サイトに合った色とは?選び方のポイントや色の効果などを詳しく解説!

サイトで使う色の重要性とは

使う色によって成果が変わる

サイトの色選びはユーザーの行動やサイトの成果に大きな影響を与えます。色彩心理学によれば、特定の色は特定の感情や心理的な反応を引き起こすとされています。適切な色を選ぶことでユーザーの意識や関心を引きつけ、コンバージョン率を向上させることができます。

色を選ぶポイント

自社のイメージにあった色を選ぶ

サイトの色はブランドのイメージやアイデンティティを反映する必要があります。まずは自社のブランドカラーやロゴのカラーパレットを考慮しましょう。それによってサイトの一貫性と統一感を生み出すことができます。

市場にあった色を選定する

ターゲット市場や業界の傾向を考慮して色を選ぶことも重要です。例えば、ファッションサイトでは洗練されたイメージを与えるためにモノトーンや落ち着いた色調を選ぶことが効果的です。一方、子供向け商品を扱うサイトでは明るく鮮やかな色を使用することが適しています。

色が与える印象

「赤」は購買意欲を高める

画像引用:コカ・コーラ

赤は目立つ色であり、情熱や興奮を象徴します。その効果を利用して、サイト上での購買意欲を高めることができます。セールや特別なオファーを強調するために赤色を使用すると、ユーザーの関心を引きつけ、購買行動を促すことができます。

「オレンジ」は親しみやすさを与える

画像引用:テニススクール

オレンジは明るく活気のある色であり、親しみやすさを与える効果があります。商品やサービスの魅力を強調し、ユーザーに友好的な印象を与えるためにオレンジを取り入れることが有効です。

「青」は信頼感や知的な印象を与える

画像引用:フォーサイト総合法律事務所

青は安定感や信頼性を示す色であり、知的な印象を与える効果があります。信頼されるブランドイメージを構築するために、青を主要な色として使用することで、ユーザーに安心感や専門性を伝えることができます。特に金融や法律関連のサイトでは青がよく使用される傾向があります。

まとめ

サイトで使う色の重要性はユーザーの心理や行動に大きな影響を与えることがわかりました。適切な色の選定は、サイトの成果やブランドイメージを最大化するために欠かせない要素です。色彩心理学や視覚効果を理解し、ユーザーの注意を引きつけるためにコントラストや視認性にも配慮しましょう。

よくある質問

Q.サイトの背景色とテキストの色の組み合わせには何を考慮すれば良いですか?

A.背景色とテキストの色は、十分なコントラストがあることが重要です。コントラストが不足していると、読みづらくなったり、情報が見落とされる可能性があります。明るい背景には濃いテキスト、暗い背景には明るいテキストを選ぶなど、バランスの取れた組み合わせを選ぶことがポイントです。

Q.デザインの一貫性を保つために、どのように色を使えば良いですか?

A.サイトで統一されたカラーパレットを定義しましょう。主要な色やアクセントカラーを選定し、それらの色を一貫して使うことで、視覚的な統一感を生み出します。カラーパレットはブランドガイドラインに含め、デザインの基準として共有しましょう。

Q.サイトの色選びにおいてアクセシビリティは重要ですか?

A.サイトの色選びにおいてアクセシビリティは非常に重要です。アクセシビリティ基準に従って色を選ぶことで、全てのユーザーが情報にアクセスしやすくなります。色覚異常を持つ人々がサイトを利用する場合、適切な色の選定が必要です。色のコントラスト比や明るさを調整し、テキストやコンテンツが読みやすくなるようにしましょう。

CTA画像
ネットショップの集客をまるっとサポートします。SNSや広告、SEOまで、全ての販売チャネルで対応可能です。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ