売上UPに繋がるSNS運用法|成功事例を合わせて解説

企業がSNSを活用すべき理由

認知度拡大・売上向上のため

企業がSNSを活用すべき主な理由の1つは、リーチを広げ、認知度を高めることです。Facebook、Twitter、Instagram、LinkedInなどのプラットフォームは、世界中で多くのアクティブなSNSユーザーがいるため、企業が多くのオーディエンスにアプローチする機会を提供します。魅力的なコンテンツを作成し、会話に積極的に参加することで、企業はより多くのフォロワーを集め、オンラインプレゼンスを向上させることができます。

潜在顧客と直接コミュニケーションを取る

SNSを活用するもう一つのメリットは、潜在的な顧客に製品やサービスを直接宣伝できることです。ターゲットを絞った広告やプロモーションを通じて、企業は自社の製品に興味を持つ可能性の高い個人の注目を集めることができ、企業の売上や収益が増加する可能性もあります。

拡散されやすいという特徴がある

SNSは、製品やサービスの宣伝だけでなく、企業が顧客と直接関わることができるユニークな機会でもあります。コメントやメッセージ、フィードバックに応えることで、企業は顧客と強い関係を築き、意見や感想を大切にしていることを示すことができます。その結果、ロイヤルティの向上やリピーター獲得につながるのです。

SNSを活用するメリット

低予算でも始められる

SNS活用の最も大きなメリットは、低予算で行えるということです。テレビ広告やビルボードなどの従来の広告手法に比べ、SNS広告は大幅にコストを抑えることができるため、リソースが限られている中小企業やスタートアップ企業にとっては、魅力的な選択肢となります。

運用の簡易性

大規模な計画や準備が必要な他の広告手法とは異なり、SNSマーケティングは迅速かつ容易に行うことができ、数回クリックするだけで、企業はコンテンツを作成・投稿し、顧客と関わり、その結果を追跡することができます。

タッチポイントが増える

またSNSは、企業がオーディエンスとつながるための複数のタッチポイントを提供します。定期的にコンテンツを投稿し、フォロワーと関わることで、企業は知名度を上げ、顧客との関係を構築することができます。その結果、顧客ロイヤルティの向上やリピーター獲得につながるのです。

ブランディング効果が向上できる

SNSは、企業のブランディングを向上させる機会を提供します。強いブランド・アイデンティティを確立し、ブランド・バリューに沿ったコンテンツを継続的に投稿することで、企業はブランドの認知度と知名度を高めることができます。その結果、顧客からの信頼とロイヤリティを高めることができます。

売上アップに繋げられる

強いブランドはSNSでアイデンティティを確立し、ブランド・バリューに沿ったコンテンツを継続的に投稿することで、企業はブランドの認知度と知名度を高めることができます。その結果、顧客からの信頼とロイヤリティを高めることができます。

SNSを運用する際に注意すべきポイント

炎上リスクがある

SNSの活用には、潜在的なバックラッシュやネガティブパブリシティのリスクが伴います。つまり、企業のSNSへの投稿やキャンペーンが、視聴者のネガティブな反応を引き起こし、バイラルな悪影響につながる可能性があるのです。そのため、投稿の内容や起こりうる反応を慎重に検討することが肝要です。

敏感な話題を触れない

敏感な話題や物議を醸すような話題は避けるべきです。不注意や無神経な発言をすると、大きな反発を招き、ブランドの評判を損なうことになりかねません。オーディエンスが文化的、社会的、政治的に敏感であることを認識し、境界線を越えないようにすることが重要です。

キャンペーン実施する前に情報を公開しない

SNSキャンペーンやプロモーションを開始する前に、企業は必要な情報がすべて公開されていることを確認する必要があります。顧客の混乱や不満につながるような、誤解を招くような曖昧な情報は避けることが重要です。キャンペーンやプロモーションの条件を明確に伝えることは、潜在的な法的問題や風評被害を避けるために不可欠です。

SNSの投稿をバズらせるコツ

共感を得やす投稿内容を作る

SNS用のコンテンツを作成する際に最も重要なことの1つは、オーディエンスに共感してもらえるようにすることです。オーディエンスが共感し、価値を見出すことができるコンテンツを作成することによって、視聴者の興味、苦痛、欲求を理解することで実現できます。

ハッシュタグの活用

関連性の高いハッシュタグを使用することで、議論しているトピックに関心のある人たちにコンテンツをより発見してもらうことができます。さらに、トレンドのハッシュタグを使えば、より多くの人にリーチでき、他の方法では見られなかったような人の目にあなたのコンテンツが触れるようになります。ただ、自分のコンテンツに関連するハッシュタグを使い、やり過ぎないようにしましょう。

適宜トレンドに乗っかる

何かがトレンドになっているということは、人々がそれについて話しているということであり、これをうまく利用することができます。トレンドに関連したコンテンツを作ったり、その周辺の会話に参加したり、あるいはトレンドを利用してまったく新しいものを作ったりすることができます。そうすることで、トレンドの話題を利用し、あなたのコンテンツがバイラルになる可能性を高めることができます。

拡散されやすいコンテンツを作成する

SNSへの投稿を流行らせるためには、共有可能なコンテンツを作成する必要があります。これは、人々が友人や家族、フォロワーと共有したくなるようなコンテンツを作ることを意味します。そのためには、面白い、ためになる、あるいは刺激的なコンテンツを作ることです。また、質問や投票など、人々があなたのブランドと関わることを促すようなコンテンツを作ることも可能です。

SNSの活用により売上UPできた事例

株式会社アイリスオーヤマ

家庭用品を中心に展開する株式会社アイリスオーヤマでは、Instagramを活用したキャンペーンを実施しました。キャンペーンでは、同社の商品を使った写真を投稿すると、抽選で商品が当たるというものでした。このキャンペーンにより、Instagramのフォロワー数が急増し、同時に商品の知名度も上がりました。さらに、キャンペーン期間中には、同社の商品の売り上げも増加しました。

セブンイレブン・ジャパン株式会社

セブンイレブン・ジャパン株式会社はTwitterを活用したキャンペーンを実施しました。キャンペーンでは、同社の商品を購入し、キャンペーンハッシュタグをつけて投稿すると、抽選で商品が当たるというものでした。このキャンペーンにより、Twitterで同社の商品が話題になり、多くの人が投稿しました。さらに、キャンペーン期間中には、同社の商品の売り上げも増加しました。

まとめ

SNSは、今日のデジタル環境において競争力を維持し、関連性を保ちたいと考える企業にとって不可欠なツールです。SNSプラットフォームを活用し、リーチを広げ、商品を宣伝し、顧客と関わることで、企業は認知度や売上を高め、最終的には成功を収めましょう。

よくある質問

Q:SNSを運用するのに必要なスキルはありますか?

A:SNSを運用する上で、基本的なコミュニケーションスキルや文章力、SNS特有のコンテンツ制作スキルなどが必要になります。また、SNS分析ツールの使用方法も理解しておくことが望ましいです。

Q:SNSで投稿する内容はどのように決めたらよいですか?

A:SNSで投稿する内容は、企業のブランディングに合ったものを選ぶことが大切です。自社の強みをアピールする投稿や、共感を呼ぶエピソードなど、顧客にとって魅力的なコンテンツを作成することが売上UPにつながります。

Q:SNS運用を始める前に用意しておくべきものはありますか?

A:SNS運用を始める前には、企業の方針や目的を明確にし、戦略的に運用するための計画書を作成することが重要です。また、SNSアカウントを開設する際には、ロゴやアイコン、プロフィール文などのアカウント設定を事前に行うことが必要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ