CMSとは?メリットや種類を比較し詳しく解説!

CMSとは

簡単にサイトを更新できる

CMSとは、ウェブサイトの作成や更新、管理を効率的かつ簡単に行うためのシステムです。HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング知識がなくても、誰でも簡単にウェブサイトの作成と更新ができます。ブラウザを開いてCMSの管理画面にログインするだけで、テキストの編集や、画像のアップロード、新しいページの作成などができるので、誰でも簡単にウェブサイトの更新が可能です。

ソフトウェアのインストールが不要

CMSを使うためのソフトウェアのインストールは必要ありません。CMSはサーバー上にインストールされているため、ブラウザを開いてインターネットに接続するだけでどこからでもアクセスできます。またCMSはクラウド上にあるため、セキュリティやバックアップの心配も不要です。

CMSを活用するメリット

専門的な知識がなくても扱える

CMSを使用することで、専門的な知識がなくてもウェブサイトの制作・更新が可能となります。CMSは、ウェブサイトの構成やレイアウト、コンテンツの投稿などが簡単に行えるように設計されているため、コンピューターやウェブ制作に不慣れな人でも手軽にウェブサイトを制作・更新することができます。

コストを削減できる

CMSを使用すれば、専門的な知識を持つウェブ制作会社に依頼する必要がなく、自社でウェブサイトを制作・更新することができます。これにより、制作・更新コストを大幅に削減することができます。

素早く情報を発信できる

またCMSの活用により、素早く情報を発信することも可能です。新しい情報やニュースを素早くウェブサイト上に掲載することができ、複数人でウェブサイトの運営を行うことができるため、情報発信のスピードを大幅に向上することができます。

マルチデバイスにも対応できる

CMSは、スマートフォンやタブレットなど、複数のデバイスに対応したウェブサイトも簡単に制作することができるため、多様化するデバイスに対応したウェブサイトを簡単に制作することができます。

CMSの種類

CMSには主に3つの種類があります。それぞれの種類について以下で詳しく解説します。

クラウド型

クラウド型CMSは、ウェブサイトを運営するための必要なソフトウェアがすべてクラウド上に用意されているため、インストールや設定作業は必要ありません。また常に最新のバージョンが提供されるため、セキュリティ面や機能面で常に最新の状態で運用することができます。代表的なクラウド型CMSには、ShopifyやWix、Squarespaceなどがあります。

パッケージ型

パッケージ型CMSは、CMSのソフトウェアを購入して自社のサーバーにインストールして使用する方式です。CMSのソフトウェアを自社のサーバーにインストールして使用するため、機能のカスタマイズやセキュリティ面での管理が比較的容易に行えます。またウェブサイトの規模に応じて、必要な機能や拡張機能を選択して導入することができます。代表的なパッケージ型CMSには、MovableTypeやWordPress、Drupalなどがあります。

オープンソース型

最後にオープンソース型CMSです。オープンソース型CMSは、ソースコードが公開されているCMSです。CMSのソースコードを利用することで、自社で必要な機能を自由に追加・修正することができます。そのため、自社のウェブサイトのニーズに最適なCMSを作成することができます。代表的なオープンソース型CMSには、WordPressやDrupal、Joomlaなどがあります。

まとめ

今回はCMSについての解説を行いました。CMSはウェブサイトを運営する上で重要なツールであり、その利用によって様々なメリットが得られます。専門的な知識がなくても扱える点や、コスト削減効果、素早い情報発信などはCMSを活用することの大きな利点と言えます。ビジネスや個人のウェブサイトを運営する際には、CMSの利用を検討してみることをおすすめします。

よくある質問

Q:CMSを使うには何が必要ですか?

A:CMSを利用するには、インターネット接続されたコンピュータやスマートフォン、またはタブレットが必要です。CMSによってはブラウザによってサポートされている特定のバージョンが必要になる場合があります。

Q:CMSを使用する場合、セキュリティ上の問題はありますか?

A:CMSにはセキュリティ上の問題がある場合があります。そのため最新のセキュリティパッチを適用するなど、セキュリティを確保するための対策を取る必要があります。

Q:CMSを使ってサイトを作成するために、プログラミングの知識が必要ですか?

A:CMSを使用する場合プログラミングの知識は必要ありません。CMSはユーザーフレンドリーなインターフェースを提供し、コンテンツを管理するための簡単なツールを提供しています。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/03/21】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ