ユーザー行動を知るための行動観察とは

行動観察とは

行動観察とは、人々の行動や反応を観察することで人々の思考や行動パターンを理解しようとする方法です。この手法は、心理学や人間中心設計など、多くの分野で使用されており、WEBをはじめとしたデジタルの分野でも押さえておきたい手法です。

ユーザー行動観察調査とは

ユーザー行動観察調査とは、製品やサービスの利用者がその製品やサービスを使用する際の行動を観察し、改善点や問題点を洗い出すための調査手法です。この手法は、製品開発やマーケティングなどの分野で使用されています。

ユーザー行動観察調査と人間中心設計

人間中心設計とは、製品やサービスを利用する人々のニーズや行動パターンを重視し、彼らの利用しやすさを追求する設計手法です。ユーザー行動観察調査を通じて、製品やサービスを利用する人々の行動を把握することで、より使いやすい製品やサービスを提供することができます。

なぜ行動観察が成果に繋がるのか?

行動観察によって人々がどのように製品やサービスを利用しているかを直接観察することで、彼らのニーズや問題点を把握することができます。この手法によって得られた情報は直接的で客観的なものであり、製品やサービスの改善に役立ちます。また、定量分析に比べて柔軟性が高く、発見的な分析が可能であることも利点の一つです。

定量分析との違い

行動観察は、直接観察することで得られる主観的な情報に基づいて分析を行います。一方、定量分析は、数値データを集め、統計的手法を用いて分析を行います。行動観察は、個々のユーザーの行動を追跡し、その背後にある理由を理解することを目的としていますが、定量分析は、大量のデータを集め、一般的な傾向やパターンを把握することを目的としています。

他の定性分析(インタビュー等)との違い

インタビューやフィードバックなどの定性分析は、ユーザーの意見や感想を聞き取り、その内容を分析する手法です。行動観察は、ユーザーの実際の行動を観察することで彼らが意図しない行動を把握することができる一方で、インタビューなどの定性分析は、ユーザーが主観的に語る内容を分析するため、ユーザーの行動に対する客観的な情報が得られない場合があります。

行動観察調査のメリット

思いがけない発見にあいやすい

行動観察調査では、ユーザーが実際に行う行動を観察するため、思いがけない発見があることがあります。例えば、製品やサービスの使い方が想定と異なることがあるため、新しいニーズや改善のアイデアが浮かび上がることがあります。

話をする環境の違いは回答内容にも影響がある

インタビューやアンケート調査では、回答者の回答に影響を与える要因として、話をする環境が挙げられます。例えば、プライバシーや信頼性の問題がある場合、回答者が本音を話しにくいことがあります。一方、行動観察調査では、ユーザーが自然な状態で行動するため、本音を把握しやすいことがあります。

同じ空間に身をおくことで対象者に共感しやすい

行動観察調査では、リサーチャーがユーザーと同じ空間に身をおくことで、ユーザーとの共感が生まれることがあります。また、リサーチャーがユーザーの行動を直接目で見ることで、より深く理解し、分析することができます。これにより、ユーザーのニーズや問題点を正確に把握し、製品やサービスの改善に役立てることができます。

Web業界におけるユーザー行動観察

Web業界においては、ユーザー行動観察調査が重要な役割を果たしています。ウェブサイトやアプリなどのデジタル製品を開発する上で、ユーザーのニーズや使い方を深く理解することは不可欠です。そのため、ユーザー行動観察調査を通じて、より良い製品開発や改善につながる情報を得ることが求められています。

ユーザー行動観察調査の利点

ユーザー行動観察調査の利点としては、「ユーザーの実際の行動や反応を直接観察できるため、客観的な情報が得られる」「ユーザーが実際に抱えている問題点やニーズを発見しやすく、改善につながる情報が得られる」「ユーザーの思考や感情を理解しやすく、より深い洞察が得られる」といった点が挙げられます。

ユーザー行動観察調査×アクセスログ解析

ユーザー行動観察調査とアクセスログ解析を組み合わせることで、より詳細なユーザー分析が可能となります。アクセスログ解析は、ユーザーの行動を定量的に分析することができますが、ユーザーの思考や感情を把握することはできません。一方、ユーザー行動観察調査は、ユーザーの思考や感情をより深く理解できます。両者を組み合わせることで、より正確な分析が可能となります。

ユーザー行動観察調査×グループインタビュー

ユーザー行動観察調査とグループインタビューを組み合わせることで、より深い洞察や情報を得ることができます。グループインタビューは、複数のユーザーが参加するインタビュー形式であり、他のユーザーの意見や感想を聞くことができます。この方法を用いることで、ユーザーが実際にどのような思いでWebサイトを利用しているのかを知ることができ、Webサイトの改善に役立ちます。例えば、ユーザー行動観察調査でユーザーがWebサイトを利用する様子を観察した後、グループインタビューを実施することで、そのユーザーがWebサイトを利用した際に感じた不便やストレスを共有することができます。また、複数のユーザーが集まることで、他のユーザーの意見や感想を聞くことができるため、新たな改善案が生まれる可能性が高くなります。

まとめ

ユーザー行動観察調査は、ユーザーの実際の行動や反応を直接観察することで、より深い洞察が得られる調査手法です。そのため、製品開発や改善において重要な情報源となっています。また、アクセスログ解析やグループインタビューと組み合わせることで、より正確な分析が可能となります。Web業界においては、ユーザー行動観察調査がより重要性を増しており、今後もますます多くの企業で取り入れられることが予想されます。

よくある質問

Q: ユーザー行動観察調査の実施に必要なものは何ですか?

A: 観察対象となるユーザー、観察する場所、観察するためのカメラや録音機器、観察結果をまとめるためのノートやPCなどが必要です。

Q: ユーザー行動観察調査とアンケート調査はどう違うのですか?

A: ユーザー行動観察調査はユーザーの実際の行動を観察することで洞察を得る調査手法であり、アンケート調査は質問紙を用いてユーザーに意見を尋ねる調査手法です。

Q: ユーザー行動観察調査の実施にはどの程度の期間がかかりますか?

A: 観察する回数や期間は調査の目的や対象によって異なりますが、1回の観察で1〜2時間程度、観察回数を複数回行う場合は1週間程度が目安とされています。

Q: ユーザー行動観察調査の結果はどのように分析すれば良いのですか?

A: ユーザーの行動や反応を観察するための観察表を作成し、それをもとに課題や改善点を洗い出すことが一般的です。また、アクセスログ解析やグループインタビューなどと組み合わせることで、より深い分析が可能となります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ