Facebook広告の費用はどのくらいかかる?予算や目的に合わせて紹介

Facebook広告課金の方式

CPM

CPMは、Cost per Milleの略で、1,000回の広告表示に対する費用を表します。つまり、広告がどれだけ表示されたかに対して費用がかかります。例えば、1,000回の広告表示に1ドルがかかる場合、10,000回の広告表示には10ドルの費用がかかります。CPMは、ブランド認知度を高めるために使用されることが多く、広告掲載によってどれだけ多くの人々に広告を表示することができるかが重要となります。

CPC

CPCは、Cost per Clickの略で、クリックごとに広告主が支払う費用を表します。例えば、1回のクリックに1ドルがかかる場合、10回のクリックには10ドルの費用がかかります。CPCは、直接的な行動を促すことが目的となる広告に使用されることが多く、広告がクリックされることでどれだけ効果的にコンバージョンを生み出すかが重要となります。

CPV

CPVは、Cost per Viewの略で、ビデオ広告が再生された回数に対する費用を表します。例えば、1回の再生に1ドルがかかる場合、10回の再生には10ドルの費用がかかります。CPVは、ビデオ広告を用いて、製品やサービスについて説明することが目的となる広告に使用されることが多く、広告がどれだけ多くの人々に再生されたかが重要となります。

キャンペーン目的に合わせて課金方式を決める

認知度向上キャンペーン

認知度向上キャンペーンでは、製品やブランドなどの認知度を高めることが目的となります。この場合、CPM課金方式が適しています。CPM課金方式では、広告がどれだけ多くの人々に表示されたかが重要となります。認知度を高めるためには、できるだけ多くの人々に広告を表示する必要があるため、CPM課金方式を選択することが効果的です。

流入最大化キャンペーン

流入最大化キャンペーンでは、特定のウェブサイトやアプリに流入するトラフィックを最大化することが目的となります。この場合、CPC課金方式が適しています。CPC課金方式では、広告がクリックされた回数に応じて費用がかかります。つまり、広告がクリックされることでウェブサイトやアプリに流入するトラフィックを増やすことができます。そのため、CPC課金方式を選択することで効果が高まると考えられます。

エンゲージメント獲得キャンペーン

エンゲージメント獲得キャンペーンでは、広告を見た人々からの反応を増やすことが目的となります。この場合、CPM課金方式またはCPC課金方式が適しています。CPM課金方式を選択する場合は、広告を見た人々が広告に反応する可能性を高めます。一方、CPC課金方式を選択する場合は、広告がクリックされた際に反応を促すリンクを設置することが効果的です。

リード獲得キャンペーン

リード獲得キャンペーンとは、自社の商品やサービスに興味を持った人々から、メールアドレスや電話番号などの連絡先情報を収集するキャンペーンです。リード獲得キャンペーンは、基本的にCPL(Cost per Leadで、リード獲得数に応じて課金される方式です。リード獲得数が多ければ多いほど広告費用も高くなります。

Facebook広告の料金目安はどのくらい?

月3万円以内の場合

月3万円以内の広告費用であれば、特定の地域や興味・関心のある人々に配信する簡単なキャンペーンを行うことができます。ただし、広告の効果的な配信には細かい設定が必要となります。

月3万円~10万円の場合

月3万円から10万円程度の広告費用であれば、ターゲットを細かく設定することができます。また、広告配信のスケジュールを設定することも可能です。この程度の広告費用であれば、初めて広告を利用する中小企業や個人事業主にとっても、手軽に広告を利用することができます。

月10万円以上の場合

月10万円以上の広告費用であれば、より高度なターゲット設定や配信スケジュールの設定が可能となります。また、より多くの人々に広告を配信することができます。大規模な企業や商品のローンチキャンペーンなど、広告効果を最大化するためには、この程度の広告費用が必要となる場合があります。ただし、広告配信に関する知識が必要となるため、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

Facebookの広告予算設定

広告アカウントの予算上限

Facebook広告のキャンペーンでは、各キャンペーンに予算上限を設定することができます。この予算上限は、キャンペーン全体に適用され、広告セットや広告の予算設定よりも優先されます。つまり、キャンペーンの予算上限を超える広告費用は請求されません。キャンペーンの予算上限は、キャンペーン設定の「予算とスケジュール」から変更することができます。

キャンペーンの予算上限

Facebook広告の広告セットでは、各広告セットに予算上限を設定することができます。この予算上限は、広告セット内の広告の予算設定よりも優先されます。つまり、広告セットの予算上限を超える広告費用は請求されません。広告アカウントと同様に、広告セットの予算上限は、広告セット設定の「予算とスケジュール」から変更することができます。

広告セットの予算上限

広告セットの予算上限は、1つのキャンペーンにおいて複数の広告セットを作成する場合に設定されます。広告セットの予算上限を設定することで、そのキャンペーン全体の広告費をコントロールすることができます。広告セットの予算上限は、日額予算またはキャンペーン期間の総予算として設定できます。例えば、1つのキャンペーンに対して日額予算を10,000円と設定した場合、そのキャンペーンの広告費は1日あたり10,000円以内になります。

各広告の入札戦略

各広告の入札戦略は、広告を表示させるために最低限必要な金額を設定する方法です。Facebookでは、オークション方式を採用しており、広告表示の権利を得るために他社との入札競争を行います。各広告の入札金額は、その広告が表示される可能性がある人数やクリック率、広告表示位置などによって決まります。各広告の入札戦略を設定する際には、自動入札を使用することもできます。自動入札を使用することで、Facebookが最も効果的な入札金額を自動で設定してくれます。

Facebook広告の費用対効果を高めるポイント

キャンペーンの目的を明確にする

Facebook広告を活用する際、広告の目的を明確にすることが重要です。目的が不明確なまま広告を出稿してしまうと、広告費を無駄にしてしまうことになります。まずは自社のビジネス目的に沿った広告の目的を設定しましょう。例えば、商品の販売促進、ブランドの認知度向上、新規顧客獲得など、目的に応じて広告の出稿方法やターゲット設定、コンテンツ制作方法を決めることができます。広告の目的が明確になれば、広告の設計や改善にも繋がります。また、効果測定もできるため、今後の広告の改善にも役立ちます。

自動入札

Facebook広告では、手動入札と自動入札の2つの入札方法がありますが、自動入札を活用することで、費用対効果を高めることができます。自動入札は、入札単価を自動的に調整する機能です。例えば、目的とする行動(クリックやコンバージョンなど)が発生する確率が高いユーザーに対して、より高い入札単価を設定することができます。自動入札により、効果的にターゲットを絞り込み、効率的な広告運用が可能になります。ただし、自動入札を行うには、事前に広告アカウントの最低予算額を満たす必要がある場合があります。また、自動入札を行う際には、効果測定を適切に行い、入札単価の調整を継続的に行うことが大切です。

まとめ

Facebook広告は、ビジネスにとって重要なマーケティング手段の1つですが、広告費用がかかるため、どのように予算を設定すれば良いのかは重要な問題です。キャンペーンの目的に合わせて課金方式を選択し、広告予算を設定することが重要です。また、自動入札を使用して広告のコストパフォーマンスを最適化することも重要です。自動入札を使用することで、ビジネスにとって有益な成果を生み出すことができます。是非、自動入札を利用して広告の最適化に取り組んでみましょう。

よくある質問

Q:Facebook広告の費用はどのくらいかかるのですか?

A:Facebook広告の費用は、広告目的、課金方式、競合状況によって異なります。月に3万円から10万円程度で始めることができます。

Q:広告費用が高くなっても効果が出るのですか?

A:広告費用が高くなっても、適切なターゲティングと広告設定がされている場合、十分な効果が期待できます。

Q:広告費用を削減する方法はありますか?

A:広告費用を削減するためには、入札価格を下げる、ターゲティングをより絞り込む、広告クリエイティブを最適化するなどの方法があります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ