効果的なバナーを作成するポイント

バナーとは

バナーとは、ウェブサイト上などで広告やメッセージを表示するために用いられる、長方形や正方形などの図形のことを指します。通常、画像やテキスト、リンクなどが組み合わせて作られ、クリックすることで広告主のウェブサイトや商品ページなどに遷移することができます。バナーはウェブ広告の中でも最も基本的な形態の1つで、広告主がターゲットユーザーにアプローチするために利用されます。

効果的なバナーの作り方

バナーは、ウェブ広告の効果を高めるために非常に重要な役割を担っています。効果的なバナーを作成するためには、以下の手順が必要です。

バナーに入れる要素を書き出す

最初に、バナーに入れる、表現したい要素を書き出します。要素を書き出したら、ターゲットに対して伝えたい順番を決めることで、印象を強くするべき要素が明確になり、後々デザインしやすくなります。

必要な素材を準備する

素材を準備します。バナーを作りながら都度素材を探したり、作っていては効率が悪くなるため、バナーを作る段階では、最終的に配置するだけで完成する状態にまで準備しておけば、作業がスムーズになるでしょう。

モノクロでレイアウトを作っていく

バナーのレイアウトを作成する際には、まずモノクロで基本的なレイアウトを作成します。これにより、バナーの構成をシンプルにし、必要な要素を効果的に配置することができます。モノクロでレイアウトを作成することで、配色による影響を受けずに、コンポジションやバランスを確認することができます。

カラーを選択する

次に、カラーを選択します。カラーは、ブランドのイメージや広告の目的に合わせて選択します。また、カラーの使用方法も重要であり、バナーのレイアウトにフィットするように調整することが必要です。カラーの選択には注意が必要であり、明るすぎたり、深すぎたりすると、ユーザーに不快感を与えることがあります。

背景や文字に装飾を付ける

最後に、背景や文字に装飾を付けます。背景には、グラデーションやテクスチャなどを使用することで、バナーのデザイン性を高めることができます。また、文字には、影やアウトラインなどのエフェクトを付けることで、文字をより強調することができます。ただし、装飾には過剰になりすぎないように注意する必要があります。

効果的なバナーを作るためのポイント

デザインとトーンを合わせる

バナーのデザインは、伝えたいメッセージやターゲットに合わせてトーンを設定することが大切です。例えば、ファッションブランドのバナーの場合は、洗練されたデザインや美しい写真を使用することが有効です。一方で、イベントの告知バナーの場合は、カラフルで明るいデザインを採用することが良いでしょう。デザインとトーンを合わせることで、バナーの効果を高めることができます。

文字は必要最低限にする

バナーには、伝えたいメッセージを簡潔にまとめたキャッチコピーを使用することが有効です。しかし、文字が多すぎると、バナーを見たユーザーが読むことを諦めてしまう可能性があります。そのため、文字は必要最低限に留め、伝えたいメッセージを的確に伝えるようにします。

わかりやすいキャッチコピーを使う

バナーのキャッチコピーは、ユーザーに伝えたいメッセージを伝えるために重要です。しかしキャッチコピーがわかりにくいと、ユーザーがバナーをスルーしてしまう可能性があります。そのため、わかりやすいキャッチコピーを使用し、ユーザーがすぐに理解できるようにすることが重要です。

目線の流れに沿ったレイアウトにする

バナーのレイアウトは、目線の流れに沿ってデザインすることが大切です。例えば、左上から右下に流れるレイアウトを採用すると、ユーザーがバナーを見た際にスムーズに情報を受け取ることができます。

写真と文字のコントラストを明確にする

バナーには、伝えたいメッセージを簡潔にまとめたキャッチコピーと、それを補完する写真を使用することが有効です。しかし、写真と文字のコントラストが不明瞭だと、バナーの伝えたいメッセージが伝わらない可能性があります。そのため、写真と文字のコントラストを明確にし、バランスを取るようにします。

印象が強すぎる写真を使用しない

バナーに使用する写真は、伝えたいメッセージと一致するものを選ぶ必要があります。しかし、印象が強すぎる写真を使用すると、バナーの伝えたいメッセージが失われてしまう可能性があります。そのため、写真は伝えたいメッセージをサポートするものを選び、バランスを取るようにします。

画質の良い写真を使用する

バナーに使用する写真は、画質が高いものを選ぶことが大切です。画質の低い写真を使用すると、バナー全体の印象が悪くなる可能性があります。そのため、画質の良い写真を使用し、バナーのクオリティを高めるようにします。

まとめ

今回は、「バナーとは」「効果的なバナーの作り方」「効果的なバナーを作るためのポイント」について説明しました。上述した作成の仕方を踏襲することで、効果的なバナーを効率よく作成することができるでしょう。また、バナーを作成するためには、レイアウトのデザイン、カラーの選択、装飾の付加、キャッチコピーなどに注意が必要です。以上のポイントに留意し、魅力的で効果的なバナーを作成することができます。

よくある質問

Q1: バナーにどのような情報を載せるべきですか?

A1: バナーに載せる情報は、目的やターゲット層に合わせて変わります。ただし、基本的には、短くわかりやすいキャッチコピー、商品やサービスの特徴や魅力を伝える写真、お得な情報やキャンペーンなどの告知などがよく使われます。

Q2: バナーの色の選び方には何かポイントがありますか?

A2: バナーの色の選び方には、商品やサービスのイメージやターゲット層、Webサイトや広告の配色などを考慮する必要があります。また、色の組み合わせによって、バナーの印象が大きく変わるため、カラーの相性を考慮することも重要です。

Q3: バナーにはアニメーションを使うべきですか?

A3: アニメーションは、バナーの注目度を高める効果がありますが、過剰なアニメーションは見る人にストレスを与えることもあります。適度なアニメーションを使用する場合でも、長すぎるアニメーションは避けるようにしましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/03】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ