ネイティブ広告の特徴・活用方法を解説

概要

ネイティブ広告とは?

ネイティブ広告とは、広告が自然にコンテンツに溶け込んでいる形式の広告のことを指します。つまり、ネイティブ広告は、ウェブサイトやアプリのコンテンツに一体感を持たせ、ユーザーに自然な形で商品やサービスを紹介する方法です。例えば、記事や動画の中に表示される広告や、ソーシャルメディアのフィードに流れる広告がネイティブ広告の一例です。ユーザーは、コンテンツを読んだり視聴したりする中で、広告との区別があまりつかずに、情報を受け取ることができます。そのため、ネイティブ広告は、より自然な広告体験を提供することができます。

ステルスマーケティング(ステマ)との違いは?

一方、ステルスマーケティング(ステマ)は、ネイティブ広告とは異なるアプローチです。ステマは「ステルス(stealth)」という言葉から来ており、隠れて宣伝や広告を行う手法を指します。ステマでは、宣伝や広告の存在が明示されずに、商品やサービスを紹介します。これは、一部のユーザーにとっては不正や欺瞞的な手法と見なされることもあります。ステマの例としては、匿名の口コミや評価、偽のユーザーレビューなどが挙げられます。

ネイティブ広告のメリット

ユーザーが自然に誘導される

ネイティブ広告の大きなメリットの一つは、ユーザーが自然に広告に誘導される点です。ネイティブ広告は、コンテンツに溶け込んでいるため、ユーザーは広告を受け入れやすくなり、自然な流れで商品やサービスに興味を持つことができます。このような広告のなかに自然に誘導されることで、広告の効果が高まります。

広告の露出を増やしやすい

ネイティブ広告はコンテンツと密接に結びついているため、ユーザーがコンテンツを閲覧する際に広告も目にすることができます。例えば、記事内や動画の中に配置されたネイティブ広告は、ユーザーがコンテンツを読んだり視聴したりする過程で自然に目にします。このように、広告の露出を増やしやすく、ブランドや商品の知名度向上に効果的です。

的確なターゲットにリーチできる

ネイティブ広告は、広告主が設定した特定の条件やユーザーの興味関心に基づいて配信し、特定のカテゴリのコンテンツを閲覧しているユーザーに対して、関連する商品やサービスのネイティブ広告を表示することができます。ユーザーの興味や行動に合わせた的確な広告を提供できるため、広告の効果が高まります。

ネイティブ広告を配信する際に注意すべきポイント

ターゲットに合った媒体を選ぶ

ネイティブ広告の配信にあたっては、ターゲットに合った媒体を選ぶことが重要です。特定の年齢層や趣味を持つターゲットにアピールしたい場合は、そのターゲットが集まる媒体を選ぶことが必要です。ターゲットの属性や関心にマッチした媒体を選ぶことで、広告の効果を最大化することができます。

広告毎のKPIは個別に設定する

広告の目的やコンセプトに応じて、適切なKPIを設定しましょう。例えば、広告の目的がブランド知名度向上であれば、露出数や視認率などの指標を重視することができます。一方、コンバージョンを目指す場合は、クリック数やアクション率などの指標を重要視することが適切です。広告毎に明確なKPIを設定することで、広告の成果を評価し改善するためのデータ分析がスムーズに行えます。

遷移先はランディングページではなくコンテンツへ

一般的な広告では、遷移先としてランディングページがよく使用されますが、ネイティブ広告ではコンテンツそのものが遷移先となることが多いです。なぜなら、ネイティブ広告はコンテンツに密着しているため、ユーザーが広告をクリックした際に、関連するコンテンツに直接アクセスすることが理想的です。ネイティブ広告の遷移先としてコンテンツを選ぶことで、ユーザーの興味関心を高め広告の効果を最大化することができます。

ネイティブ広告の種類

インフィード型

インフィード型は、ウェブサイトやアプリのコンテンツフィードに組み込まれる形式のネイティブ広告です。記事や動画、ソーシャルメディアのフィードなどに流れる広告が典型的なインフィード型です。コンテンツとの一体感があり、ユーザーに自然に広告を届けることができます。インフィード型のネイティブ広告は、広告主のメッセージがユーザーにより効果的に伝わるように設計されています。

カスタム型

カスタム型は、広告主が自社のブランドイメージやデザインに合わせて独自の形式で作成するネイティブ広告です。カスタム型のネイティブ広告は、ウェブサイトやアプリのデザインに調和し、ユーザーに広告とコンテンツの違和感を与えません。広告主は自由度が高く、ブランドの特徴やメッセージを強調するための細かなカスタマイズが可能です。

ペイドサーチ型

ペイドサーチ型は、検索エンジンの検索結果ページに表示される広告形式です。ユーザーがキーワードで検索を行った際に、関連する広告が表示される仕組みです。ペイドサーチ型のネイティブ広告は、検索結果との関連性が高く、ユーザーの意図に合致した広告を提供することができます。広告主はキーワードや表示順位の設定などを通じて、ターゲットユーザーにリーチする効果的な広告戦略を展開します。

プロモートリスティング型

プロモートリスティング型は、ウェブサイトやアプリの特定のコンテンツ内で表示される広告形式です。例えば、記事やブログの中で関連する商品やサービスを紹介する場合に利用されます。プロモートリスティング型のネイティブ広告は、コンテンツとの調和が重視され、ユーザーが自然に広告を受け入れることができます。

レコメンドウィジェット型

レコメンドウィジェット型は、ウェブページやアプリ内のウィジェットエリアに表示される広告形式です。ユーザーが特定のページを閲覧している際に、関連性の高い広告がウィジェットとして表示されることで、ユーザーの興味を引きつけます。レコメンドウィジェット型のネイティブ広告は、パーソナライズされた広告体験を提供し、ユーザーのニーズに合致する広告を配信することが可能です。

ネイティブ要素を持つインアド型

ネイティブ要素を持つインアド型は、ウェブページやアプリ内のコンテンツと一体化した広告形式で、コンテンツの流れに合わせて自然に表示されることが特徴です。例えば、記事や動画の中に広告が挿入される形式が一般的です。ネイティブ要素を持つインアド型のネイティブ広告は、ユーザーの注意を引きつけるだけでなく、広告とコンテンツの一体感を保ちながら広告メッセージを伝えることができます。

まとめ

ネイティブ広告は、ウェブサイトやアプリ内のコンテンツに自然に組み込まれ、ユーザーの注意を引きつけます。ターゲットユーザーに対してより的確なメッセージを伝えることができ、広告主にとって効果的な広告戦略を展開する手段となります。ユーザーの利便性や体験を考慮しながら、魅力的なWebネイティブ広告を作成してみましょう。

よくある質問

Q:ネイティブ広告とはどのような特徴を持っていますか?

A:ネイティブ広告は、コンテンツと一体化して自然に表示される広告形式です。ユーザーが広告とコンテンツを区別しにくく、広告への関心を高める特徴があります。

Q:ネイティブ広告の活用方法はありますか?

A:ネイティブ広告の活用方法は多岐に渡ります。インフィード型やプロモートリスティング型などの適切な形式を選び、ターゲットユーザーに合わせたメッセージやデザインを構築することが重要です。

Q:ネイティブ広告の効果はありますか?

A:ネイティブ広告は、一体感のある広告表示によりユーザーの興味を引きつけます。広告とコンテンツの一体感が高く、高いクリック率やコンバージョン率を実現することができる効果的な広告手法です。

CTA画像
ネットショップの集客をまるっとサポートします。SNSや広告、SEOまで、全ての販売チャネルで対応可能です。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ