画像編集ツール・ソフトについて、基本と選定ポイントを紹介

画像編集ツールとはなにか?

画像編集ツールとは、デジタル画像を編集するために使用されるソフトウェアのことです。画像をクロップ(トリミング)やリサイズ(サイズ変更)、明るさやコントラストの調整、カラーバランスの修正、フィルターの適用など、様々な編集が可能です。また、画像にテキストや図形を追加したり、背景を変更することもできます。代表的な画像編集ツールには、Adobe PhotoshopやGIMP、Affinity Photo、Canvaなどがあります。これらのツールは、プロフェッショナルなグラフィックデザイナーから、一般のユーザーまで、さまざまな人々に利用されています。

画像編集ソフトでできること

画像編集ソフトは、様々な編集作業ができるツールです。以下にその例を挙げます。

色や明るさ、ぼかしなどの編集

画像の色や明るさ、コントラスト、彩度などを調整できます。また、ぼかしやシャープネスの調整も可能です。これらの編集は、写真の補正や修正に利用されます。

画像のトリミングや置き換え

画像の一部をトリミングしたり、別の画像と置き換えたりすることができます。これは、画像のサイズや構成を変更するために利用されます。

サイズ変更、レイヤー

画像のサイズを変更することができます。また、複数の画像を重ねたり、透明なレイヤーを追加したりすることもできます。これらの機能は、グラフィックデザインや写真編集に利用されます。

画像編集ツール・ソフトを選ぶ際に着目するポイント

画像編集ツール・ソフトを選ぶ際には、以下のポイントに着目することが重要です。

ブラウザ型か?インストール型か?

ブラウザ型

ブラウザ型の画像編集ツール・ソフトは、ウェブブラウザ上で利用することができます。インストールが不要で、クラウド上に保存された画像を編集することができます。利用する際には、ネットワーク接続が必要です。利用料金は、利用時間や編集機能など、ソフトによって異なります。ブラウザ上での編集は、軽量で使いやすいため、初心者や軽度な編集作業に適しています。

インストール型

インストール型の画像編集ツール・ソフトは、パソコンにソフトウェアをインストールして利用するタイプです。オフラインで利用できるため、ネットワーク接続が不要です。機能や操作性が豊富で、高度な編集作業に適しています。一方で、インストールが必要であるため、導入に手間がかかります。また、利用には一定の知識や技術が必要な場合があります。

使用目的に合った編集機能が備わっているか?

ソフトを選ぶ際は有名なソフト、高価なソフトをただ選ぶのではなく、使用目的に合わせて必要な編集機能が備わっているかを確認することが大切です。以下に代表的な2つの使用目的について、それぞれの編集機能について説明します。

画像補正型

画像補正型の編集ツール・ソフトでは、写真の補正や修正に必要な機能が備わっています。例えば、色調補正、露出補正、シャープネス、ノイズリダクションなどがあります。また、レタッチ機能も備わっており、肌の滑らか化や目の輝きの調整などもできます。これらの機能は、写真家やグラフィックデザイナーに必要な編集機能であるため、写真の補正や修正に必要な機能が備わっていることが重要です。

イラスト作成型

イラスト作成型の編集ツール・ソフトでは、イラストや図形を作成するための機能が備わっています。例えば、ペンツールやブラシツール、図形描画ツールなどがあります。また、レイヤーやマスク機能も備わっており、複雑なイラストの制作に必要な機能が揃っています。これらの機能は、イラストレーターやグラフィックデザイナーに必要な編集機能であるため、イラストや図形の作成に必要な機能が備わっていることが重要です。

料金が発生するか?

画像編集ツール・ソフトには、無料版と有料版があります。無料版の場合、基本的な編集機能は使用できますが、高度な機能が制限されている場合があります。一方、有料版の場合、高度な機能が使えることが多く、さらに専門的な機能も追加される場合があります。使用目的に応じて、必要な機能が無料版にあるかどうかを確認することが重要です。

日本語に対応しているか?

日本語に対応しているかどうかも、選ぶ際に確認するポイントの一つです。日本語に対応している場合、操作や設定がよりスムーズに行えるため、初心者でも扱いやすくなります。また、日本語のマニュアルやサポートがある場合もありますので、トラブルが生じた場合にも安心です。海外製品の場合、日本語に完全に対応していない場合があり、何か問い合わせしたいときには英語等の外国語を読む必要があり、注意が必要です。

まとめ

画像編集ツール・ソフトを選ぶ際には、以下のポイントに着目することが重要です。まず、ブラウザ型かインストール型かを選ぶこと。ブラウザ型は簡単に使えますが、機能に制限があることが多く、インストール型は機能が多く使いやすいですが、インストールが必要です。また、使用目的に応じて、ソフトの型や料金も確認しましょう。最後に、日本語サポートに対応しているかどうかも確認することをおすすめします。これらのポイントを考慮することで、自分に合った画像編集ツール・ソフトを選ぶことができます。

よくある質問

Q: 画像編集ツール・ソフトはどのような場面で使われるのですか?

A: 画像編集ツール・ソフトは、写真の補正や加工、イラストの作成など、様々な場面で使われます。一般的に、Webデザイナーやグラフィックデザイナー、フォトグラファー、イラストレーターなどが利用しています。

Q: 有料版と無料版、どちらを選べばいいですか?

A:結論、 使用目的によって異なります。基本的な編集機能だけで十分な場合は無料版でも問題ありませんが、より高度な機能を使いたい場合は有料版を選ぶべきです。

Q: 画像編集ツール・ソフトは、どのような種類がありますか?

A: 画像補正型のものと、イラスト作成型のものがあります。画像補正型のツールは、写真の補正や加工、修正などができるもので、代表的なものにPhotoshopがあります。一方、イラスト作成型のツールは、イラストの作成やデザインに特化しているもので、代表的なものにIllustratorがあります。

Q: 画像編集ツール・ソフトは、どのような形式で保存できますか?

A: 一般的に、JPEG、PNG、GIF、TIFFなどの形式で保存できます。ただし、各ツール・ソフトによって異なるため、保存できる形式を確認することが重要です。

CTA画像
ネットショップの集客をまるっとサポートします。SNSや広告、SEOまで、全ての販売チャネルで対応可能です。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/03】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ