Webユーザビリティとは?その基本と改善ポイントを紹介

WEBユーザビリティとは何か

WEBユーザビリティとは、Webサイトやアプリケーションなどのデジタルコンテンツが利用者にとってどれだけ使いやすく、理解しやすいかという度合いを示す指標のことを指します。Webサイトの利用者がコンテンツを容易に閲覧でき、必要な情報を容易に探せ、必要な操作が容易にできるようにすることが目的です。

ユーザーエクスペリエンス(UX)との違い

ユーザーエクスペリエンス(UX)は、Webサイトやアプリケーションなどのデジタルコンテンツにおいて、利用者が受ける体験全体を指します。これには、ユーザビリティだけでなく、デザイン、コンテンツの質、使いやすさ、感情的な反応など、多くの要素が含まれます。一方、ユーザビリティは、特にWebサイトやアプリケーションの使用において、利用者がコンテンツを使用するために必要な操作の容易さと理解のしやすさに焦点を当てています。

UIとの違い

UI(ユーザーインターフェース)は、Webサイトやアプリケーションの外観や機能を指します。これには、ボタンやメニューの配置、色、アイコン、フォントなどが含まれます。一方、ユーザビリティは、UIの中でも特に利用者の使用や理解に焦点を当てています。つまり、UIがユーザーに提示する要素が、ユーザーにとって使いやすく、理解しやすいかどうかを評価するのがユーザビリティです。

Webユーザビリティに関するよくある間違い

どんな方でも使えるようにするのはアクセシビリティ

アクセシビリティは、身体的な障がいや認知的な障がいを持つ方々もWebサイトやアプリケーションを利用できるようにするための取り組みのことです。一方、Webユーザビリティは、誰でも簡単に利用できるようにすることが目的ですが、アクセシビリティとは異なる概念です。

全ての方が満足するものにすることは間違い

Webユーザビリティの目的は、Webサイトやアプリケーションを利用するユーザーがより使いやすく、より効率的に目的を達成できるようにすることです。しかし、全てのユーザーが100%満足することは不可能であり、ユーザビリティを改善する場合は優先度をつけて改善する必要があります。

見た目上のわかりやすさ・使いやすさ「だけ」ではない

Webユーザビリティには、見た目上のわかりやすさ・使いやすさだけでなく、情報の整理や検索のしやすさ、エラーメッセージのわかりやすさなど、多くの要素が含まれます。デザインやUIに加えて、機能やコンテンツの品質、ユーザーの目的に沿った構成やナビゲーションなども重要です。

Webサイトのユーザビリティを改善するポイント

ボタンのデザインを工夫する

ボタンは、ユーザーがサイト上で行いたいアクションを実行するための重要な要素です。そのため、ボタンのデザインには十分な注意を払う必要があります。ボタンの大きさ、色、形、配置などを工夫することで、ユーザーが目的のアクションを素早く見つけられるようにすることができます。

ページ内リンクを設定する

ページ内リンクは、サイト内の情報を素早く見つけるための重要な手段です。特に、長いページや複数のページがある場合は、ページ内リンクを設定することで、ユーザーが必要な情報に迅速にアクセスできるようになります。

複数チャネルで一貫性を持たせる

Webサイトを利用するユーザーは、PCやスマートフォンなど、様々なチャネルを使ってアクセスすることがあります。そのため、Webサイトを設計する際には、複数チャネルで一貫性を持たせることが重要です。デザインやナビゲーションの統一、情報の整理、コンテンツの適切な配信などを行うことで、ユーザーがストレスなくサイトを利用できる環境を整えることができます。

まとめ

以上、Webユーザビリティに関する情報をまとめました。Webサイトのユーザビリティを改善するためには、アクセシビリティやページ内リンク、複数チャネルでの一貫性の確保など、様々なポイントがあります。見た目上のわかりやすさ・使いやすさ「だけ」に注目するのではなく、ユーザーが求める情報を素早く見つけるための工夫が必要です。Webサイトを利用するユーザーの視点に立って、より良いユーザビリティを実現することが大切です。

よくある質問

Q: Webユーザビリティとは何ですか?

A: Webユーザビリティとは、Webサイトやアプリケーションなどのインターフェースが、ユーザーにとって使いやすくわかりやすいものであるかどうかを評価する指標のことです。

Q: ユーザーエクスペリエンス(UX)とWebユーザビリティの違いは何ですか?

A: ユーザーエクスペリエンス(UX)とWebユーザビリティは密接に関連していますが、WebユーザビリティはユーザーがWebサイトを利用する際の使いやすさに焦点を当てているのに対し、UXはユーザーがWebサイトやアプリケーションを利用する際の総合的な体験に焦点を当てています。

Q: Webユーザビリティを改善するにはどうすればいいですか?

A: Webユーザビリティを改善するためには、アクセシビリティやページ内リンク、複数チャネルでの一貫性の確保など、様々なポイントがあります。具体的には、ボタンのデザインを工夫する、ページ内リンクを設定する、複数チャネルで一貫性を持たせるなどが挙げられます。

Q: Webユーザビリティの評価にはどのような方法がありますか?

A: Webユーザビリティの評価には、ユーザビリティテストやアンケート調査、Webログ分析などの方法があります。それぞれの方法には特徴があり、目的に応じて適切な方法を選択する必要があります。

Q: Webユーザビリティを重視することのメリットは何ですか?

A: Webユーザビリティを重視することで、ユーザーがサイトを利用する際のストレスを軽減し、サイトの利用率を向上させることができます。また、ユーザーからの評判や口コミが良くなり、Webサイトのブランド価値を高めることもできます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ