【EC担当者必見!】自社サイトとECモールの違いは?メリットやデメリット!

ECモールと自社サイトの違いは?

最近、オンラインショッピングがますます人気を集めていますよね。商品を購入する際に、ECモールや自社サイトを利用することがありますが、それぞれには特徴的な違いがあります。まず、ECモールは、複数のブランドや企業が集まった大きなオンラインマーケットプレイスです。たとえば、Amazonや楽天市場などが有名なECモールの例です。一方、自社サイトは、企業やブランドが自身の商品やサービスを直接販売するためのオンラインプラットフォームです。自社サイトでは、企業やブランドが自分たちの製品やブランドイメージを重視した独自の販売環境を作ることができます。ECモールと自社サイトの違いは、主に集客とブランドイメージの面で現れます。ECモールは多くの利用者が訪れるため、多くの人々に商品を見てもらう機会があります。一方、自社サイトでは、企業やブランドの独自性や独自の価値提案を伝えることができます。また、自社サイトでは、顧客との直接的な関係を築くことができるため、顧客ロイヤルティを高めることができるでしょう。

モール型通販サイトを選ぶメリット

集客力が高い

モール型通販サイトは、多くの人々が商品を探したり購入したりするために訪れる場所のため、大規模な広告キャンペーンやマーケティング活動を頻繁に展開し、多くの利用者が集まります。そのため、商品を多くの人々に見てもらうチャンスが増えます。集客力の高さは、新規顧客の獲得や販売促進に大いに役立つでしょう。

信頼性を築きやすい

有名なモール型通販サイトでは、品質管理やセキュリティ対策に厳しい基準を設けているため、利用者は安心して商品を購入できると感じることができます。また、モール型通販サイトは、利用者からのレビューや評価を公開する機能を提供していることが多いので、商品やサービスの品質や信頼性を確認しやすくなります。信頼性が高いと知られているモール型通販サイトを利用することで、顧客の信頼を獲得しやすくなるでしょう。

モール型通販サイトを選ぶデメリット

ショップにブランド力がつかない

モール型通販サイトは、さまざまなブランドや企業が集まっているため、他の出店者との競争が激しくなり、自社のブランド力を独自にアピールする機会が限られることがあります。商品やサービスの個性や独自性を強調することが難しくなることで、他の出店者との差別化が困難になることもあります。自社のブランド力を十分に発揮したい場合は、独自のオンラインストアやマーケティング戦略を構築することが重要です。

出店料が必要

モール型通販サイトへの出店には、一定の費用がかかることもあります。出店料や手数料などの費用が発生する場合があり、それに加えて広告費やマーケティング費用もかかるかもしれません。これらの費用は、売上げに応じて発生することが多く、ビジネスの規模や予算によっては負担となることも考えられます。自社サイトを運営する場合に比べて、コストが高くなる可能性があるため、事前に計画や予算を立てて検討することが大切です。

自社ECサイトのメリット

利益率が高い

自社ECサイトを運営する最大のメリットは、利益率が高くなる可能性があることです。自社ECサイトでは、中間業者や手数料がないため、商品やサービスの価格をより競争力のあるレベルに設定することができます。また、自社ECサイトでは、顧客との直接的な関係を築くことができるため、顧客のニーズや嗜好をより正確に把握し、効果的なマーケティングやセールス戦略を展開することができます。これにより、売上と利益を最大化することができるでしょう。

ブランディングしやすい

自社ECサイトを運営することで、ブランディングの機会が増えます。自社ECサイトでは、独自のデザインやコンテンツを自由にカスタマイズすることができます。企業やブランドのアイデンティティや価値観を反映させたオリジナルなウェブサイトを構築することで、顧客に強い印象を与えることができます。また、自社ECサイトでは、ブランドのストーリーを伝えたり、商品の詳細な説明や魅力を伝えたりすることができるため、顧客に対して独自性や信頼性をアピールしやすくなるでしょう。

リピート率の向上を図りやすい

顧客が自社ECサイトに再度訪れる際には、ログインやカートの保存などの便利な機能を提供することで、顧客体験を向上させることができます。また、自社ECサイトでは、顧客情報や購買履歴を蓄積し、顧客に合わせたパーソナライズされたオファーや特典を提供することができます。これにより、リピート率を向上させることができ、長期的な顧客ロイヤルティを築くことができるでしょう。

自社ECサイトのデメリット

成果が出るまでに時間がかかる

オンライン市場は競争が激しく、顧客の信頼を築くには時間と努力が必要です。初めての取引や初めての顧客獲得には、時間がかかることがよくあります。サイトの設計や機能の最適化、効果的なマーケティング戦略の実施など、さまざまな要素に対して試行錯誤が必要です。忍耐と努力が必要ですが、時間をかけて自社ECサイトを成長させることで、長期的な成果を得ることができます。

集客に取り組む必要がある

自社ECサイトは、他の競合サイトや大手ECモールと競い合うことになるため、効果的なマーケティング戦略や広告活動を展開する必要があります。SEO対策やSNSプロモーション、コンテンツマーケティングなど、さまざまな方法で集客を増やすことが求められます。集客に力を入れることで、より多くの人々に自社ECサイトを知ってもらい、売上の拡大につなげることができます。

ECサイト主体性が求められる

自社ECサイトを運営するには、主体性が求められます。自社ECサイトでは、サイトのデザインや機能、顧客サポートなど、すべてを自社で管理しなければなりません。顧客からの問い合わせやトラブル対応、在庫管理、商品発送など、多岐にわたる業務を自社で担当する必要があるため、チームの協力や効率的な業務プロセスの確立が重要です。自社のブランドやビジネスの特徴をしっかりと打ち出し、自社ECサイトの主体性を持って運営することが求められます。

まとめ

自社ECサイトは、企業やブランドが自由にコントロールし、独自のビジネス戦略を展開することができる販売チャネルです。ただし、競争が激しいオンライン市場では、効果的なマーケティングや顧客サポートが必要です。継続的な改善と顧客の声に耳を傾けながら、自社ECサイトを発展させていきましょう。

よくある質問

Q:自社サイトとECモールの違いは何ですか?

A:自社サイトは、企業が自身で運営するオンラインショップです。一方、ECモールは複数の企業やブランドが集まって運営するオンラインショッピングモールです。

Q:自社サイトのメリットは何ですか?

A:自社サイトのメリットはいくつかあります。例えば、ブランディングしやすいことや利益率が高いこと、リピート率の向上を図りやすいことなどが挙げられます。

Q:ECモールのデメリットは何ですか?

A:ECモールのデメリットも考慮すべきです。例えば、ブランド力がつかないことや出店料が必要なことがあります。また、他の出店者との競争が激しくなる可能性もあります。

CTA画像
ネットショップの集客をまるっとサポートします。SNSや広告、SEOまで、全ての販売チャネルで対応可能です。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ