続し、新しいファンを獲得していくことでしょう。

ハリー・ポッター:映画と文学の融合

ハリー・ポッターは、J.K.ローリングによる魅力的な魔法の世界設定とキャラクターの描写が、読者や観客の想像力を刺激しました。映画化により、視覚的にも魅力を提供し、原作の世界を再現。ゲームやテーマパークでの体験型コンテンツは、ファンが自身の手で魔法の世界に触れる機会を提供し、没入感を高めました。また、キャラクターの成長や友情、困難への立ち向かい方など、普遍的なテーマに共感を呼び起こしました。これらが相互に補完し合い、幅広いメディアで楽しめる体験が、ハリーポッターのメディアミックスの成功を支えました。

鬼滅の刃:アニメの大ヒットと原作の連動

「鬼滅の刃」は、原作漫画の感情豊かなキャラクター描写と、主人公たちの成長が読者の共感を引き出しました。ufotableによる美麗なアニメーションは、戦闘シーンや美しい映像で視覚的な魅力を提供。映画「無限列車編」の大ヒットは、シリーズ人気を高めました。これに加え、関連商品やゲームなど多彩な展開がファンをさらに惹きつけ、総合的な体験を提供しました。キャラクターグッズやイベントも成功を後押しし、熱狂的なファンコミュニティを形成。これらが組み合わさり、鬼滅の刃はメディアミックスで大きな成功を収めました。

参考:メディア・ミックスの推進/文部科学省

 

メディアミックスの主な媒体

インターネットメディア

インターネット上に存在する各種メディアを指します。例えば、ウェブサイト、SNS、オンライン広告などが含まれます。インターネットメディアは、比較的低コストで効果的なマーケティングや広告が行えることから、メディアミックスの中で重要な役割を果たしています。

ニッチメディア

ターゲットとなる顧客層が限られたメディアを指します。例えば、特定のジャンルのマガジンや専門雑誌、特定のイベントなどが含まれます。ニッチメディアは、限られた顧客層に向けた効果的なマーケティングを行うことができます。

デジタルメディア

電子的に処理されるメディアを指します。例えば、デジタルテレビ、デジタルラジオ、デジタル映画などが含まれます。デジタルメディアは、高品質な映像や音声を提供でき、メディアミックスの中でも重要な役割を果たしています。

アナログメディア

電子的に処理されないメディアを指します。例えば、テレビ、ラジオ、映画などが含まれます。アナログメディアは、長年にわたって多くの人々に利用されてきたメディアであり、メディアミックスの中でも重要な役割を果たしています。

メディアミックスのメリット

各メディアの強みを活かせる

メディアミックスでは、各メディアの強みを活かすことができます。例えば、インターネットメディアは低コストで効果的なマーケティングが行えますが、視覚的な印象を与えることは難しいと言われています。一方、テレビや映画などのアナログメディアは、高品質な映像や音声を提供できますが、配信範囲が限られています。

幅広いユーザーにリーチできる

メディアミックスを採用することで、幅広いユーザーにリーチできます。例えば、インターネットメディアを活用することで、世界中のユーザーにアクセスできます。一方、テレビやラジオなどのアナログメディアを活用することで、年齢層や地域に関係なくリーチできます。

広告接触回数が増え興味喚起度が向上する

メディアミックスを採用することで、広告接触回数が増えます。これにより、興味喚起度も向上します。例えば、インターネット広告やテレビ広告などで製品やサービスを紹介し、後に店頭やウェブサイトなどで詳しい情報を提供することで、顧客の興味を引き続き高めることができます。

メディアミックスの注意点

メディアミックスは、複数の広告媒体を組み合わせて宣伝効果を最大化する手法です。しかし、注意すべき点があります。

適切に予算配分しないと、費用対効果が下がる

メディアミックスを成功させるには、各媒体ごとに適切な予算配分が必要です。Google Ads、Facebook Ads、Rakutenなど、各媒体の特性を理解し、その特性に合わせた配分を行うことが重要です。また、予算配分を行う際には、予算配分後の費用対効果を見据えた判断が必要です。この際には、ROI(投資対効果)を計算することで、最適な予算配分を行うことができます。

原作と乖離する部分があると失敗しやすい

メディアミックスで作成する宣伝物には、原作と乖離する部分がないように注意が必要です。原作ファンにとっては、原作と異なる内容があると不快に感じることがあります。そのため、原作のストーリーやキャラクター設定などを正確に把握し、再現することが必要です。また、宣伝物には、広告主の意図をしっかりと反映させることも重要です。

メディアミックスで成功するためのポイント

カスタマージャーニーを意識してメディア戦略を立てる

カスタマージャーニーは、顧客が製品やサービスを購入する過程を描写するものです。メディアミックス戦略を立てる際には、顧客がどのような情報を探しているのか、どのような媒体を使っているのか、などを考慮することが重要です。このような情報をもとに、最適なメディアを選択し、顧客とのエンゲージメントを強化できます。

適切なメディアの特徴を理解し、適切なメディアを選択する

各メディアには特徴があり、メッセージを伝える上で最適なメディアも異なります。例えば、インターネットメディアはターゲットグループに対するリーチが高いという特徴がありますが、アナログメディアは広告を見た際に印象が強いという特徴があります。これらの特徴を理解して、最適なメディアを選択することで、効果的なメディアミックスを実現できます。

メディアごとに訴求を変える

メディアごとに特徴が異なるため、同じメッセージを使用するのではなく、メディアに合った訴求を変えることが重要です。例えば、インターネットメディアを使用する際には、顧客に対して詳細な情報を提供することが有効ですが、アナログメディアを使用する際には、インパクトのあるショートメッセージを使用することが有効です。

まとめ

メディアミックスはマーケティングや広告において効果的な手法であり、各メディアの機能を活かして広告効果を向上させることができます。メディアミックスを採用することで、幅広いユーザーにリーチできるとともに、高い広告効果を実現できます。将来的にも、様々なメディアが発達していくことで、メディアミックスはますます重要な役割を担うことが期待されます。

よくある質問

Q: メディアミックスの予算配分はどのように行えば良いですか?

A: 予算配分は、各メディアの効果やコストを考慮して決定する必要があります。効果測定が可能なら、各メディアのROI(投資対効果)を評価し、効果的なメディアへの予算を増やすことが戦略的です。

Q: メディアミックスの実行時に注意すべき落とし穴はありますか?

A: メディアミックスは複雑な戦略であるため、コミュニケーションの調整や情報の整合性を保つことが難しい場合があります。また、一部のメディアに偏ることなく、バランスの取れた展開を心がける必要があります。

Q: メディアミックスの成功を評価する指標は何ですか

A: 成功を評価する指標は広告の目的によって異なりますが、セールスの増加、ウェブサイトへのトラフィック増加、ソーシャルメディアでのシェア数やエンゲージメント、ブランド知名度向上などが一般的な評価指標となります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ