ヒートマップとは?ツールの基本機能からメリットまで詳しく解説!

ヒートマップとは

サイト訪問したユーザーの行動が色で分かる

ヒートマップとは、ウェブサイト上で訪問者がどのように行動しているかを色で表したものです。グラフや表などよりも直感的に理解しやすいため、ウェブサイトの改善に役立ちます。訪問者がどのような行動をしているかを視覚的に確認できるため、改善点を素早く特定することができます。

ヒートマップツールで分析できる項目

ページ内のどこでクリックされたか

ヒートマップツールでは、ページ内のどの部分がクリックされたかを色分けして表示することができます。よくクリックされる部分は赤く表示され、あまりクリックされない部分は青や緑などの色で表示されます。この分析結果を活用して、訪問者が注目している箇所や興味を持っているコンテンツを特定し、ウェブサイトの改善に役立てることができます。

ページ内のどこまでスクロールされたか

訪問者がどの程度ページをスクロールしたかも色分けして表示することができます。上部からどの程度スクロールされたかによって色分けされ、よくスクロールされる部分は赤く表示され、あまりスクロールされない部分は青や緑などの色で表示されます。この分析結果を活用して、訪問者が興味を持つ箇所までスクロールしてもらえるよう、ページのデザインやコンテンツの配置を最適化することができます。

どれくらいの時間表示されたか

訪問者がウェブページを表示していた時間も色分けして表示することが可能です。表示時間が長い部分は赤く表示され、表示時間が短い部分は青や緑などの色で表示されます。この分析結果を活用して、訪問者が興味を持っている箇所や重要な情報が掲載されている箇所を特定し、より効果的なコンテンツの配置や表示方法を検討することができます。

ヒートマップツールのメリット

離脱箇所を特定して直帰率の改善ができる

ヒートマップツールを使用することで、ユーザーが離脱した箇所を明確に把握することができます。そのため、離脱率が高い箇所を特定し改善策を立てることで、サイトに訪れたユーザーが最初に訪れたページで興味を持たずにすぐにサイトを離れてしまう割合(直帰率)を下げることができます。

構成やデザインを見直してCVRが改善できる

ヒートマップツールを使用することで、ページのどの部分がユーザーに注目され、見過ごされているのかを把握することができます。そのため、デザインやレイアウトの見直しを行い、より効果的なページ構成を作ることができ、コンバージョン率(CVR)を改善することができます。

まとめ

ヒートマップツールを活用することで、顧客行動の分析が容易になります。それによって、より的確なマーケティング施策を行い、ウェブサイト改善につなげることができます。今後もヒートマップツールなどのデータ分析ツールを駆使して、より良いウェブサイト作りに取り組んでいきましょう。

よくある質問

Q.ヒートマップツールの導入にはどの程度のコストがかかるのでしょうか?

A.ヒートマップツールの導入にかかるコストは、使用するツールやプランによって異なります。無料のプランや低額なプランもありますが、より高度な分析を行いたい場合は、月額数万円程度の費用がかかることもあります。

Q.ヒートマップツールのデータはどのように解釈すればよいですか?

A.ヒートマップツールで表示されるデータは、あくまでも参考程度にとらえるべきです。ユーザーの行動を正確に把握するには、ツールによる分析結果とは別に、定量的なデータ分析やユーザーインタビューなどの手法を併用することが重要です。

Q.ヒートマップツールはどのようなサイトに適していますか?

A.ヒートマップツールは、Webサイトの改善やコンバージョン率向上を目的としたサイトに適しています。特に、ECサイトやランディングページなど、特定の目的を持ったページについて分析を行い、改善のアイデアを得ることができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2023/11/29】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ3選

ページトップへ